プーリア便り35

Ciao dalla Puglia!

今回はイタリアのお笑いライブについてお便りします。

今回出かけたのは18日にプーリア州バーリのアレーナ・デッラ・ヴィットリアで行われた“フィオレッロ(Fiorello)”こと、ロザーリオ・フィオレッロ氏の“フィオレッロ・ショー” (そのまんま…)。
フィオレッロはロザーリオという典型的なシチリアンネームからお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、シチリア州カターニア出身、1960年生まれで既に20年近くコメディアン、歌手、タレントとしてイタリアショービジネス界の第一戦で活躍しています。舞台、CM、TVと引っ張りだこで、今、イタリアで最も人気のある芸人と言っても過言ではないでしょう。今回の全国ツアーもアリーナクラスの大会場ばかり、最前列は財界、芸能界、スポーツ界等の大物が多くを占めます。

P9180033_ridimensionare.JPG昨年、TV放映されていた時、伊語ネイティブでない私にとっては、早口な上に同音異義語や方言等も用いて笑いをとる彼のショーを全て理解するのは難しかったのですが、写真でもお分かりのようになかなかのハンサムということもあり(笑)、GIANや友達と共に今回のショーに出かけることにしました。

ショーは15分遅れで、フィオレッロがバーリ方言で語る笑い話から始まりました。話しながら舞台を降り、遅れて入って来た観客を捕まえては、それぞれの人の特徴を捉えた笑い話に即興で仕立てる技に感心。このように彼のショーでは観客との直接のやりとりも多いのです。ちなみに今回は客席に彼のご家族も来ていました。
また、兵役時代はバーリの軍基地で過ごしたそうで(イタリアは2004年まで徴兵制)、兵役時代を同じ軍基地で過ごしたGIANはフィオレッロと年代が重なっていなかったことを残念がっていました。

そんなこんなでフィオレッロ自ら一通り観客を席に案内した次は、時事ネタ、エリザベス女王に挨拶なさるローマ法王の物まね。ドイツ語訛りのイタリア語がベネディクト16世ローマ法王そっくりで会場の大爆笑は止まりません。物まねの持ちネタも幅広く、彼のベルルスコーニ首相の物まねはイタリア暮らしの方なら誰しも耳にしたことがあるのでは? 私は昨年TVで何度も耳にしていたためか、逆にニュースで首相の声を聞くと反射的にフィオレッロを思い出して笑ってしまうほどだったのです。

その後もトークや歌が続きます。彼のショーは懐メロ~現代歌謡までイタリア人なら誰もが知っていて盛り上がれる曲がたくさん盛り込まれているのも特徴。歌手としてサンレモ音楽祭(日本の“レコード大賞”のような番組)に出場したり、何枚かアルバムも出しているそうで歌もプロ級です。ってプロなんですけどね、ほんと何をやっても芸達者。

P9180096_ridimensionare.JPG途中、装置のトラブルで舞台にエンジニアが来たり、携帯マイクが外れたのでスタッフが取替えに来たり、といった事態も何度かあったのですが、その度にトラブルも上手くネタにして爆笑を誘いつつ、しゃべり倒し・動きまくりのショーは3時間近くも続いたのでした。フィオレッロは50歳、しかも最近ぎっくり腰にかかったと言っていましたが、そんなことは微塵も感じさせないパワフルさ! 幕引き後も前方のスクリーンに彼の有名な持ちネタの1つであるエセ仏語の独白の様子が流れ(個人的にはこのネタが大好きなので最後に見られて嬉しかった!)、最後の最後まで観客を楽しませるサービス精神! 通常、イタリア人は映画はエンドロールが流れるや否や帰り始めてしまうし、舞台も盛り上がりに欠けた時は途中で席を立ってしまう人も少なくないのですが、このショーではみんな最後の最後まで大爆笑で楽しんでいました。帰り道も私達のみならず周囲の人たちも口々に“Bravissimo(すばらしい)!”を繰り返しており、大満足で帰途に着いたのでした。

プーリア便り22

Ciao dalla Puglia!

上海滞在後、日本へ一時帰国をしました。といっても今回は3日間の駆け足での滞在だったため、日本の友達には不義理をしてしまったことをこの場を借りてお詫びします。

そんなタイトなスケジュールの滞在中、どうしても行きたかった場所がありました。それはシルク・ドゥ・ソレイユの観劇!
プーリア便り11』でご紹介した、我がマルティーナ・フランカ出身、“ZED”でクラウンとしてご活躍中のオノーフリオとの約束です。航空券を手配すると同時に公演チケットも予約し、GIANともどもこの日を楽しみにしていました。

いよいよ当日、開演5分前に劇場に入ると、既に2人のクラウンが場内を駆け回ってお客さんをからかっては笑いを誘っています。
このようにシルク・ドゥ・ソレイユの舞台は開演前から楽しめるので早めに入場されるのがオススメ。私も“あ~もっと早く入場していればよかった”と後悔しました。
それにしてもこの時点ではどちらのクラウンがオノーフリオなのか…、濃いメイクゆえに全く分かりません。

そして開演! 公演内容はこれからご覧になるかたのためにも詳述は控えますが、芸術的な舞台装置や衣装、音楽等すばらしく、そして何といっても人間とは思えない数々の技(大人の私が見ても未だにどうやったらあんなことができるのかさっぱり分からない大技がいっぱい)に大感動でした!
最後に舞台上に全アーティストが揃って挨拶をした時、90分もの時間が過ぎたとは信じられず、“休憩を挟んで第2幕があるのでは?”と思ったほど、それほど夢中になってあっという間に時間が過ぎてしまいました。肝心のクラウンは舞台の中で狂言回しのような役回りで、アクロバティックな動きはないけれど開演前から最後のシーンまで出番があるので大変な役だと思います。

閉演後、私達にはもうひとつのお楽しみがありました。
なんとオノーフリオよりバックステージツアーという嬉しいオファーをいただいていたのです!
公演後、メイクを落としたオノーフリオと嬉しい再会。
挨拶しながら「公演が進むうちにどちらのクラウンがあなたなのか分かったわ。台詞に時々イタリア語が混じっていたから」と伝えると『今日は特別にマルティーナ・フランカ弁も使ったよ』と茶目っ気たっぷりに答えるオノーフリオ。
GIANとは方言丸出しでしゃべっていましたが、シルク・ドゥ・ソレイユは多国籍のアーティストやスタッフの集団。共通言語は英語でオノーフリオ自身も流暢な英語他、計6ヶ国語を操るマルチリンガルなのです。

DSC_1868_resize.JPGバックステージも舞台同様とても
興味深く楽しませていただきまし
た。
このシアターが20m近くある7F建
ての建物ということを案内していた
だくまで知らなかったのですが、そ
このディレクター席から見る舞台
全体の眺めが壮観でした!
アーティストのかたは高所恐怖症
では勤まらないなあとも感じたの
でした。DSC_1870_resize.JPG
また舞台装置や小道具の仕組み
を実際に見ながら教えていただい
たり、衣裳室やメイク室等も見せて
いただきました。
それと驚いたのは公演直後にもか
かわらず、メイ クも落とさずに練習
に励んでいるアーティストが大勢
いらしたこと!
あの技の数々は才能+日々の鍛
錬から生まれるのだということを
目の当たりにしました。

撮影禁止のため舞台とバックステDSC_1871_resize.JPG
ージの写真はありませんので、最
後に夕食をご一緒した時の写真
を連写で。
ビールのCMをしている日本の女
優の物真似だそうです。ほんと芸
達者(笑)
この後も妙に甲高い声で「イラッシ
ャイマセ~~ 
 ~イカガデスカ~
~~」と店員の物真似をしたり、
鼻をつまんで「ツギワ~~~シブ
ヤ~~~」と車内放送の物真似
をし、「なんであんな変な声を出すの?」と質問されたのですが、日本人である私にとっても謎です。ご存知のかた、教えてください!

オノーフリオの感じる日伊の違い、日本観、シルク・ドゥ・ソレイユのこと等々、話は尽きず…。「9月の帰国時にまたマルティーナで会いましょう」と約束して別れました。
オノーフリオ、シルク・ドゥ・ソレイユのアーティスト&スタッフの方々、楽しい時間をありがとうございました!

『テルマエ・ロマエ』マンガ大賞受賞

古代ローマの浴場と現代日本の風呂を舞台とした異色のマンガ、「テルマエ・ロマエ」が、全国の書店員が選ぶ「2010年 マンガ大賞」を受賞しました。

主人公は古代ローマの浴場設計技師ルシウス。
浴場のアイデアについて悩む彼が、気を失うたびにタイムスリップして、やってくるのが現代日本の銭湯や温泉、家庭風呂。
「テルマエ・ロマエ」第1巻
そこで知ったアイデアを、古代ローマで実現すると……。

あるときは書き割りの富士山を参考にしてローマの浴場にヴェズーヴィオ火山を書き、またあるときは風呂上がりの牛乳をローマっ子に出す。
はたして、その反応は?

まるでギリシャ・ローマ彫刻のようなルシウスが、いろいろと悩むところがかえって笑いを誘います。

タイトルがラテン語で「ローマの風呂」という意味であることからもわかるように、時代考証もしっかりしています(たぶん)。

教養に裏打ちされた笑いに、思わず引き込まれること請け合い。イタリア、ローマファンにお勧めです。

作者のヤマザキマリさんは、ヴェネト州のバッサーノ・デル・グラッパで新婚生活を送り、現在は旦那さんの仕事の関係でポルトガルのリスボン在住とのこと。

徐々に口コミで評判になっています。一度、書店でお手にとってご覧ください。
詳しい情報は、こちら を。

(画像ご提供:エンターブレイン様)
日伊協会F

プーリア便り11

Ciao dalla Puglia!

今回はちょっとミーハーな話題です。
 
世界中の人々を魅了しているサーカス、シルク・ドゥ・ソレイユ。私も GIAN も大ファンなのです!
GIANはラスベガスまでショーを見に行ったほどですし、我が家でも各国で開催されたショーを収めた DVD をしょっちゅう一緒に見て楽しんでいます。
日本でもツアー・ショーに加え、2008年から常設ショーも始まったので実際にご覧になったかたも多いと思います。
今回、その常設ショー「ZED」でクラウンとして活躍されている、我がマルティーナ.フランカ出身のオノーフリオさんにお目にかかる幸運に恵まれました!
 
きっかけは私達の友人であり、サルサダンスの師匠でもあるアントニオがオノーフリオのお兄さんであること。
オノーフリオはそれまで世界各国のショーでご活躍だったのですが昨年から「ZED」に参加となったことをアントニオを通じて伺った私達。
「日本帰国の際に絶対に行こう!」と盛り上がっていた私達の様子を知るアントニオが今回、オノーフリオの帰省に合わせてこの機会を設けてくれたという次第。
アントニオ、ありがとう!
そしてわずか3日間という駆け足での帰省にもかかわらず時間を作ってくれたオノーフリオ、ありがとう!
感謝感激です。
 
当日は会った途端に「ヨロシクオネガイシマ~ス」と日本語で言いながら深々とお辞儀するオノーフリオ。
日本の言葉や風習についても色々と覚えたようです。
「サラリーマン(サラリーマンは和製英語のはずだけど…)は、いつもみんな暗い色の同じ服を着ているね。でも女の子はおしゃれな人が多いなあと思うよ」
「英語で道を尋ねたり質問をしてもあまり答えてもらえないんだ…、日本人は英語が苦手なの?」
『日本はシャイな人が多いし、完璧に受け答えできないと思うと腰が引けてしまうのかも』と答えておきました。
日本に対する感想の他、ショーの経営会社(オリエンタルランドとフジTV)の社風の違いや舞台裏の様子についても話してくれました。
ただ仕事が多忙なうえ、昨年お子様が生まれたばかりでプライベートも忙しく、残念ながら観光はほとんどしていないとのこと。
私達の帰国の際には一緒に東京観光をしましょう、と約束しました。
  
写真にも気軽に応じてくれました(向かって左がオノーフリオ、右がアントニオ)。

P1190006.JPGイタリア人はピースサインでポーズをとることはあまりないので、これも日本で覚えた習慣なのかも!?
『日伊協会にブログを書いているのですがお写真と今日のことを記事にしてもいいかしら?』と伺うと「もちろん! ぜひ記事にするべきだよ」とまるで某伊首相のような口調でおどけ、とても感じの良いかたでした。
 
最後にもう1枚、とカメラを向けるとすかさずクラウンを思わせるポーズで決めるサービス精神!
根からのエンターテイナーなんですね~。話もそれに付随する表情や動作もおもしろくて初対面にもかかわらず笑いっぱなしだった今回。

P1190007.JPG日本での再会が今から楽しみでたまりません。皆さんも「ZED」にお出かけの際はぜひ注目してみて下さい!