公益財団法人日伊協会英正道名誉会長の著書出版の御紹介

英正道名誉会長が今般「トランプ登場で激変する世界 自立した日本外交と安全保障戦略」を出版されました。

イタリア大使などの外交官生活の総決算の外交論です。マリオ・ドラギやベルルスコーニとトランプの対比、イタリアの銀行問題などイタリア関連についても興味深い論考が含まれています。

日伊協会会員の皆様あてのメッセージを掲載します。

————————————————————————————
hanabusa
日伊協会会員の皆様

ボンジョルノ トゥッティ!名誉会長の英です。

この度「トランプ登場で激変する世界 自立した日本外交と安全保障戦略」を出版しました。

万事取り引きと考える政治無経験のトランプ大統領登場に怯え、プーチンに手玉に取られたのではないかと懸念しながら、われわれは新年を迎えたようです。

多くの国民は心の底で日本はどのような自立が如何にしたら可能かを求めていると思います。

日本にも妥協を忘れてはならない外交復権の時代がやって来ました。

私はこの「真実の時」の到来を密かに怖れていました。その時日本にはどういう選択肢があるのか、いつも考えて来ました。

米国で「トランプ」的な孤立主義、自国第一主義の傾向が強く現れた昨年6月から、私は長野の山荘に篭って、この本を一気に書き下ろしました。

英国の欧州連合離脱、なぜトランプを米国民が選んだのか、プーチンの狙い中国、中東の将来を先読みして、駐イタリア大使時代のエピソードや経験も交えて書きました。

トランプ当選が追い風となりこの本が予想よりずっと早く日の目を見たことは信じられないほど嬉しいことです。

是非お求めいただきご笑覧頂ければ幸いです。(アートデイズ社刊 1月18日以降、全国書店、アマゾンから購入可能です。税抜1700円)」