プーリア便り1

Buongiorno! NAMIと申します。はじめまして! 
P3140207.JPG南伊プーリア州でGIAN(生粋のプーリア人)と共に生活を楽しんでいます。
 
世界遺産のカステル・デル・モンテやアルベロベッロのトゥルッリはもちろん、古代ギリシアやビザンチン、オスマン・トルコ、と歴史的に様々な国から文化の流入や侵攻を受けた影響の残る趣ある建物や遺跡、世界有数の美しい海であるアドリア海とイオニア海に囲まれた豊かな自然、その土壌から生まれる滋味溢れる素材を使ったおいしい料理やワイン、そして何より、すばらしい気候の影響でしょうか、のんびり、ゆったりしたリズムの暮らしと温かい人々…。これらに彩られた日常生活に加え、在住者ならではの新鮮で役立つ情報などもご提供できればと思います。
  
自己紹介代わりに「私とイタリアとの関わり」を
1997年 2月:
卒業旅行で親友と共にイタリアへ。ちなみに大学は栄養学専攻で“食べ物のおいしい国”ということで行き先決定。
初イタリアは人にも食べ物にもお天気にもばっちり恵まれて、最高の旅となると同時に言葉ができない、気持ちが伝えられないもどかしさを痛感。
1997年 4月:
新社会人として仕事に邁進するも“いつかイタリア語を勉強して再び戻りたいなあ”と漠然とではあるが常に思い続けるようになる。
2004年 4月:
ようやく一念発起! 時間を捻出してイタリア語講座に通い始める。
2005年 5月:
共通の友人から依頼されたボランティアガイドを引き受けた縁でGIANと出会う。
2005年10-12月:
ウンブリア州のUniversita’ per stranieri di Perugia(ペルージャ外国人大学)より奨学金をいただき、留学。
2006年 4- 9月:
留学経験を生かし、イタリアに関わる仕事に就くべく、貿易学校で勉強。
2006年10月-2008年 5月:
ワイン輸入販売会社イタリア部門に就職。仕事を通じて様々な体験や新しい知識を得ることができ、充実した日々を送るも、イタリア語の更なるブラッシュアップとワインについてきちんと体系的に学ぶ必要性を痛感。
また様々なワイン生産者とのやり取りを通じ、“実際に現地でワインの勉強をし、五感を使って様々なワインを味わいたい”という思いが日に日に強まる。
2008年 5- 6月:
日伊協会より奨学金をいただき、エミリア・ロマーニャ州のCultura Italiana(語学学校クルトゥーラ・イタリアーナ)で1ヶ月間、語学、ワイン、料理を学ぶ。
2008年 7月:
プーリア州でGIANと暮らし始め、現在に至る。

P9270133.JPG
P9270126.jpgそんなイタリア生活初心者目線から綴ります。まだまだ勉強の毎日ですがよろしくお付き合い下さいね。
  
☆風景や建物の写真だけでなく、本人の許可が取れた場合は人物の写真もお送りしていきたいと思います。
何といってもいちばんおもしろいのは人ですから!
私の記事や写真に興味を持ってくだされば大変嬉しく思いますが、無断での複製・転載・加工はお断りいたします。