プーリア便り12-3

最後に気分よく上手にLCCを利用するために…
・まずは登録者に届けられるEメールやサイトの情報をチェック→
 英語はもちろん欧州各国の言語に対応。
 利用日や時間によって価格が変わる上、予約時期によって同じ便でも料金が変わる
 ので何度かチェックして希望やスケジュールに合うものを。

・利用規約をよく読んで遵守→
 事前にWeb上で済ませるべき手続きをしなかったり、発券(Web上で手続きを終え
 た書類のプリントアウト)しなかったりすると空港で手数料を払うことに!
 また大手では大目に見ることも多い荷物の重量オーバーも、LCCでは事前申請重量
 を1kgでも超えた時点で容赦なく超過料金を請求されることが多い模様。
 なので2時間前後のヨーロッパ圏内の短距離間往復であれば手荷物にまとめるのが
 おすすめ。
 破損や紛失の心配もなく、到着後すぐに移動できて快適!

・機内サービスにお金を払いたくない人は事前に準備を→
 搭乗前に港内のバールでコーヒーを飲んだり、売店で飲食物や新聞等を買ってから
 搭乗すればOK。
 でも機内販売の値段は別段高くはありませんでしたよ。

・早めに搭乗ゲートへ→
 座席指定をしない場合、席や手荷物の収容は早い者勝ちなので、どうしても連れの
 かたと隣同士で座りたいとか手荷物を自分の座席の真上に収納したいかたは早く搭
 乗する。
…こんなところでしょうか。

あとは高齢者やお体の不自由なかた、体格のよいかたは少しでも座席スペースが広い方がよいと思うので利用は避けた方がよいかもしれません。
また新婚旅行や大切な記念の旅行であれば気持ちや雰囲気も大事なので同じく避けた方がよいと思います。
周囲の人々を見ても上手に使い分けている模様。

それとEU圏外の国籍の人は Webチェックインであっても搭乗口に向かう前に空港カウンターでVISAスタンプをもらう必要があるのでお忘れなく!
LCC に限らずどの会社も長短ありますし、選択肢が多いことはよいことだと思います。
短い期間で日本との往復だけであれば利用航空会社も限られますが、ヨーロッパ長期滞在中に移動をされる場合は選択肢の1つとして状況に合わせて上手に利用したいですね。

12-1  12-2