プーリア便り15

Ciao dalla Puglia!

3月6~8日、ローマに小旅行に出かけてきました。
今回の目的はブランカッチョ劇場(Teatro Brancaccio)で行われているミュージカル「WE WILL ROCK YOU」とスクデリエ・デル・クイリナーレ(Scuderie del Quirinale)で行われているカラヴァッジョの企画展の鑑賞でした。
連日良いお天気に恵まれ、当初の目的以外に町散策も気持ちよく楽しむことができました。
それぞれの町にそれぞれの良さがあるのですけど、私とGIANはイタリアでどれか1つ好きな町を選ぶとしたら迷わず「ローマ!」、それくらい大好き。
あ、もちろんマルティーナ・フランカは別格ですが。
有名な観光地は数あれど、ゴロゴロ存在している紀元前の建物と市井の人の活気ある普通の暮らしが同居しているごちゃごちゃ感が何より魅力的だし、季節や時間によってこれほど表情が変わる町を私は他に知りません。
カメラ片手に散策したローマの早春の様子を今回も写真を中心にお届けしたいと思います。

大好きな散策コースの1つ、チルコ・マッシモ。
スポーツを楽しむ人、おしゃべりしながら散歩する人、犬と一緒に遊ぶ人等でにぎわっていました。

P3070056.jpgパンテオン前の噴水も腰掛けておしゃべりする人やパニーノをほおばる人などで大にぎわい。

P3060022.jpgナヴォーナ広場で行われていたジャズのパフォーマンス。

P3060019.JPGこちらはタンゴのパフォーマンス。
最初は女性がソロで踊っていたのですが途中から観客の男性の1人が踊りを申し込み…、優雅に数曲を一緒に踊り、大喝采を浴びていました。

P3060039.jpgさすがに夜はまだ冷えますが、夜のローマも幻想的で、同じモニュメントも昼とはまた違う美しさがあります。
サンタンジェロ橋からサン・ピエトロ大聖堂のクーポラを臨む場所は特に好きな景色。
まもなく夜の散策も気持ちよい季節ですね。

P3070059.JPG3月8日は「女性の日」-感謝の気持ちを込めて女性にミモザの花を贈る習慣があります。
この日はクイリナーレ宮(大統領官邸)の門番も女性、そして入口を囲うロープ全てにミモザの花が結わえられていました。粋な演出ですね!

P3080087.jpg以上、ローマの春の速報でした。
この写真だけ見ているとすっかり春という感じですが、帰宅翌日はイタリア全土が冬に逆戻りしたかのような大荒れの天候。
ニュースを見たらローマも大雨でした。
3月はぽかぽか日和の日もあれば、どかんと雪や雹が降る日もあり、“marzo pazzerello”(狂気の3月)という言い回しもあるほど天候が変わりやすいのです。
本格的な春が待ち遠しいです!

P.S.
当初の目的だったミュージカル「WE WILL ROCK YOU」とカラヴァッジョ展、どちらもすばらしかったです! 
「WE WILL ROCK YOU」はご存知のかたも多いかと思います。クイーンの曲が全編に散りばめられているし、劇中のセリフはイタリア語ですがとても分かりやすかったので、クイーンが好きな方ならきっと楽しめると思います。
カラヴァッジョ展はもともとの作品数が多くない上に、今回の展示は宗教施設等の公の場にある作品は含まれず、かつ100%カラヴァッジョ作と鑑定されている作品のみの展示でしたので数はそれほど多くありませんでした。
しかし彼の激動の人生の各年代毎の特徴別に展示してあってとても見やすく、各解説板も充実していてよく練られた展示会と感じました。
ご興味のあるかたは旅の途中でご覧になるのも良いのでは?
どちらもネット予約可。
特にカラヴァッジョ展は混んでいましたので日時指定の予約をおすすめいたします。