プーリア便り18

Ciao dalla Puglia !

IMG_0117.jpgプーリア州に移住後、日本食を外食する機会がずいぶん減ってしまいましたが、今回プロのケータリング業をなさっている日本人女性が目の前で作るおいしい鮨をいただく機会がありました。
きっかけはGIANともどもお世話になっている美容師で友人でもあるジャンニからの「スシ・パーティー」のお誘いでした。

開催場所はジャンニが経営する美容院で、営業時間のうち12~14時を利用しての催し。
「美容院内で鮨って?」と怪訝に思われるかもしれませんね。
イタリアでは時々店内を解放して、軽いお酒やおつまみ、お菓子等を振る舞って、地域の人との親交を深めたり、プロモーションしたりすることがあるのです。
我が家で日本食パーティーを開催する時も大喜びで来てくれるジャンニ。日本食好きが高じて今回のプロモーションのメニューも鮨に決めたというわけです。

さて当日、大好きな鮨を楽しみに勇んで出かけた私とGIAN (今回はりきり過ぎてカメラを忘れてしまったので、写真はiphoneで撮りました。ピンぼけ気味で失礼します)。
店内に入るとさっそくジャンニが即席の鮨カウンターに案内してくれ、料理中のHさんを紹介してくれました。
とても朗らかで感じの良いかたで、日本のこと、イタリア暮らしのこと、日本食レストランや日本食材情報等々、一緒におしゃべりさせていただきました。
お話中も手は休まずに次々と作られるHさんの鮨は大人気。

IMG_0115.jpg鮨を食べるのが初めてで最初は少々おっかなびっくりという感じで醤油も付けずにそのまま食べていたチビッコも、しばらくするとご両親やHさんから食べ方を教わり、最後はおかわりしていましたよ(さすがお魚大好きなプーリアっ子!)。
大人も子供も次々とつまんで“Complimenti(すばらしい)!”と賛辞を送っていました。

IMG_0112.jpg
昨今「スシ」はイタリアでもかなり定着しており、ヘルシーでおしゃれなおつまみという位置付け(日本のように鮨だけでごちそう様、とはならない)ようです。
Hさんは午後には別のお客様からの予約が入っているそうで、毎日ひっぱりだことのことでした。

おいしい鮨をいただき、新しい出会いもあり、楽しい休日でした。