2016年秋期 イタリア美術セミナー 初期ルネサンス絵画の展開
― マゾリーノ、フラ・アンジェリコ、フィリッポ・リッピの活動 ―

日本語 文化
2016-10-bunka-seminar
1420 年代、マザッチョの登場により、フィレンツェ絵画は15世紀初頭に流行していた優美な国際ゴシック様式から写実的な初期ルネサンス様式へと大きな変革を遂げました。

本講座では1430年以降、こうした新しい表現がその後の画家たちによってどのように受け継がれていったのかを見ていきます。

具体的にはマゾリーノ、フラ・アンジェリコ、フィリッポ・リッピの1430年から1450年頃までの活動を年代順に追いながら、それぞれの作品に見られる図像や様式の特徴をわかりやすく解説していきます。

初回に15世紀初頭の動向を概観するので、今期から受講を希望される方も無理なく講座内容に入っていけると思います。


1) イントロダクション 1430年以前の動向
2) マゾリーノ(1) サン・クレメンテ聖堂の壁画
3) マゾリーノ(2) カスティリオーネ・オローナの壁画
4) フラ・アンジェリコ(1) 1430年代
5) フラ・アンジェリコ(2) サン・マルコ修道院の壁画
6) フラ・アンジェリコ(3) ニッコリーナ礼拝堂の壁画
7) フラ・アンジェリコ(4) 1450年頃
8) フィリッポ・リッピ(1) 1430年代
9) フィリッポ・リッピ(2) 1440年代
<講師プロフィール>
■松浦 弘明 (多摩美術大学教授)

1960年岐阜県生まれ。東京芸術大学美術学部芸術学科を卒業後、イタリア政府給費留学生としてフィレンツェ大学へ留学。帰国後、順天堂大学非常勤講師などを経て現在、多摩美術大学教授。日伊協会でイタリア美術史とイタリア語の講座を担当。主な訳書に、『イタリア・ルネサンス美術館』、(東京堂出版・2011年)、『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界』(共著/東京堂出版・2007年)などがある。
日程:10/17、31、11/14、28、12/12、1/16、30、2/20、3/6(月)(全9回)
申込名 時間 会場 参加費 備考
S-SA 19:00~20:30 青山
石川記念
ルーム201

会員 23,500 受付中
一般 28,000
23514
mousikomi