【中級】現代小説の愉しみ─カルミネ・アバーテ(2017年春期)

中級 文法 日本語 読む 和訳 文化 短期
Il bacio del pane (注文取り寄せ/価格未定) 80分×6回 <5月開講>
白崎 容子

白崎 容子


講師:SHIRASAKI Yoko  白崎容子(講座委員)

元慶應義塾大学文学部教授。

文学作品をたのしむことをモットーに、ときには文法的な事がらにもこだわりながら、イタリア語を日本語文に置き換える形で授業をすすめます。

受講生の皆さんからも教えていただけることが多々あるのが毎回のたのしみです。

Carmine Abate(1954年生)の出生地は、500年ほど前にオスマントルコの攻略を受けて祖国アルバニアを逃れた難民が築いたカラブリアの小さな村。

その村を舞台とする『風の丘』(関口英子訳)、『偉大なる時のモザイク』(第2回須賀敦子翻訳賞受賞)『帰郷の祭り』(ともに栗原俊秀訳)が2015年来続々出版され、日本のイタリアファンのあいだに静かなブームを巻き起こしています。

最大の魅力は、大河小説的な時の流れと犯罪組織の影を背景にした「家族の絆」でしょうか。アバーテの、今回は短めの小説を読む予定です。

申込名 曜日 時間 会場 受講料 備考
T-Ma 14:20-15:40 青山 19,000
●日程:5/20, 27, 6/10, 17, 7/1, 8


mousikomi