【中級】イタリア語のマンガで読む世界文学 (2019年春夏期)

中級 聴く 読む 話す 文法 短期
教材費込 80分×前/後半各9回
Valerio ALBERIZZI

Valerio
ALBERIZZI


講師:Valerio ALBERIZZI  ヴァレリオ・アルベリッツィ

ミラノ生まれ。ヴェネツィア大学日本語・日本文学科で博士号を取得。ヴェネツィア大学・ボローニャ大学において日本語(古典・現代)・日本文学・日本史を担当。早稲田大学などで講師を務める。日伊文化に幅広く精通。

外国語の勉強を成功させるためには、モチベーションと好奇心が不可欠な要素です。外国語が苦手な人は、まずその動機づけの弱さが挙げられます。

外国語、異文化に興味をお持ちで、授業に積極的に参加してくれる方をお待ちしています。


直接読むには少し難しい文学作品も、マンガになるとずっと親しみやすくなります。文学と生きたイタリア語の表現に興味のある方、ぜひご参加ください。

今期は『ドンキホーテ』(ミゲル・デ・セルバンテス著、1605年)と『Sior Todero Brontolon』(カルロ・ゴルドーニ、1761年)を取り上げます。

IM-Me『ドンキホーテ』 IM-Mf『Sior Todero Brontolon』
申込名 曜日 期間 時間 会場 受講料 備考
IM-Me 4/1 ~ 6/10 17:30-18:50 青山 28,500
IM-Mf 6/17 ~ 10/7 28,500

mousikomi