[初級2~]ロッシーニ 『セビリアの理髪師』を楽しむ

初中級 日本語 読む 文法 短期  ▶New!
教材費込 120分×3回
※受講料は公演チケット代(A席『セビリアの理髪師』19,800円)込みで、15名様限定の講座となります。
Riccardo AMADEI

Riccardo
AMADEI


講師:Riccardo  AMADEI    リッカルド・アマデイ

ピエモンテ州トリノ出身。アレッサンドリャ《A.ヴィヴァルディ》音楽院ピアノ科卒。日本におけるイタリア語通訳、翻訳のエキスパートとして活躍。当協会ではプロ養成講座を担当。

初歩的な文法は別として、言語は社会と文化などと深い関係にあります。

イタリアの歴史、思想、文化、芸術を知らずにイタリア語は学べません。日本語で結構ですが、そう言ったものに関する本をたくさん読むことが大切です。

オペラはなによりも音楽を楽しむものです。

けれども、歌詞のイタリア語が少しでもわかれば、文学作品としても味わいが深まります。

この講座では、2019年度、新国立劇場にて上演予定の2作品を取り上げ、リブレット(オペラの台本)をテキストに、有名なアリアなどをご紹介します。一語一語のイタリア語に込められたニュアンスを知れば、その調べは今まで以上に美しく響くことでしょう。

受講にあたって予習の必要はありません。語彙や表現は講師が丁寧に解説しますので、イタリア語に自信のない方もふるってご参加ください。

授業の最後には、講師とともに新国立劇場での公演をご鑑賞いただけます。

能と能の間に緊張感(あるいは退屈)を和らげるために演じられた狂言は、今では単独で上演されることが多くなりました。

同様に「Opera seria」の「幕間劇」として生まれた「Opera buffa」も独立したジャンルに発展し、ロッシーニのこの作品で最高峰に達しました。

極めて単純な、他愛ないと言っても差支えないぐらいの物語ですが、各登場人物の繊細な描写から鮮明に浮かび上がるのは、ある時代の環境、社会の風習、人間の愚かさや狡賢さです。

音楽を楽しみながら、ロッシーニと一緒に人間の心理を勉強しましょう!
●日程:1/29, 2/5, 2/12 観劇日:2/16(日)14:00 ~
●申込締切:1/14(火)
申込名 曜日 時間 会場 受講料 備考
OS 15:40-17:50 青山 35,000
<

mousikomi