2017年イタリア連続文化セミナー     イタリア・ルネサンス人物伝 ― 激動の時代を生き抜く ―
第3回 サヴォナローラと(対)マキァヴェッリ

文化 日本語

イタリア・ルネサンス-―この言葉の永遠の輝きは、それが生み出した数々の芸術作品・文芸作品のなかにのみあるのではありません。

中世から近世にかけての時代の荒波のなか、古さと新しさを織り交ぜながら新たな発想と精神をもって自らの個性を発揮していく興味深い人物が数多く現れるのもルネサンスの魅力の一つです。

このセミナーでは、ジェノヴァ、フィレンツェ、ローマ等を舞台に、各講師が最新の研究成果をベースにこの激動の時代を生きた人々の生き様をわかりやすく語ります。

人物たちの行動様式から、それぞれの「ルネサンス」を感じて楽しんでください。


第3回 サヴォナローラと(対)マキァヴェッリ
ルネサンスという時代は、実に多くの分野で実に多くの魅力的な人物を生み出し、それぞれに活躍の舞台を与えた。中心都市〔国家〕フィレンツェは、その舞台の中心となっていた。サヴォナローラとマキァヴェッリは、この舞台で、政治、信仰、思想の分野で活躍した、そして悲劇的な終末を迎えた代表的人物である。

とはいえ、二人の魅力は、実に対照的である。~~と~~、と並列すればそれぞれの特色を薄めてしまう、あるいは無くしてしまうのでは、やはり二人は、「と」によってではなく「対」によって並べた方がよいのでは、と思えるほどである。

こうした両者それぞれの特色をよく知るためには、我々がルネサンス・フィレンツェに入って行って両者に会って(?)それぞれの人生と考え方を知らせてもらうよう、決して両者を我々の時代に連れてきて、我々の思考や好みに合わせてそれぞれの人生や考え方を造形してしまわないようにせねばならない。

この基本的な、しかし実に難しいことが、これまで我が国でサヴォナローラおよびマキァヴェッリが取り上げられた際、様々のジャンルで十分試みられてきたとは言えないように感じてきた。

そこで今回、ルネサンスという時代の大枠を見、その中でのフィレンツェの社会、政治の情況を見、さらにその中での二人それぞれの活動を見、思想的特色を見るよう、難しいことではあるけれども時間の許す限りで試みることにする。

<講師プロフィール>
須藤 祐孝(すとう ゆうこう)

東北大学法学部卒。愛知大学法学部教授。現在、名誉教授。
主要著作:読む年表・年譜『ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ―サヴォナローラ、マキァヴェッリの時代、生涯』(須藤・油木共編著、無限社・岡崎)。R.リドルフィ『マキァヴェッリの生涯』(翻訳・註解、岩波書店)。サヴォナローラ『ルネサンス・フィレンツェ統治論―説教と論文』・『出家をめぐる詩と手紙』(いずれも編訳・註解、無限社・岡崎)など。

申込名 開催日 時間 会場 参加費* 備考
S-SR3 6/7(水) 18:30
~20:00
青山石川
記念ルーム
201
会員 2,000円 受付中
一般 3,000円

引き続き、以下の日程(時間帯・受講料・会場は本セミナーに同じ)、テーマで開催いたします。

申込名 回数 開催日 テーマ 講師
S-SR4 第4回 6/28(水) ルネサンス教皇列伝 藤崎 衛
(茨城大学
教育学部准教授)
S-SR5 第5回 7/26(水) ルネサンスの君主の世界
─コジモ1世を中心に─
北田 葉子
(明治大学
商学部教授)

mousikomi

サルデーニャセミナー&懇親食事会のご案内

文化 通訳 食事

サルデーニャ島は、シチリア島に続き地中海で2番目に大きな島です。

そこには真っ青な海に純白のビーチが連なる楽園が広がり、さながら地上の別天地のよう。

セレブたちに絶大な人気を誇るリゾート地として有名ながら、島の奥を探れば謎多き巨石文化や神秘的な民族文化が今なお姿を留め、知れば知るほど興味深い島なのです。

そしてその食文化がまたイタリアの他の地域とは一味違った伝統をもっています。

このたび関係者のコラボレーションにより、セミナー、懇親食事会、料理研修ツアーの3本構成で、そんなサルデーニャ島の食を味わい尽くそうとの企画を立てました。

日 時:2017年6月3日(土) 16:00~20:00  *要事前予約

1)セミナー  16:00~17:30
2)懇親食事会 18:00~20:00
  参加費:会員及び受講生並びにその同伴者(及び関係者の紹介)5,500円、一般6,500円
  *セミナーと懇親食事会の二本立てです。ぜひ合わせてご参加ください。

合わせてお申し込みの方には、特典といたしましてデルソーレ全店でご使用いただける『サルデーニャアワイン1杯と食後のエスプレッソ(グループ全員OK、ディナー時間帯でのご利用)』チケットをプレゼントいたします!(セミナー、懇親会のみのご参加は別途参照ください)

 場 所:六本木 バール デルソーレ
港区六本木6−8−14 Tel 03-3401-3521 東京メトロ日比谷線 六本木駅より徒歩5分


1)セミナー(日伊協会主催)
  *通訳付  16:00~17:30

講 師:マルティーノ・カッパーイ氏 (サルデーニャ生まれ。サルデーニャ文化オペレータ、サルデーニャレストラン『タロス』コンシェルジュ)

サルデーニャの内陸の村々には、個性的な祭りがあります。奇怪な仮面をつけたもの、シエナのパリオより過激な競馬など。写真と映像をご覧いただき、より奥深いサルデーニャの魅力をご紹介します(セミナーのみ参加費は会員及び受講生並びにその同伴者2,000円、一般3,000円となります)。



2)懇親食事会(バールデルソーレ主催)  18:00~20:00

長本和子氏監修によるサルデーニャ・ブッフェ料理(2ドリンク付き)(懇親会のみ参加費は4,000円となります)。

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
E0603 6/3(土) 16:00–20:00 バール
デルソーレ
六本木店
協会会員
受講生
上記同伴者
5,500 受付中
一般 6,500

mousikomi
*セミナー、懇親会のみのご参加の方は備考欄にその旨ご記入下さい。

コラボ企画のご案内(リョービツアーズ・トゥッタ・イタリアカンパニー主催)

食文化探訪ツアー「長本和子先生と行くサルデーニャ食文化の旅」

航空券付プラン 2名様1室 お一人様(成田発エコノミークラス利用)¥378,000
・旅行期間:2017年10月19日(木)~10月25日(水) 5泊7日
・成田空港発着、アリタリア-イタリア航空エコノミークラス指定


現地発着プラン 2名様1室 お一人様(航空券なし)¥298,000
・旅行期間:2017年10月19日(木)~10月24日(火) 5泊6日

ツアー内容:宿泊地は、アルゲーロ~オリスターノ~カリアリと、島の西部を縦断するような旅程となり、各地で独自の食体験と、最終都市カリアリでは、現地の著名シェフによる料理レッスン(修了証書授与)を行います。

(最少催行人数:15名 ・・・ ツアーの詳細、申し込み、ご質問は、直接リョービツアーズ・トゥッタ・イタリアカンパニーにお問い合わせください。)

《第6回》日伊文化交流 夏のフェスタ 2017のご案内

文化 食事

第1部前半は、イタリアンの達人として、そして日本イタリア料理協会会長として日本のイタリア料理界を盛り上げてきた落合務氏による講演です。

フランス料理に感激して料理人の道を歩みだし、後にイタリア料理に感動してイタリア料理人の道にのめり込んでいった修業時代のお話や、繁盛店ラ・ベットラを経営するようになるまでのエピソードなど、貴重な体験談をお話しいただきます。

その多彩な経験が学び取った「イタリアと日本の食文化」についての落合氏の考察は、皆さんの知的好奇心と探究心を強く刺激してくれることでしょう。

落合 務氏

東京・銀座ラ・ベットラ・ダ・オチアイ オーナーシェフ。1947年 東京都出身。17歳の時にフランス料理を志しホテルニューオータニへ入社。その後フランス旅行の帰路イタリアで料理に魅せられ転身。約3年間イタリアで料理修業後1982年 東京・赤坂『グラナータ』料理長に就任。1997年独立

『LA BETTOLA da Ochiai』を開店。現在銀座、池袋、名古屋、富山に5店舗経営。2005年 伊大統領より『イタリア連帯の星』勲章、カヴァリエーレ章を受章。2009年 日本イタリア料理協会 会長に就任。2013年 厚生労働大臣より『現代の名工』を受賞。2015年 「ラ・ベットラ」落合務のパーフェクトレシピにおいて第2回料理レシピ本大賞 料理部門に入賞“


第1部後半は、世界中で演奏活動をされているイタリア・ウーディネ市生まれのオッタビアーノ・クリストフォリ(Ottaviano Cristofoli)氏のトランペット演奏(ピアノ:高橋 ドレミ氏)です。

輝くイタリアの響きをお楽しみください。

Ottaviano Cristofoli (オッタビアーノ・クリストフォリ)氏

1986年イタリア、ウーディネ市生まれ。首席トランペット奏者としてイタリアの主要オーケストラにて演奏後、2008年9月より、佐渡裕芸術監督率いる兵庫県立芸術文化センター管弦楽団の第1トランペット奏者を務め、2009年に、日本フィルハーモニー管弦楽団に入団し、現在は客演首席奏者を務めている。日本をはじめ、イタリア、中国、韓国のオーケストラにソリストとして招かれ、多数のオーケストラと共演している。

高橋ドレミさん

4歳よりピアノ、5歳よりヴァイオリンを始め、東京音楽大学ピアノ演奏家コースにて2012年首席卒業。現在、ソロ活動の他にアンサンブルピアニストとしての活動も幅広く、国内外の著名演奏家との共演や在京オーケストラの鍵盤楽器奏者としても活動している。2012年、冨田勲氏の〈イーハトーヴ交響曲〉の世界初演にピアノ奏者として参加。2016年に行われた、冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』に出演。

2016年のラッフル抽選模様


2部は、ラッフル大抽選会。
これは、日本からイタリアへ文化発信する事業を助成するために日伊協会が設置した「日本文化奨励基金」の拡充が目的です。昨年度はイタリア人大学生の為の「日本語・日本文化講座」に活用されました。

協賛企業から提供される豪華な賞品が当たるラッフル券(500円)を当日会場にて販売します。(アリタリア-イタリア航空及び(株)リョービツアーズ トゥッタ・イタリアカンパニー提供の成田―ミラノ往復ペア航空券を始め、趣旨に賛同された多数の企業、個人の方々からの賞品を用意しております)

2016年ビュッフェ風景


第3部は、ビュッフェ・パーティです。

おしゃべりと本格派イタリア料理とワインをお楽しみください。

食後のエスプレッソと素敵なデザートもお楽しみに!


日 時:2017年7月1日(土)15:30~20:00(受付開始:14:30)
会 場:イタリア文化会館(東京・九段)
東京都千代田区九段南2-1-30 TEL:03-3264-6011

会 費(要事前予約・事前入金):
日伊協会会員/受講生,イタリア文化会館語学受講生,在日イタリア商工会議所会員及びそれらの同伴者 5,000円
一般  6,000円

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
E0701 7/1(土) 15:30
-20:00
受付開始
14:30
イタリア
文化会館
上記関係者及び
それらのご同伴者
5,000円 受付中
一般 6,000円

mousikomi

『Viva! 公務員』を楽しむためのセミナー 「イタリア映画で笑うために」*アペリティーボ付

文化 日本語

5月27日より始まる「Viva イタリア vol.3 」では、傑作3本が上映されますが、なかでも注目はイタリアで大ヒットした喜劇『Viva! 公務員』。

思い切っきり笑いたいところですが、じつはイタリア語を学ぶとき最も難しいもののひとつが《笑い》です。

ただ言葉を知っているだけでは笑えません。このセミナーでは、イタリア映画で笑うための、ちょっとした歴史、習慣、文化的な背景を解説してみたいと思います。

アペリティーボ(カンパリ・アペロール・ソフトドリンク等)片手に楽しみましょう!

押場 靖志

押場 靖志


日 程:2017年5月26日(金)
時 間:18:30~20:00
会 場:日伊協会 青山教室 石川記念ルーム(201号室)
講 師:押場靖志 (日伊協会イタリア語講座主任)
学習院大学、法政大学講師。東京外国語大学大学イタリア語科卒、同大学院地域研究研究科修了。ナポリ東洋大学に留学。元NHKテレビイタリア語講師。
受講料:会員・受講生 2,000円 / 一般 3,000円

*尚、このセミナーの参加者に限り、「Viva イタリア vol.3 」の特別鑑賞券3回券を2,700円で販売いたします。(定価税込3,000円、3本いずれの映画にも利用できます。お友達とシェアも可能です。1枚あたり当日一般券の半額900円になります!)

なお、この特別鑑賞券をご購入の方は、セミナー受講料が会員・受講生は500円、一般1,000円になります!ぜひご一緒にお買い求め下さい!!

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
S-SE 5/26(金) 18:30~20:00 青山石川
記念ルーム
201
受講生
会員
2,000円 受付中
一般 3,000円
S-SET* 5/26(金) 18:30~20:00 青山石川
記念ルーム
201
受講生
会員
3,200円 受付中
一般 3,700円

*特別鑑賞券3回券(2,700円)付
mousikomi


☆イタリア語入門体験レッスン
(参加費無料)同時開催☆

セミナーに先駆け、17:00~18:00に、入門イタリア語の体験レッスンも行います。

イタリア語を知れば映画もより楽しめること間違いなし、です!ご希望の方は事前予約下さい。

詳細はこちらをクリック!
【入門】ゼロからのイタリア語 入門イタリア語無料体験レッスン

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
P-Pd 5/26(金) 17:00~18:00 青山石川
記念ルーム
201
受講生
会員
無料 受付中
一般 無料

mousikomi