文化セミナー 「著者に聞く」シリーズ 
第4回 『イタリア鉄道の歴史~教養のイタリア近現代史~』のご案内

文化 日本語
読んでから聞くか、聞いてから読むか、それが問題だ。この本の著者に直接話を聞いてみたい。そのような思いを皆様もお持ちだと思います。

文化セミナー「著者に聞く」シリーズ第4回は、『教養のイタリア近現代史』(ミネルヴァ書房、2017年)の共編著者 山手 昌樹先生に、イタリア鉄道の歴史と、編者として本づくりに携わった苦労話について語っていただきます。

イタリアで初めて鉄道が開通したのは1839年のことでした。未だイタリア半島が複数の国に分かれていた頃の出来事です。それからおよそ180年が経過した現在、イタリアでは高速鉄道網や新交通システムの整備が進められ、鉄道ブームが再び到来しています。

遅れるのが当然のように思われ、それが「イタリアらしさ」の象徴にもなっている鉄道ですが、この180年間にどのような歴史を辿ってきたのかを見ることは、イタリア人がどのような考えを持ち、どのような生活を歩んできたのかを知ることにもつながります。

イタリア鉄道が歩んだ歴史を振り返りながら、本書のコンセプトでもある「教養を身につけることは偏見をなくすこと」について一緒に考えていきましょう。

<講師プロフィール> 山手 昌樹(やまて まさき)

イタリア政府給費留学生としてトリノへ留学。上智大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程単位取得退学。上智大学特別研究員を経て、現在、日本女子大学文学部研究員。主な著書に『イタリア文化事典』(分担執筆)丸善出版、2011年。『歴史家の窓辺』(分担執筆)上智大学出版、2013年。「イタリア・ファシズムと移民」『日伊文化研究』52号、2014年。『世界地名大事典 第4~6巻:ヨーロッパ・ロシアI~III』(分担執筆)朝倉書店、2016年などがある。

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
S-B4 10/11(水) 18:30~20:00 青山石川
記念ルーム
201
会員 2,000円 受付中
一般 3,000円


mousikomi

特別セミナー『日本はどう《読まれてきた》のか?― イタリアにおける 日本文学 ―』
&イタリア語総合コース修了証授与式

文化 日本語 伊語 通訳 軽食
日伊協会では、本年度より、イタリア語総合コースの上級(S3:新テキストDue passi in Italia使用クラス)を修了した方に修了証を発行しております。つきましては、特別セミナーに続き、修了証授与式を行います。

日 時: 2017年9月30日(土)16:30~19:00
1)16:30~17:30 特別セミナー(同時通訳付)
2)17:30~18:00 総合コース(上級 S3)修了証授与式
     18:00~19:00 懇親会

1) 特別セミナー(同時通訳付)
Come hanno “letto” il Giappone gli italiani?― La ricezione della letteratura giapponese ―
日本はどう《読まれてきた》のか? ― イタリアにおける日本文学 ―

La traduzione letteraria costituisce da sempre uno dei principali strumenti di conoscenza e diffusione culturale. Anche in Italia la letteratura giapponese inizia ad affermarsi in modo significativo a partire dagli anni Cinquanta, ottenendo poi sempre maggiore fortuna nei decenni successivi. Ma in che modo si è sviluppata la sua ricezione nel corso del tempo?

Come hanno “letto” il Giappone gli italiani? In questo intervento mi soffermerò su alcune soluzioni traduttive e scelte editoriali adottate per presentare la cultura letteraria giapponese al pubblico italiano.

翻訳文学は、いつのときも、外国文化を知るための主要な手段であり、その普及に大きな役割を果たしてきました。日本文学は、イタリアでも1950年代より広く知られるようになり、その後もますます活発に紹介されながら今に至ります。しかし、いつの時代も同じように受容されてきたわけではありません。イタリア人はどのように日本を《読んできた》のでしょうか?

このセミナーでは、さまざまな翻訳のスタイルを紹介し、出版形態の変遷にも注目しながら、日本の文学世界が、どのようにイタリアの読者に届けられてきたか、その工夫の足跡をたどりたいと思います。

Andrea
FIORETTI


<講師プロフィール>
Andrea FIORETTI(アンドレア・フィオレッティ)

マルケ州アンコーナ出身。ローマ大学/東京外国語大学大学院博士課程修了。
東京外国語大学特任准教授。専門は比較文学・翻訳研究。NHKテレビ/ラジオ講座でも活躍。

本講演はイタリア語で行われますが、当日は日伊協会の通訳養成クラス受講生による同時通訳が入ります。

前回の修了証授与者と講師陣

2) イタリア語総合コース修了証授与式

特別セミナー終了後には、イタリア語総合コースの上級(S3:新テキスト「Due passi in Italia」使用クラス)を修了した方に修了証を発行する「イタリア語総合コース修了証授与式」を開催いたします。

前回の懇親会の模様


日伊協会では、2017年を持って、総合コースの全レベルで、オリジナルテキスト(入門 “Per comincaire”、初級 “ Benvenuti!”、中級 “Da noi”、上級 “Da noi più” & “Due passi in Italia” )が完成いたします。

これを機に今年から、上級の修了者に「修了証」ATTESTATO DI FREQUENZA を発行しております。

式のあとは日伊協会イタリア語講師も多数参加しての懇親会(ワイン・ソフトドリンク等と簡単なおつまみ付)を予定しております。

みなさま、お誘い合わせの上、ふるってご参加ください!

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
S-ST9 9/30(土) 16:30~19:00 青山石川
記念ルーム
201
会員 1,000円 受付中
受講生* 1,000円
一般 1,500円

*春期総合コースS3(修了証授与対象)受講生 無料


mousikomi

2017年秋期 9月20日(水)イタリア語デー ☆トーク会☆ 
本当の自分に出会う旅 ~私とあなたの中のイタリア。そしてニッポン!~

日本語 文化 無料


イタリア語に興味がある。イタリアに行ってみたい。留学して、もっとイタリア語にじっくり取り組みたい。イタリア人と仲良くなりたい。そんな思いが今、皆さんの中にあるとしたら、それは、新たな自分と出会う絶好の機会なのかもしれません。

私は数年前まで、イタリア語に興味のある、ごく普通のイタリア語講座の生徒でした。勉強するに連れて気持ちが高じて、ある日思い切って短期留学してみることに。

当時の私にはとても大きな挑戦でした。留学中、楽しいことはもちろんたくさんありました。逆に、嫌な思いもしたし、慣れない環境に疲れてしまったこともありました。でも、そんな経験があっても、いや、あったからこそ、イタリアで過ごした日々は人生のかけがえのない宝物となりました。

なぜかって?それは、単に「異国を知る」「知らなかった国と人々に出会う」ということに留まらず、私の中にあった、まだ私が知らなかった扉を開けてくれたからなのです。

イタリアが好き。イタリア語に惹かれる。
そんなあなたの中には、きっと「あなたならではのイタリア」があります。

イタリアの中にあなたが見ている美しさや魅力は、実はあなたの中にあるからこそ見えるのです。遠い異国のものだと思っていた素敵な「何か」が、実は自分の中にあった!と分かる喜び。

また、自分では当たり前だと思っていた「何か」が、日本人ならではの美しさで、外国の人にはとても価値のあるものだと気づく喜び。留学は、そんな新たな発見をもたらしてくれる大きなチャンスです。

今回のトーク会では、私が数回のイタリア留学を経て経験したこと、感じたこと、その後の私の人生の変化などをありのままにお話します。ちょっとでも留学に興味のある方、イタリア大好き!イタリア語大好き!な方、ぜひお越し下さい。きっと、あなたの中にある「何か」を発見するひとつのきっかけになることでしょう。

<講師プロフィール>
橋田 瑞穂
日伊協会イタリア語講師。慶応義塾大学卒。幼少期よりオペラに親しんだことがきっかけでイタリア語に関心を抱く。イタリア語の学習で出会った教授法に惹かれ、またイタリア留学中に教師になることを勧められ、ローマDilit校にてイタリア語教授法を学ぶ。

「生きた、使えるイタリア語」を伝えることをモットーとしている。Dilit校教授法を用いた日伊協会担当講座『とことんイタリア人になる』は、毎回好評を博している。

☆同時開催☆
ryuugaku1
9月20日(水)は一日“イタリア語デー”として、日伊協会にて10:00~17:00、イタリア語レベル相談、留学相談などご相談承ります。

「今のイタリア語のレベルってどのくらいなのかな?」
「ちょっとイタリアに滞在してみたいけど準備って何から始めたら良いのかな?」
など、疑問に思うこと、何でもお気軽にご相談下さい。

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
E920 9/20(水) 12:30~13:30 青山石川
記念ルーム
201
無料
要事前予約
受付中


mousikomi

第68回談話会  日本バチカン国交樹立75周年
バチカン勧進能とヴィチェンツァ テアトロオリンピコ公演のご案内

文化 日本語 食事

2017年6月23日、24日にバチカン行政区カンチェレリア宮殿にて、日本バチカンの国交樹立75周年を記念してバチカン勧進能が公演されました。カンチェレリア宮殿内には特設舞台が作られ、多くの関係者の前で奉じられました。

その能楽公演の様子を公演写真とともにご紹介します。能楽とキリスト文化との関係、そして今回の能楽公演の意義を解説致します 。

また、19日にヴィチェンツァ テアトロオリンピコにての公演もあわせてお楽しみ頂けます。荘厳なローマ文化と、日本文化の伝統の美の絶妙な融合をお楽しみください。

申込名 開催日 時間 会場 参加費* 備考
D0902 9/2(土) (会食)
12:45~13:45
(お話)
13:45~15:00
*12:30までに
集合下さい
三笠会館本店
5階宴会場
会員 4,000円 受付中
受講生 4,500円
一般 4,800円

ヴィチェンツァのテアトロオリンピコで「翁」を舞う(撮影:高砂惇二)


宝生 和英(ほうしょう かずふさ 能楽師)

1986年東京生まれ。父、第19世宗家宝生英照に師事。宝生流能楽師佐野萌、今井泰男、三川泉の薫陶を受ける。1991年能「西王母」子方にて初舞台。2008年に宝生流第20代宗家を継承。これまでに「鷺」「乱」「石橋」「道成寺」「安宅」「翁」一子相伝曲「弱法師雙調ノ舞」を披く。伝統的な公演に重きを置く一方、異流競演や復曲なども行う。また、公演活動のほか、マネジメント業務も行う。海外ではイタリア、香港を中心に文化交流事業を手がける。

これまでに2015年ミラノ万博に参加、2016年にはミラノトリエンナーレ万博、ジャパンオルフェオ、ミラノスカラ座シンポジウムなど日伊国交樹立150周年事業に多数参加。同年には文化庁より東アジア文化交流使に任命され、香港に赴任する。2017年には日本バチカン国交樹立75周年バチカン勧進能を制作、出演。同年スカイツリー5周年イベント「能×VJ」にて演出、出演。

mousikomi

日伊協会主催「第27回イタリア語スピーチコンテスト」参加者募集

今年度27回目となります日伊協会主催の「イタリア語スピーチコンテスト」を下記要領で参加者を募集します。
たくさんの皆様の応募をお待ちしております。

第27回イタリア語スピーチコンテスト募集要項

このコンテストは、イタリア語学習者の奨励を目的として開催されるものです。

参加資格
両親のいずれもがイタリア語を母国語とせず、海外でイタリア語を日常的に使用する地域・学校での在住が通算5年以内、在学が通算2年以内の人。年齢制限はありません。このコンテストで過去優勝した人は除かれます。なお、主催者によって資格を審査される場合があります。

申込方法
イタリア語のスピ-チ原稿(テ-マは自由、スピ-チで4分以上5分以内)と、所定の応募申込書を添付の上、下記住所宛お申込み下さい。なお、用紙は電話(03-3402-1632)にてご請求ください。HPからダウンロードすることもできます。
申込書(pdf版)はこちらから
申込書(Word版)はこちらから

107-0052 港区赤坂7-2-17 赤坂中央マンション205
(公財)日伊協会スピ-チコンテスト係
締切日 2017年10月20日(金) 当日必着

審査方法
第1次審査: 提出されたスピーチ原稿の審査により、10名前後の最終審査会出場者が選ばれ、11月6日頃までに本人あて通知されます。

最 終 審 査
提出された原稿によるスピ-チと、イタリア語による質疑応答により、入賞者が決定されます。審査は語学力のみならずスピ-チ内容など幅広い観点より行なわれます。


1位から3位まで(各1名)を入賞とし日伊協会より賞状および賞杯、さらに各入賞者に下記の副賞が授与されます。

1位 イタリア語学校(Siena Dante Alighieri校)研修授業料、スルガ銀行賞として滞在費10万円、アリタリア-イタリア航空提供の航空券(東京-ロ-マ往復)

2位 イタリア語学校(Roma Torre di Babele校)研修授業料、スルガ銀行賞として10万円の旅行券

3位 スルガ銀行賞として5万円の図書カード

なおその他に特別賞としてイタリア文化会館賞、朝日新聞社賞、日伊協会賞が授与されます。

最終審査会および授賞式

2017年12月2日(土)午後1時 より東京・九段イタリア文化会館〔アニェッリホ-ル〕 にて行なわれます。
〔 一般公開 入場無料 〕

昨年に引き続き本年も、日伊協会主任講師の押場靖志先生と、日本における通訳第一人者のRiccardo Amadei先生によるトークショー「イタリア語よもやま話パート2」を合わせて開催いたします。

2016-12-03-02