Eugenio Montale エウジェーニオ・モンターレ

La grandezza poetica di Eugenio Montale, riconosciuta da critica e pubblico sin dall’uscita delle sue prime raccolte, lo colloca tra i più importanti intellettuali della letteratura europea del Novecento.

エウジェーニオ・モンターレ(Eugenio Montale)は、20世紀ヨーロッパ文学界を代表する知識人の一人です。初期の詩集の出版以来、評論家や読者から優れた詩人であると認められてきました。

Montale nasce a Genova nel 1896, da una agiata famiglia borghese di commercianti di prodotti chimici. L’infanzia e la giovinezza sono caratterizzate da studi irregolari – avviato agli studi tecnici dal padre, nel 1915 consegue il diploma di ragioniere – dalla passione per il canto e da un contatto ravvicinato con la propria terra d’origine: le suggestioni ricavate dal paesaggio marino ligure durante le estati trascorse nella villa al mare di Monterosso, una località delle Cinque Terre all’epoca poco frequentata, sono elementi essenziali della sua prima stagione lirica.

モンターレは、化学薬品を扱う裕福な商家の子どもとして1896年にジェノヴァで生まれました。その幼少期と青年期を特徴づけているのは、一風変わった学歴(父親の方針で専門的な知識を身につけ、1915年に会計士の資格を取得する)、歌への情熱、自らの故郷との強い結びつきです。その当時は観光客などほとんどいなかったチンクエテッレの1つ、モンテロッソの海辺のヴィラで、モンターレは夏を過ごしていました。リグーリアの海辺の景色から得たインスピレーションは、詩人モンターレの初期の作品に欠かせない要素です。

Dal 1914 al 1917 legge moltissimo, frequenta infatti assiduamente la biblioteca comunale di Genova, riuscendo a raggiungere in pochi anni una notevole maturità culturale letteraria e filosofica.

1914年から1917年にかけてモンターレは多くの書物を読んでいます。ジェノヴァ市立図書館に足しげく通いながら、わずか数年の間に、文学と哲学について特筆すべき豊かな知識を身につけました。

Dall’autunno del 1917, dopo un corso per ufficiali alla scuola militare di Parma, partecipa alla Prima guerra mondiale.

1917年の秋からは、パルマの士官学校で公務員を対象としたコースを終えた後に、第一次世界大戦に参戦します。

Il 1925 segna l’esordio del suo itinerario poetico con la pubblicazione, presso l’editore Gobetti di Torino, della sua prima raccolta di liriche, Ossi di seppia, la quale contiene quanto il poeta aveva scritto in un decennio circa.

1925年、モンターレは過去約10年の間に創作した詩をまとめて、トリノのゴベッティ(Gobetti)社から初の詩集『Ossi di seppia』を出版しました。

Nello stesso anno firma il Manifesto degli intellettuali antifascisti redatto da Benedetto Croce: una scelta di campo politico e di rigore morale a cui Montale non verrà mai meno.

同年、ベネデット・クローチェの起草した『知識人の反ファシズム宣言(Manifesto degli intellettuali antifascisti)』に署名します。モンターレは、政治的・道徳的な信念を貫き、後になっても自らの選択を翻すことは決してありませんでした。

Il linguaggio poetico della sua prima raccolta si distingue per un lessico che mira a una precisione naturalistica e predilige un tono discorsivo, che talvolta si distende nella descrizione del paesaggio: l’ambientazione è la riviera ligure di levante, nel tempo privilegiato della stagione estiva.

初の詩集に収められた作品の表現や技法について見ていくと、自然主義的な正確さを追求した語彙が目立ちます。また、モンターレは散文のようなトーンの表現を好んで用いており、詩の中には時として細やかな風景描写さえ広がっています。その舞台はジェノヴァの東に伸びるリグーリアの海岸、特別な夏の時間です。

Questi due elementi costitutivi della sua lirica divengono strumenti per dare voce alla condizione interiore del poeta, a un mondo intimo connotato da una cupa angoscia del vivere, che rifiuta ogni facile consolazione. Nemmeno la poesia può indicare la strada per uscire da questa situazione (non domandarci la formula che mondi possa aprirti), essa può soltanto offrire qualche storta sillaba e secca come un ramo, può cioè trascrivere la realtà dell’esperienza sensibile, la quale evoca consapevolmente, come una testimonianza, un senso di profonda estraneità alla vita.

モンターレの詩を特徴づけているこれら2つの要素は彼の心理状態を表現するツールとなりました。手軽な一切の慰めを拒否し、生に対する暗い不安が彩る詩人の内なる世界に声を与えています。このような心理状況から抜け出す道を示すことは、詩でさえもできない(non domandarci la formula che mondi possa aprirti)。詩が差し出せるものと言えば、一本の枝のように曲がって乾燥した何某かの詩句(qualche storta sillaba e secca come un ramo)だけ、つまり感覚的な経験という現実を文字にすることだけなのである。そして、こうした現実はまるで証拠を示すかのように、生に対する深い疎外感を意識の上に呼び起こす。

Domina dunque la dimensione di una inesorabile sconfitta esistenziale (il titolo stesso, Ossi di seppia, richiama a cose morte, inaridite), della constatazione dell’impotenza dell’uomo e della lucida accettazione di un destino inalterabile di sofferenza.

モンターレの詩には、情け容赦のない実存的な敗北を見つめ(詩集の題名『Ossi di seppia』自体が干上がり死せるものを想起させる)、人間の無力さを認め、苦しみという変えることのできない運命を悟り受け入れるという詩人の世界観が広がっています。

【イタリア語ワンポイントレッスン】

 特殊な複数形
モンターレの出版した初の詩集の題名は『Ossi di seppia』でした。ここにある「Ossi」は、骨を意味するossoの複数形ですが、実はossoにはもう1つossaという複数形が存在します。
イタリア語の名詞の中には、このように2つの複数形を持つ名詞があります。
例1)osso

複数形1.gli ossi 主に、動物の骨
複数形2.le ossa 骨格全体

例2)muro
複数形1.i muri 家の壁
複数形2.le mura 都市や城を囲む壁

上記の例のように、それぞれの複数形が違う意味を持つ場合もあれば、同じ意味の場合もあります。2つの複数形は、性も異なるので気を付けましょう。

複数形になると性の変わる名詞
ossoは男性名詞ですが、複数形の1つossaは女性名詞です。イタリア語の中には、単数形から複数形に代わる際、その性も変わる名詞があります。

以下の例は、いずれも単数形は男性、複数形になると女性と性の変わる名詞です。

例1) l’uovo – le uova(卵)
例2) il paio – le paia(ペア)
例3) il centinaio – le centinaia(約100)

【お知らせ】

今年、シエナのダンテ・アリギエーリは創立40周年を迎えました。イタリア語だけでなく、イタリア文化を深く学べる魅力的なプログラムをご用意して、実りあるイタリア留学のお手伝いをいたします。ご興味のある方は、ぜひ日伊協会の留学サポートにお問い合わせください。

ダンテ・アリギエーリ シエナ
(翻訳:ヴァンジンネケン玲)

Giuseppe Ungaretti ジュゼッペ・ウンガレッティ

こんにちは。シエナのダンテ・アリギエーリです。暑い初夏となっていますが、みなさんお元気にお過ごしですか?

さて、詩をテーマお送りしている2019年度のブログ、第2回目のお便りです。今回も偉大な現代イタリアの詩人について、伊日2か国語でみなさんと紐解いていきたいと思います。

La seconda tappa del nostro itinerario attraverso la poesia italiana ci porta ad analizzare la figura e l’opera del poeta Giuseppe Ungaretti. Nato ad Alessandria d’Egitto nel 1888 da genitori italiani di origine lucchese, trascorre l’infanzia e l’adolescenza immerso nell’atmosfera insolita ed evocativa della città africana. Trasferitosi a Parigi nel 1912, frequenta l’università e stringe rapporti con i maggiori esponenti delle avanguardie. Allo scoppio della Prima Guerra mondiale, nel 1914, si trova a Milano e fiancheggia gli interventisti. Partecipa lui stesso alla guerra, combattendo sul Carso.

イタリア詩を巡るお便りの第2回目は、詩人ジュゼッペ・ウンガレッティとその作品について見ていきましょう。ウンガレッティはイタリアのルッカ出身の両親のもと、エジプトのアレクサンドリアで1888年に生まれ、アフリカの町というインスピレーションにあふれた特別な環境で幼少期、思春期を過ごしました。1912年にパリへ渡ると、大学に通いながら前衛芸術の大家たちと親交を深めます。1914年に第一次世界大戦が勃発した当時、ウンガレッティはミラノで参戦論を支持し、自らもカルソ地方で参戦しました。

Questa esperienza, con tutto il suo tragico carico di dolore e di morte, vanifica la precedente retorica interventista: la vita del fronte, in trincea accanto ai suoi compagni di destino, lo mette a nudo, gli fa provare sentimenti primitivi ed essenziali della condizione umana come la fragilità della propria corporeità, la paura e la speranza, l’amore e l’orrore, il disperato attaccamento alla vita e lo induce a instaurare una dialettica tra l’atrocità della condizione presente e l’attività consolatoria e liberatoria del ricordo e dell’immaginario, il sorgere prepotente di un istinto vitale in contrasto con l’esperienza della morte.

痛みと死に満ちた悲惨な戦争の経験は詩人の心に重くのしかかり、以前の参戦主義的な修辞法は虚しいものとなります。運命を共にする同志たちと塹壕で過ごした前線での日々の中、ウンガレッティは自らの身一つとなって、人間に備わる原始的で本質的な感情を体験します。己の身体のはかなさ、恐怖、希望、愛、恐れ、絶望的な生への執着……。死と隣り合わせの経験と対照をなすように抑えきれない生の本能が湧き上がり、ウンガレッティは我が身を置く過酷な環境の中で、思い出や創造により心を慰め自由に羽ばたかせるように詩を作っていきます。

Ungaretti fa divenire tutto ciò materia poetica. Nei versi della sua prima raccolta (Il porto sepolto del 1916, confluita poi in Allegria di naufragi del 1919, uscita nel 1931 con il titolo definitivo di L’Allegria) è visibile infatti un aspetto fondamentale della sua opera poetica, ossia lo stretto legame tra poesia ed esperienza biografica. Lo stesso Ungaretti sottolinea questo rapporto scegliendo come titolo del volume che raccoglie il corpus completo della sua produzione poetica Vita d’un uomo, il quale corrisponde a una esplicita dichiarazione di poetica.

ウンガレッティにとっては、すべてが詩作の題材でした。実際、初めての詩集(1916年に出版した『Il porto sepolto』。後に1919年に出版した『Allegria di naufragi』にまとめられ、1931年に最終的なタイトル『L’Allegria』で出版)に収められた詩には、ウンガレッティの作品の本質的な特徴、つまり、詩と実体験の強いつながりを見て取ることができます。ウンガレッティはこのつながりに重きをおき、自身のあらゆる詩を収めた全集のタイトルを『Vita d’un uomo』と名付けて、その詩作理論をはっきりと表明しています。

L’Allegria, considerata il capolavoro del poeta, si presenta così come un diario lirico di guerra, tanto che quasi ogni poesia reca la data e il luogo di composizione. Il fante-poeta dunque nel silenzio delle veglie accanto ai corpi senza vita dei compagni, nella desolazione delle macerie e sotto la volta del cielo infinito, va alla ricerca del significato profondo del proprio esistere, della propria precarietà e transitorietà, scoprendo un senso di fraternità che accomuna le vite di quei giovani soldati uniti dall’esperienza della tragedia bellica.

詩人ウンガレッティの傑作とされる『L’Allegria』は、そこに収められたほぼすべての作品に詩作の日付と場所が記されており、まさに戦争を詠い綴った日記です。詩人は一兵卒として、もはや息のない同志が傍らに眠る夜のしじまの中で、荒涼とした廃墟の中で、どこまでも続く天の下で、不確かな自らの存在や命のはかなさについて深く考えました。そして、戦争という悲劇の経験を共にする若い兵士たちが互いの魂を結びつけている、友愛の感情を目の当たりにしました。

Sul piano stilistico questa raccolta realizza una vera e propria rivoluzione formale, introducendo novità originali ed efficaci che danno vita a un linguaggio lirico essenziale di straordinaria intensità e maturità espressiva, che va al di là di ogni sperimentalismo precedente (simbolistico e avanguardistico).

詩の形体という面から言えば、この詩集は独創的で卓越した新たな手法を取り入れ、正真正銘の文体の革命を実現しています。ウンガレッティの新たな試みは、強度のある豊かな表現に欠かせない詩のことばを生み出し、それ以前に成されていたあらゆる(象徴主義と前衛主義の流れを汲む)実験主義的な表現を飛び越えるものでした。

Strumento fondamentale di questa rivoluzione è la metrica, che disgrega il verso tradizionale, frantumando il discorso poetico, che viene ridotto a brevissimi sintagmi fino all’estrema coincidenza del verso con una singola parola di cui viene dilatata in questo modo la forza evocativa. Nelle successive raccolte (Sentimento del tempo del 1933; Il dolore del 1947) Ungaretti riscopre il fascino dei metri e dei moduli tradizionali del linguaggio poetico, i quali non vengono però ripresi pigramente, bensì rinnovati, poiché il poeta vi adatta il precedente affinamento nella ricerca della parola già sperimentato nell’Allegria.

この革命の礎となった技法は、韻律法です。ウンガレッティは詩形を細かく砕き、伝統的な詩句を解体しました。一行の詩句を一つの単語で構成するほど極端に短くすることで、インスピレーションを呼び起こす詩の力を高めたのです。続いて発表された詩集(1933年出版の『Sentimento del tempo』と1947年出版の『Il dolore』)の中で、ウンガレッティは伝統的な詩の修辞法や韻律への魅力を再発見します。しかし、ウンガレッティは伝統をただそのまま取り入れるのではなく、『L’Allegria』の中ですでに洗練を試みた修辞法に応用することで、新たな詩の技法を生み出しました。

Dopo una lunga e prestigiosa carriera letteraria che lo vede insegnare Letteratura italiana presso la nuova Università di San Paolo in Brasile, dove si trasferisce nel 1936 e, nominato Accademico d’Italia, ottenere la cattedra di Letteratura italiana moderna e contemporanea per “chiara fama” all’Università di Roma, si spegne a Milano il 1 giugno 1970.

ウンガレッティは、文学界で長く輝かしいキャリアを築きました。1936年にはブラジルへ移住し、新生のサンパウロ大学でイタリア文学の教授として教壇に立ちます。その後、イタリア王立アカデミーの会員に選出され、ローマ大学では名誉教授としてイタリア近現代文学を教えました。そして1970年6月1日、ミラノにてその生涯を閉じました。

【イタリア語ワンポイントレッスン】

 詩におけるversoとは?

今回のお便りで頻繁に出てくるversoという単語は、詩の1行にあたる「詩句」のことを指す名詞です。複数形にして、詩全体のことを指す使い方もあります。例えば、uno scrittore di versiと言えば、詩人のことになります。

イタリア語の詩句は、詩句に含まれる音節の数でその種類を分けることができます。その代表的なものは、11音節から構成されるverso endecasillabo。ダンテ・アリギエーリの詠った『神曲』も、endecasillabiが基本になっています。

例:
Nel mezzo del cammin di nostra vita
Nel/ mez/zo/ del/ cam/min/ di/ nos/tra/ vi/ta
1      2     3    4      5      6    7     8    9   10  11

 他の意味もあるverso

詩句という意味のversoのほかにも、イタリア語にはいくつかのversoという同音異語があります。一番なじみがあるのが、「~の方向へ」や「~くらい」という意味をもつ前置詞のversoです。

例:
La finestra guarda verso il mare.  窓は海に面している。
Monica è arrivata verso le nove.  モニカは9時ごろ到着した。

【お知らせ】
今年、シエナのダンテ・アリギエーリは創立40周年を迎えます。音楽をテーマにした新規開校コースMuSIcaや、イタリア語プラスαを学べる魅力的なプログラムをご用意して、実りあるイタリア留学のお手伝いをいたします。ご興味のある方は、ぜひ日伊協会の留学サポートにお問い合わせください。

ダンテ・アリギエーリ シエナ
(翻訳:ヴァンジンネケン玲)

シエナ遊々閑々 Umberto Saba ウンベルト・サーバ

こんにちは。シエナのダンテ・アリギエーリです。いよいよ、春本番となりました。みなさん、お元気ですか?
昨年度の「オペラ」をテーマにしたお便りに続き、本年もイタリア語の「音」にフォーカスを当てて伊日2か国語のお話をお届けします。2019年のブログテーマは、イタリア現代詩。歌うための言葉、と言われるイタリア語の魅力があふれる詩の世界へとみなさんをご招待します。

Con questo testo iniziamo un breve percorso nella poesia italiana del Novecento, prendendo in esame le poetiche di alcuni dei suoi esponenti più significativi, attraverso un secolo particolarmente ricco e fecondo per questa arte.

このお便りでは、みなさんと一緒に20世紀のイタリア現代詩の世界をのぞいてみたいと思います。イタリア文学史においてもとりわけて詩が豊かに花開いた100年間を考察しながら、その中でも特筆すべき代表的な詩やそこに宿る詩人の美学について見ていきましょう。

Il primo poeta che andremo a conoscere è Umberto Saba. Due elementi segnarono profondamente la sua esistenza e dunque la sua poetica: la nascita a Trieste, città-nido da cui non si allontanò mai, se non per brevi periodi e l’assenza del padre, che abbandonò la madre prima della sua nascita, provocando nella donna una profonda e lamentosa infelicità.

最初にとり上げる詩人は、ウンベルト・サーバ(Umberto Saba)です。サーバの人生を語るには無視することのできない2つの大きなポイントがあり、それは彼の詩作や美学にも大きな影響を与えました。まず一つ目のポイントは、トリエステという出生地。ごく短い期間を除いて、サーバは自らのふるさとを決して離れることがありませんでした。そして二つ目は、父親の不在。サーバを身ごもっていた母は父に棄てられ、深く傷つき悲しみと不幸に包まれていました。

Quando nacque il poeta, nel 1883, Trieste non apparteneva all’Italia, ma all’impero austro-ungarico. Soltanto alla fine della prima guerra mondiale (1918) la città cominciò a far parte dello stato italiano. La perifericità culturale rispetto ai grandi centri italiani, in cui si manifestavano le tendenze poetiche d’avanguardia delle scuole e dei movimenti, come Milano, Firenze o Roma, ebbe un’influenza fondamentale per la formazione letteraria di Saba.

Il legame di Trieste con la cultura austriaca e tedesca gli offrì l’opportunità di conoscere con notevole anticipo rispetto agli intellettuali italiani l’opera di importanti autori come Nietzsche e Freud. Tra il 1929 e il 1931 Saba si avvicinò alle teorie psicanalitiche, sottoponendosi egli stesso alla terapia con il triestino dottor Weiss, un allievo di Freud, nel tentativo di comprendere e alleviare le frequenti crisi depressive che lo tormentavano.

サーバが誕生した1883年、トリエステの町はイタリアではなく、オーストラリア=ハンガリー帝国の領土でした。ようやくイタリアの町となるまでには、第一次世界大戦の終焉(1918年)を待たなければなりません。当時、ミラノ、フィレンツェ、ローマのようなイタリアの大都市では、さまざまな学派や文芸運動が前衛的な詩作活動を活発に行っていましたが、トリエステはそのような文化的な流れの中心から遠く距離を置いており、その環境こそがサーバの詩人としての形成に大きな影響を与えたのです。

トリエステはオーストリアやドイツの文化と密接なつながりをもっていたため、サーバはイタリアの文化人たちに先駆けて、かなり早い時期にニーチェやフロイトといった大家の著作を読む機会に恵まれました。そして、1929年から1931年にかけては、精神分析学がサーバにとってとても身近なものとなります。たびたび苦しめられていた自らの抑うつ発作を理解して症状を軽減するため、サーバはセラピーを受けたのです。担当したのは、フロイトのもとで学んだトリエステ出身のヴァイス医師でした。

Questa esperienza risultò essere decisiva, fornendo a Saba una chiave di interpretazione della propria vita e della realtà che ebbe riflessi determinanti nella sua poetica, facendola apparire estremamente moderna. La possibilità di attraversare di nuovo la lacerazione traumatica della sua infanzia, nel tentativo di recuperare l’equilibrio perduto, diviene per il poeta uno strumento conoscitivo decisivo. Stretto tra la severità repressiva e vittimistica della madre, la donna che rappresentò per Saba bambino l’autorità e la punizione, il vuoto provocato dall’assenza del padre e la sofferenza per la separazione dalla amatissima balia istriana, donna solare e gioiosa, alle cui cure il piccolo Berto era stato affidato fino ai tre anni, Saba, con il suo discorso poetico dà voce all’abisso del suo animo, pur consapevole che nemmeno la poesia sarà capace di colmarlo, restituendogli quella integrità psicologica che gli consentirebbe di partecipare in modo armonioso alla vita sociale.

この経験は、サーバにとって大きな契機となります。サーバはそれを自分の人生や現実の世界を理解するカギとし、創作活動に反映して極めて現代的な詩を生みだしました。失われた心の安定を取り戻すために、胸を引き裂かれるような幼少期のトラウマを意識の表層に呼び起こした精神分析の経験。これが、詩人サーバを決定的に特徴づけるツールとなったのです。

「ベルト(Berto)」と呼ばれていた幼きサーバは、太陽のように喜びに満ちたイストリア人の乳母に3歳まで預けられたのち、抑圧的で被害者妄想に取りつかれていた母に厳しく育てられました。権威と罰の象徴である母親、父親の不在による空虚感、心がつぶれるような最愛の乳母との別れ。たとえ詩によって心の深い傷を埋めることができないと分かっていても、サーバは底知れぬ深みから自らの魂の声を詩に詠い、社会に順応して生活を送れるような精神的な統一感を取り戻しました。

Alla prima edizione del Canzoniere del 1921, la vasta opera che raccoglie le poesie di Saba, seguirono, in un incessante lavoro di rielaborazione quella del ’45, ’48, ’51 e ’61 (postuma). In esso le esperienze umane e artistiche del poeta possono essere lette come un grande romanzo psicologico in cui Saba, rifiutando ogni sperimentalismo delle forme, che appaiono semplici anche se mai banali, afferma la superiorità della verità onesta e profonda delle cose rispetto alla loro bellezza.

サーバの詩を幅広く集めた詩集『Canzoniere』。その初版は1921年に発行され、サーバによるたゆまぬ改訂を伴いながら1945年、1948年、1951年、1961年(死後に出版)と版を重ねました。人間として、また詩人としてのサーバの経験を収めたこの詩集は、壮大な心理小説として読み解くことができます。サーバは実験主義的な詩作を拒み、ともすれば平凡に感じられることもあるほどシンプルな形にこだわりました。物事の奥深くに宿る実直な真実は、形骸的な美しさに勝ると信じていたのです。

【イタリア語ワンポイントレッスン】
☆ 本のタイトル表記
日本語では、本のタイトルは二重かっこに入れて表記するのが一般的です。イタリア語の場合は、タイトルをイタリック体で書き、最初の文字を大文字にします。文章の中にタイトルを入れる場合は、その前に定冠詞が付きます。
例:
Alla prima edizione del Canzoniere del 1921…

☆ 町の名前と形容詞
イタリア各地の町の名前には、それぞれ形容詞があります。英語とは異なり、最初のアルファベットを大文字にする必要はありません。ただし、修飾する名詞に合わせて語尾が変形するので注意しましょう。
例:
Trieste トリエステ(町の名前) → triestino トリエステの、トリエステ人の(町の形容詞)
il triestino dottor Weiss トリエステ人のヴァイス先生
Siena シエナ → senese シエナの、シエナ人の
i vini senesi シエナのワイン
Triesteと同じようにFirenzeやPerugiaはfiorentino、peruginoとなったり、MilanoやGenovaはSienaのようにmilanese、genoveseとなったり、多くのケースには規則性があります。ただ、中にはAnconaとanconetanoといった意外な変形をする町もあるので、新しい町の名前に出会ったらその形容詞も調べてみましょう。

【お知らせ】
今年、シエナのダンテ・アリギエーリは創立40周年を迎えます。音楽をテーマにした新規開校コースMuSIcaや、イタリア語プラスαを学べる魅力的なプログラムをご用意して、実りあるイタリア留学のお手伝いをいたします。ご興味のある方は、ぜひ日伊協会の留学サポートにお問い合わせください。

ダンテ・アリギエーリ シエナ
(翻訳:ヴァンジンネケン玲)

オペラ観劇とイタリア語

こんにちは。シエナのダンテアリギエーリです。あっという間に年の瀬となり、オペラをテーマにお送りしてきた2018年度のブログも最終回となりました。

今回は、みなさんと一緒にオペラ観劇の流れをシミュレーションしながら、オペラ関連の単語や表現について見ていきたいと思います。日本でもイタリアでも、オペラ観劇に役立ててくださいね。

チケットを手に入れる

まずは、どんなオペラを観に行くのか、公演(spettacolo)を決めてチケット(biglietto)を手に入れましょう。
お目当てを見つける方法としては、演目(programma)、歌手(cantante/cantatrice)、作曲家(compositore)など、ポイントとなるキーワードを基準にしてオンライン検索するのが手軽です。また、日伊協会は毎年すばらしい本場のイタリアオペラ公演を案内しているので、オペラファンの方も、オペラ初心者の方も、これを見逃さない手はありません。

イタリア旅行中に現地の劇場(teatro)に行きたいという方は、出発前に劇場や正規のチケット取扱店のサイトなどからオンラインでチケットを買うのが便利。旅行の日程に合わせて、開演日や町を基準に選びましょう。現地で急に観たくなった場合は、チケット売り場(biglietteria)へ当日券を買いに行くのもありです。もちろん、席(posto)が残っているかどうかは運次第なので、確実に観たい公演は事前手配をおすすめします。

オンラインにしても、劇場付近にしても、誤って非正規の転売チケットを購入してしまわないよう十分注意しましょう。異常な高値であることが多く、劇場によってはチケット自体が本物であっても、販売経路に問題があった場合は入場を拒否されることがあります。

何を着ていくか?

多くの人にとってオペラ鑑賞は特別なイベント。では、どんな装いで劇場に行くのがいいのでしょうか?ドレスアップしすぎたり、カジュアルすぎたりと、周囲から浮いてしまうのは避けたいですよね。

劇場や舞台によってもドレスコードにばらつきがあるので絶対的な正解はありませんが、服装選びの1つの基準にできるのが、どのような席(posto)で鑑賞するのかという点。一般的なコンサートやお芝居と同じく、オペラの鑑賞席にもいくつかの種類があります。座席エリアによってお値段もいろいろ。驚くほど安い学生価格を設定している座席エリアを用意している劇場や公演もあります。ほとんどの観客は、どのような雰囲気で観たいのか、どんな目的で観たいのか、予算はどのくらいか、などを勘案して座席を選択しています。つまり、大まかな法則としては、座席エリアのお値段に比例して服装のフォーマル度も上がる、という暗黙のルールがあるのです。

正面席(platea)などの上席で鑑賞する場合は、場の雰囲気を壊さないようフォーマルな着こなしで。正面席を囲むようなボックス席(palco)は、基本的に下から順に格が上がっていきます。かなり上階にある桟敷(loggione, galleria)や学生向けのエリアなどカジュアルなお席なら、フォーマルである必要はありません。それでも、デニムやスニーカーはNG。カジュアルスマートくらいの小ぎれいな装いにするのがおすすめです。舞台(palcoscenico)から遠いお席の場合は、オペラグラス(binoccolo da teatro)も忘れずに持っていきましょう。

観劇の前にしておきたいこと

公演当日までに必ず準備しておきたいのは、ストーリー(trama)を予習しておくこと。メロディにのせて紡がれるセリフ(recitativo)は聞き取るのがとても難しいので、お話の内容を予め知っておくことは舞台を楽しむカギとなります。さらに、イタリア語に興味のある皆さんには、歌やセリフ(dialoghi)がすべて載っている台本、通称リブレット(libretto)をあらかじめ買って読み込んでおくのがおすすめです。

当日は開演時間ギリギリではなく、余裕をもって到着します。また、夜ご飯を食べる時間に当たることが多いので、観劇中にお腹が鳴らないよう事前に軽食を取っておきましょう。食べ過ぎると眠くなってしまうこともあるので、ほどほどに。

劇場に入ったら、まずはコートや必要のない荷物をクローク(guardaroba)へ預けます。パンフレットやリブレットを買って目を通したり、開演まで十分に余裕があれば、劇場内のレストランやバーでアペリティフを楽しんだりしてはいかがでしょうか?

開演時間の間際になって慌てることのないよう、少し早めに座席につきましょう。電話などの電子機器は音が鳴らないようにしておきます。そのうちにオーケストラ(orchestra)の楽器の音が聞こえ始め、場内の明かりが落ちて、指揮者(direttore/direttorice)が登場。いよいよ、舞台の幕(sipario)が開きます!

オペラ鑑賞

開演すると、主役(protagonista)や登場人物(personaggi)など様々な歌手が美しい衣装(costumi)をまとって舞台に現れます。ソプラノ(soprano)やテノール(tenore)といった歌手たちのアリア(aria)や、複数の声が重なるコーラス(cori)がストーリーを紡ぎ、劇が展開していきます。

拍手(applauso)をするタイミングは、基本的に場(scena)や幕(atto)が終わった時点で。加えて、すばらしい歌(canto)の後には、場が変わらなくても拍手喝さいが湧きます。国にもよりますが、心から賞賛を送りたいときには拍手だけでなく「ブラーボ(Bravo)!」の掛け声をかけるのが王道。本場イタリアでは、賞賛の対象が男性歌手(cantante)か女性歌手(cantatrice)か、一人の歌手か複数の歌手か、によって掛け声が若干変わってきます。

幕の合間にある休憩時間(intervallo)も楽しみましょう。ロビー(foyer)にも洗面所にもこれでもかというほど人が溢れかえりますが、席を立ってその雰囲気を味わうのは観劇の醍醐味の一つです。

幕が再び上がってお話が進み、クライマックスを迎えて、フィナーレ(finale)へ。お芝居が終わった後に幕が一度下りますが、再び歌手たちがカーテンコール(chiamata)に現れます。大成功の公演の場合は、観客はスタンディングオベーション。座席から立ち上がって拍手と「ブラービ(Bravi)!」の声を送ります。

魔法をかけたような特別な一夜はあっという間に終幕となります。けれど、劇場でのオペラ鑑賞という体験は、心の中で何度も幕を上げ、私たちの中で輝き続けてくれるはずです。

【イタリア語ワインポイントレッスン:オペラ関連の語彙】

*劇場の席の種類、いろいろ
オペラを観るには、どんな席がいいのでしょう?
配置を基準に、劇場にあるいろいろな種類の席をなんと呼ぶのか、見てみましょう。
oplatea:1階正面席
一番の上席で、舞台に近いほど良い席となります。エレガントな観客でいっぱい、まさに社交の場というべき華やかなエリアです。
opalco:1階や2階のボックス席。
舞台に対して正面に近いほど、地上階に近いほどいい席となります。舞台の脇に近づくにつれてお値段が下がりますが、角度によっては舞台の一部が見えない席もあります。
ologgione:3階以上のボックス席。
palcoに比べてお値段も下がるので、カジュアル度が上がります。場所によってはコストパフォーマンスがとてもいいので、とにかくオペラが好きで何度でも観たい!という劇場通いのオペララバーも多い席です。
ogalleria:天井桟敷
舞台からはかなり遠くなり、他の客席とは雰囲気がぐっと違うカジュアルな席です。劇場にもよりますが、舞台芸術を勉強する学生など、若い観客の割合が高い席です。

*オペラ歌手の呼び方、いろいろ
イタリア語は男性名詞と女性名詞があるので、「歌手」といっても2つの形があります。
o男性歌手 cantante
o女性歌手 cantatrice
オペラの場合は、ソプラノ(soparno)やバリトン(baritono)など声の音域によって歌手のことを呼びますが、後ろに形容詞を付けて、さらに細かく分けた呼び方があります。
oil tenore eroico:ヒーロー的な歌唱が際立つテノール
oil soprano lirico:叙情的な表現力のあるソプラノ
oil baritono cavaliere:騎士の精神を表現するようなバリトン、など
また、実力のある人気スター歌手はdivodivaと呼ばれて愛されています。特に女性スター歌手には、stellavedetteなどいろいろな呼び方があります。

【お知らせ】

ダンテ・アリギエーリ シエナでは、専門家による声楽やピアノの個人レッスンや、オペラの台本を読みこむオーダーメードのレッスンなど、オペラや音楽が好きな方にもぴったりの留学プランをご用意しています。興味のある方は、ぜひ日伊協会の留学サポートにお問い合わせください。

ダンテ・アリギエーリ シエナ
ヴァンジンネケン玲

Tosca トスカ

Esplorare le opere di Giacomo Puccini (1858 – 1924) significa entrare nel mondo femminile, guardare ritratti di donne molto diverse fra loro per comportamento, carattere e psicologia. Le ‘donne pucciniane’ vanno dalla giovane assetata di vita Manon (Manon Lescaut 1893) alla fragile giovanissima Ciò Ciò San (Madama Butterfly 1904), da Mimì (La Bohème 1895) vittima del suo amore, alla gelida e forte Turandot (Turandot 1926).

ジャコモ・プッチーニ(1858~1924年)の作品を紐解いてゆくと、私たちは女性の世界に誘われ、気性や心持ちや所作のまったく異なる個性豊かな女性像に出会います。生を渇望する若きマノン(『マノン・レスコー(1893年)』)、繊細なうら若き蝶々さん(『蝶々夫人(1904年)』)、愛に命を捧げたミミ(『ラ・ボエーム(1895年)』、冷然と強い意志をもつトゥーランドット(『トゥーランドット(1926年)』と、「プッチーニの女性像」は多彩です。

La cantante Tosca (Tosca, 1900) domina su molte altre per il suo carattere deciso, ribelle, da vera protagonista non solo delle scene ma della vita sua e di chi le gravita intorno.

この中でも抜きんでているのが、歌手のトスカ(『トスカ(1900年)』)です。誰に手懐けられることもなく決然としたトスカの性格は、舞台の真の主役にふさわしいだけではありません。自らが人生の主役となって生きる姿は、周りの人々を惹きつけずにはいられません。

Il libretto di Illica e Giacosa, sul dramma di Victorien Sardou rappresentato per la prima volta a Parigi nel 1887, ci presenta una vera e propria diva, che, sullo sfondo di una Roma scossa dalle notizie, che arrivano sulla battaglia di Marengo (14 giugno 1800) fra l’esercito di Napoleone e le truppe imperiali, si staglia come una eroina dell’antica tragedia greca.

『トスカ』の台本は、1887年にパリで初演を飾ったヴィクトリアン・サルドゥの戯曲をもとに、イッリカとジャコーザが手掛けました。そこには、正真正銘の歌姫の姿があります。ナポレオン軍とオーストリア軍が対峙した1800年6月14日のマレンゴの戦い。その戦況報告に揺れるローマを背景に、古代ギリシア神話のヒロインを彷彿とさせる歌姫が鮮やかに描かれています。

Per la trama si rimanda al sito italiano
詳しいあらすじは、イタリア語サイトでも見ることができます。

Moltissime sono le arie, i duetti e i momenti che potrebbero essere citati e, ovviamente, dovremo limitarci a citarne solo alcuni. Nell’aria iniziale Recondite Armonie il pittore Cavaradossi, amante di Tosca, si interroga sul valore dell’arte, su cosa sia il misterioso rapporto fra il reale e l’immaginario, tema ricorrente in molte opere pucciniane e tipico del secondo ottocento europeo. La gelosia di Tosca, il suo carattere imperioso e l’amore folle che la lega a Cavaradossi si esprimono nell’aria e successivo duetto Non la sospiri, la nostra casetta. Scarpia, invece, l’eroe negativo, il male in assoluto che sarà l’artefice della disgrazia di Cavaradossi e di Tosca, ordisce il suo piano malefico sulle note del Te Deum.

お話ししたいアリアやデュエットやシーンは数えきれないほどありますが、言うまでもなく、この記事ではいくつかの言及にとどめておきましょう。トスカの恋人である画家カヴァラドッシは、序幕のアリア「Recondite Armonie」の中で自問します。芸術の価値とはいかなるものか。実体と表象の不可思議な関係とは何であるのか。これは、多くのプッチーニ作品で取り上げられているモチーフであると同時に、19世紀後半のヨーロッパにおける代表的なテーマです。アリアとそれに続くデュエット「 Non la sospiri, la nostra casetta 」では、トスカの嫉妬、誇り高い心意気、カヴァラドッシに対する狂おしい愛情が歌い上げられています。一方、カヴァラドッシとトスカの悲劇の張本人として絶対悪を演じる敵役のスカルピアは、自らの恐ろしい陰謀を「 Te Deum 」の調べで紡ぎます。

Nel secondo atto – che si svolge a Palazzo Farnese (ora Ambasciata di Francia) – il perfido Scarpia prosegue nell’intento di far giustiziare Cavaradossi e conquistare Tosca, che, per un momento, sembra cedere alle lusinghe e alle false speranze del Barone Scarpia. Vissi d’Arte è una vera e propria preghiera, diventata manifesto di tutte le cantanti liriche e di tutti coloro che hanno dedicato la loro vita all’arte del canto. Ma Tosca non è vittima e reagisce fino alla fine arrivando a pugnalare Scarpia quando crede di aver ottenuto la libertà per sé e per Cavaradossi. L’ultimo atto – ambientato a Castel Sant’Angelo – vede Cavaradossi piangere il suo amore con la famosissima aria E tacean le stelle e, mentre si riaccende la speranza di una probabile libertà (O dolci mani), la morte di Cavaradossi e il suicidio di Tosca mettono fine alla tragedia d’amore e di passione di questa opera che è tra le più famose e più rappresentate nei teatri lirici mondiali.

第二幕はファルネーゼ宮(現在のフランス大使館)が舞台です。スカルピア男爵の甘いことばに淡い希望を託そうか。そんなトスカの態度を横目に、腹黒いスカルピアはカヴァラドッシを処刑してトスカを我が物にしようと企みを進めます。「 Vissi d’Arte 」は、まぎれもない祈りのことばです。オペラ歌手や、人生を歌という芸術に捧げるすべての人々のマニフェストとなっている歌です。トスカは甘んじて犠牲者となることなく最後まであらがい、自らとカヴァラドッシが自由を得たと確信すると、スカルピアを刃にかけます。サンタンジェロ城が舞台となる終幕では、愛に涙するカヴァラドッシが有名なアリア「 E tacean le stelle 」を歌い、二人は自由を手にできるのだと希望の光がふたたび灯ります(「 O dolci mani 」)。しかし、幕の最後に待ち受けていたのは、カヴァラドッシの死とトスカの自決でした。世界中の歌劇場で最も公演されてきた誉れ高いオペラの一つ『トスカ』は、こうして愛と情熱に満ちた悲劇の幕を閉じます。

【イタリア語ワンポイントレッスン】

 関係代名詞 che

関係代名詞は、ある言葉と文章をつなげて、同じ単語の繰り返しを避けます。特によく使われる cheは、単数・複数形や男性・女性形の区別をすることなく、人や物や動物を表すことができます。例を見てみましょう。

例:
Ho comprato un’auto nuova – questa auto nuova costa 10.000,00 Euro. > Ho comprato un’auto nuova che costa 10.000,00 Euro.
(僕は1万ユーロする新車を買った。)

Mio fratello, mio fratello vive in Spagna, lavora in un’azienda privata. >Mio fratello, che vive in Spagna, lavora in un’azienda privata.
(スペインに住む弟は、民間企業に勤めている。)

Le persone, le persone spendono molto, non pensano al futuro. > Le persone che spendono molto non pensano al futuro.
(浪費家は将来のことを考えていない。)

この記事では取り上げていませんが、 che の他にもいろいろな関係代名詞があります。

 意味を強める形容詞PROPRIO/ PROPRIA/ PROPRI/ PROPRIE

この形容詞は、さまざまな方法で言葉の意味を強めることができます。

a) 所有形容詞の後について、「誰々の」という所有の意味を強めます。

例:
Ogni popolo ha le sue proprie abitudini.
(あらゆる民族には、その民族固有の風習がある。)

Hai dovuto vendere la tua propria casa per poter curare tuo figlio.
(息子さんの治療をするために、ご自身の持ち家を売却しなければならなかった。)

b) 形容詞 vero/ vera/ veri/ vere と接続詞e の後ろについて、それに続く形容詞の意味を強めます。

例:
Mario è un vero e proprio criminale.
(マリオは正真正銘の悪党だ。)

Sono dei veri e propri santi.
(彼らはまさしく聖人君子だ。)

注意:副詞 proprio には、あとに続く形容詞の意味を強める働きがあります。副詞として使われる場合は語形変化はなく、つねに proprio となります。

例:
I ragazzi hanno giocato troppo a pallone e adesso sono proprio stanchi.
(少年たちはボールで遊び過ぎたので、もう疲れ切っています。)

La maglietta che ho visto nel negozio al centro è proprio cara.
(町なかの店で見かけたTシャツは、とにかく高かった。)

【お知らせ】
本場イタリアでも、オペラの知識を深めてみませんか?

ダンテ・アリギエーリ・シエナでは、
•オペラの台本を読み込む個人レッスン
•プロの音楽家が指導する声楽の個人レッスン
など、留学席の希望をもとにオーダーメードのレッスンを組むことができます。オペラファンや音楽に興味のある方は、ぜひ日伊協会の留学サポートにお問い合わせください。

ダンテ・アリギエーリ シエナ
校長 ルカ・ボノーミ
(翻訳:ヴァンジンネケン玲)

アイーダ(AIDA)

AIDA

Proseguiamo con i nostri brevi articoli sull’Opera italiana presentando uno dei capolavori di Giuseppe Verdi: Aida.

Opera in quattro atti e sette quadri – musica composta da Giuseppe Verdi.
Libretto di Antonio Ghislanzoni, da una versione francese in prosa di Camille du Locle e da un soggetto dell’archeologo francese Auguste Mariette.
Ambientazione: antico Egitto
Prima rappresentazione – 24 dicembre 1871 al Teatro Nazionale del Cairo commissionato da Ismail Pascià, Vicerè d’Egitto, per le celebrazioni in occasione dell’apertura del Canale di Suez.

Personaggi:
Aida, Principessa etiope – soprano
Radamès, Capitano delle Guardie Egizie – tenore
Amneris, Figlia del Re – mezzosoprano
Amonasro – Re dell’Etiopia e Padre di Aida – baritono
Ramifis – Capo dei Sacerdoti – basso
Il Re d’Egitto, padre di Amneris – basso
Una Sacerdotessa – soprano
Un Messaggero – tenore
Sacerdoti, Sacerdotesse, Ministri, Soldati, Capitani, Funzionari, Schiavi e Prigionieri etiopi, Popolo egizio – coro

Per una dettagliata descrizione della trama in italiano si rimanda al sito
http://www.cantarelopera.com/libretti-d-opera/aida-di-giuseppe-verdi.php

Apparentemente Aida ripercorre i canoni classici del melodramma ottocentesco, che può essere riassunto in una celebre frase di George Bernard Shaw: il soprano e il tenore si amano, ma il basso non vuole! La storia d’amore si staglia su uno sfondo di battaglie e scontri fra gli egizi e gli etiopi ma certamente, rispetto a Nabucco (1842), Verdi non è più interessato a rappresentare l’aspirazione di un intero popolo, quello ebreo, verso la libertà e il riscatto della propria Patria.

Non a caso le arie e le pagine più famose sono quelle diremmo “intime” come Celeste Aida (Atto I) , aria nella quale dobbiamo notare la perfetta orchestrazione che la rende popolare ed emotiva. Numi, pietà è un vero e proprio gioiello la cui calma viene bruscamente interrotta dalla Marcia trionfale e il finale del II atto raggiunge un altissimo livello di osmosi fra l’orchestra e il palcoscenico.

Il III atto si apre con la descrizione sonora dello scorrere placido del grande fiume Nilo e con il magico e intimo inserimento del flauto che prepara il pubblico al duetto “Pensa che un popolo vinto”.
Del IV atto dobbiamo almeno citare “Chi ti salva sciagurato“, con un andamento strofico da cabaletta di Amneris combattuta fra l’amore e la ragione di stato e la romanza: “Oh infami! Ne’ di sangue son paghi giammai. E si chiaman ministri del ciel“.
Il finale si apre con il recitativo: “La fatal pietra sovra me si chiuse“ di Radamès e il duetto: “O terra addio“ quando incontra Aida.

È uno straordinario finale, uno dei più grandi nella storia dell’opera. Notiamo che questa melodia viene ripetuta 12 volte, prima da Aida, poi da Radamès e infine all’unisono da entrambi.
Contemporaneamente si sente il canto sacro dei sacerdoti: “Immenso Fthà“, dedicato agli Dei dell’Egitto.


アイーダ

短いブログ記事を連ねながら、イタリアオペラのお話を続けていきましょう。今回取り上げるのは、ジュゼッペ・ヴェルディの代表作の一つ『アイーダ』です。

全4幕7場のオペラ、ジュゼッペ・ヴェルディ作曲
脚本:フランス人考古学者オギュスト・マリエットの原案と、カミーユ・デュ・ロクルがフランス語の散文で書いた原台本をもとに、アントニオ・ギスランツォーニが台本を作成。
舞台背景:古代エジプト
初演:エジプト総督イスマーイール・パシャが、スエズ運河開通の祝賀事業としてオペラ制作を依頼し、1871年12月24日にカイロ国立劇場にて初公演をおさめる。

登場人物:
アイーダ(エチオピア王女):ソプラノ
ラダメス(エジプト軍将校):テノール
アムネリス(王女):メゾソプラノ
アモナズロ(エチオピア王、アイーダの父):バリトン
ランフィス(祭司長):バス
エジプト国王(アムネリスの父):バス
巫女:ソプラノ
伝令:テノール
司祭、巫女、大臣、兵士、指揮官、役人、奴隷、エチオピア人捕虜、エジプトの民:合唱

イタリア語の詳しいあらすじは、以下のサイトで見ることができます。
http://www.cantarelopera.com/libretti-d-opera/aida-di-giuseppe-verdi.php
(訳注:新国立劇場のサイトに掲載されている「アイーダ」参考資料のご案内からも、作品理解を深める資料の一覧を参照できます。)

ソプラノとテノールが愛し合い、バスがそれを邪魔する!というジョージ・バーナード・ショーの有名なことばに集約されるように、一見すると『アイーダ』は19世紀のオペラの典型的な形式を踏襲しています。エジプト人とエチオピア人の戦争や対立を背景に、愛の物語が鮮やかに描かれています。しかし、『ナブッコ』(1842年)と比べると明らかなように、もはやヴェルディの興味は、自由や自らの祖国を切望するユダヤの民、つまり民衆全体の願いを描くことではありませんでした。

第1幕の「 Celeste Aida 」のように、特に有名なアリアやシーンはいわゆる「内なる」心情を描いていますが、それは偶然の産物ではありません。「 Celeste Aida 」を見ると、完璧なオーケストレーションが、アリアを大衆的で感情的な作品に仕上げていることがよく分かります。「 Numi, pietà 」は、まさしく珠玉のアリアです。その静けさを「 Marcia trionfale 」が荒々しく中断し、第2幕のフィナーレでオーケストラと舞台の一体感が最高潮に達します。
第3幕は、大いなるナイル川のゆるやかな流れを描写する音楽とともに始まります。そこに差し込まれた魅惑的で心の奥を映し出すようなフルートの音色が「 Pensa che un popolo vinto 」のデュエットへと観客を誘います。

第4幕で見落とせないものとして、愛と国家理性のはざまで懊悩するアムネリスがカバレッタの詩的な旋律で紡ぐ「 Chi ti salva sciagurato 」と、ロマンス「 Oh infami! Ne’ di sangue son paghi giammai.E si chiaman ministri del ciel 」を挙げておきましょう。
フィナーレは、ラダメスのレチタティーヴォ「 La fatal pietra sovra me si chiuse 」と、ラダメスがアイーダと出会って奏でるデュエット「 O terra addio 」で幕を開けます。

オペラ史の中でも最高の一つに数えられる、すばらしい終幕です。フィナーレのメロディは 、12回もくり返されます。まずアイーダによって、次にラダメスによって、そして最後には二人のユニゾンによって歌いあげられるのです。
司祭たちがエジプトの神々に捧げる聖歌「 Immenso Fthà 」が、それに重なるように響きます。

【イタリア語ワンポイントレッスン】
 名詞と形容詞の変意

多くの名詞や形容詞には、接尾辞をつけて特別な意味をプラスすることができます。

例:
tavolo → tavolino (小さなテーブル) libro → libraccio (低品質の本)

quadro → quadretto (小さな絵) bocca → boccuccia (小さくてかわいい口)

ragazza → ragazzona (長身の女の子) attori → attorucoli (大根役者)

bella → bellina (そこそこきれい) dolce → dolciastro (甘ったるい)

種類 接尾辞
縮小接尾辞 -ino/a, -ello/a, -etto/a, -icello/a, -icciolo/a, -olino/a
愛称接尾辞 -uccio/a, -uzzo/a, -olo/a, -otto/a, -acchiotto/a
増大接尾辞 -one/a, -accione/a, -acchione/a
軽蔑接尾辞 -accio/a, -azzo/a, -astro/a, -aglia, -ucolo/a, -uncolo/a, -onzolo/a, -iciattolo/a, -uzzo/a

 変意名詞と似ている名詞
変意名詞と同じ語尾であるものの、本来の接尾辞の意味が失われてしまった名詞があります。

例: libretto (小さな本ではなく、オペラの台本)

rosone (大きなバラではなく、教会を飾るバラ窓)

fumetto (小さなけむりではなく、マンガ)

chiarina (明るい何かではなく、楽器の名前)

spaghetti (小さな紐ではなく、言わずと知れた乾燥パスタのスパゲッティ)

 音域につく「 il 」の意味
オペラ歌手の音域は、「 il soprano, il mezzosoprano, il contralto」のように定冠詞の「 il 」をつけて表します。
その理由は、「 il (registro) soprano」というふうに、「 registro 」という単語が省略されているためです。

 好音調の d
「好音調の d 」とは、時として前置詞の「 a 」や接続詞の「 e 」などにつける「 d 」の音のことです。前置詞や接続詞に続く単語が同じ母音で始まり、同じ母音が二つ続く場合に限ってのみ、つけることができます。

例: Maria ed Enzo si sono incontrati ad Avellino.
Maria e Alberto si sono incontrati a Capri. (母音が違うので d をつけない)

Luigi mi ha invitato ad andare in gita con lui ed Elisa.
Luigi mi ha invitato a uscire con lui e Andrea. (母音が違うので d をつけない)

【お知らせ】
夏季のシエナは、クラシックやジャズなどのコンサートがたくさん開かれ、音楽の溢れる町になります!ダンテでは声楽やピアノの個人レッスンも受講でき、音楽が好きな方には最高の留学環境です。興味のある方は、ぜひ日伊協会の留学サポートにお問い合わせください。

ダンテ・アリギエーリ シエナ
校長 ルカ・ボノーミ
(翻訳:ヴァンジンネケン玲)

VERDI ヴェルディ

Con questa rubrica vogliamo iniziare un percorso nell’Opera lirica italiana che possa servire a soddisfare le curiosità dei nostri lettori e a stimolare il loro interesse verso uno dei veri tesori culturali italiani.

本年度のブログでは、イタリアオペラを紐解いていきたいと思います。読者のみなさんの好奇心を満たし、イタリア文化が誇るかけがえのない宝の一つ、オペラへの興味をもっていただくきっかけになれば幸いです。

Ovviamente ci sarebbero centinaia di percorsi da scegliere in questa storia affascinante che si snoda dalla seconda metà del XVI secolo e che arriva fino almeno alla prima metà del XX secolo. Storia fatta di note, di suoni, di luoghi che diventano mano a mano i teatri lirici, di tentativi più o meno riusciti, di spettacoli e di costumi, ma soprattutto storie di persone, di autori, di cantanti, di impresari, di mecenati, di censori e, in ultimo, di spettatori.

当然のことながら、イタリアオペラを紐解くといっても、その方法は何百通りと考えられます。魅力あふれるオペラの歴史は16世紀後半に始まり、少なくとも20世紀前半まで続くのですから。オペラ史とは、音符や音の歴史、徐々に歌劇場へと変遷していった場所の歴史、成功や失敗に終わった試みの歴史、舞台の歴史、衣装の歴史です。そして、何にもまして人の歴史です。俳優や、歌手や興行主や、パトロンや、評論家や、それから観客の歴史なのです。


Noi abbiamo scelto di attenerci al calendario del Teatro Shin Kokuritsu Gekijo e introdurvi oggi Giuseppe Verdi, uno dei più grandi Compositori di musica operistica italiana non solo dell’800 ma di tutta la storia dell’opera lirica. Abbiamo poco spazio per raccontare la sua vita che attraversa un secolo: 1813 – 1901, ma mettiamo in evidenza che Verdi trae gli spunti per i libretti delle sue opere per la maggior parte da Autori stranieri (francesi, tedeschi, inglesi) e contemporanei (con la grande eccezione di Shakespeare). È un artista con una visione internazionale e al quale piace conoscere, indagare e sperimentare nuove forme di drammaturgia musicale e operistica.

今回の記事では、新国立劇場の公演カレンダーに倣い、ジュゼッペ・ヴェルディについてお話をしたいと思います。ヴェルディは、イタリアオペラの偉大な作曲家の一人です。19世紀という枠にとどまらず、オペラ史全体の中でとらえても抜きんでた存在です。その人生は1813年から1901年にかけてほぼ1世紀にまたがり、ここですべてを語ることはできません。

そこで、ヴェルディがどのような着想を得てオペラの台本を作っていたのか、という点に注目したいと思います。ヴェルディは、外国人作家(フランス人、ドイツ人、イギリス人)や同時代の作家(シェイクスピアという大きな例外を除く)からインスピレーションを得て、ほとんどの台本を作っていました。

音楽劇やオペラの新しい形や演出法を知り、探求し、試みることに喜びを見出していたヴェルディは、国際的な視野をもった芸術家だったのです。

Ne sono un chiaro esempio le opere che compongono la cosiddetta trilogia popolare: Il Rigoletto (1851), Il Trovatore (1852), La Traviata (1853), esempi massimi di melodramma romantico. Verdi, però, non si ferma, non ripete il già noto e ritroverà la sua fonte di ispirazione in Shakespeare, dopo Macbeth (1847), dando vita al tragico Otello (1887) e all’irridente Falstaff (1893), ultima sua opera e testamento artistico dell’Autore. Prima di esse Aida (1871) di cui parleremo più a lungo la prossima volta.

それがよく分かる例は、いわゆるヴェルディ中期の三大傑作とされるオペラです。ロマン派オペラの極みとされている『リゴレット』(1851年)、『イル・トロヴァトーレ』(1852年)、『椿姫』(1853年)の三部作です。

そして、一所にとどまることを知らぬヴェルディは、マンネリズムにおちいることがありませんでした。オペラ『マクベス』(1847年)の題材として過去に取りあげたシェークスピアに再びインスピレーションを得て、悲劇『オテロ』(1887年)と、アイロニー溢れる『ファルスタッフ』(1893年)を世に送り出しました。

この『ファルスタッフ』は、ヴェルディ最後の作品となりました。次回のお便りでは、『オテロ』と『ファルスタッフ』よりも前に生まれた『アイーダ』(1871年)についてお話をしたいと思います。

【イタリア語ワンポイントレッスン】

*イタリア語の世紀

1世紀( un secolo )は、西暦を100年の単位で区切った数え方です。次の例を見てみましょう。

例: X sec. ( decimo secolo ): 10世紀(901 – 1000年)
XIII sec. ( tredicesimo secolo ): 13世紀(1201 – 1300年)
XVI sec. ( sedicesimo secolo ): 16世紀(1501 – 1600年)
XX sec. ( ventesimo secolo ): 20世紀(1901 – 2000年)
XXI sec. ( ventunesimo secolo ): 21世紀(2001 – 2100年)
XXII sec. ( ventiduesimo secolo ): 22世紀(2101 – 2200年)

イタリア語で世紀を表す場合、上のようにローマ数字を使って書くのが一般的です。また、‘800( il secolo ottocento )や‘900( il secolo novecento )のように、アポストロフィを伴ったアラビア数字で書くこともできます。

*イタリア語の数字

基数 序数
数字 つづり ローマ数字/
アラビア数字
つづり
1 uno / una / un I / 1° primo
2 due II / 2° secondo
3 tre III / 3° terzo
4 quattro IV / 4° quarto
5 cinque V / 5° quinto
6 sei VI / 6° sesto
7 sette VII / 7° settimo
8 otto VIII / 8° ottavo
9 nove IX / 9° nono
10 dieci X / 10° decimo
11 undici XI / 11° undicesimo
12 dodici XII / 12° dodicesimo
20 venti XX / 20° ventesimo
21 ventuno XXI / 21° ventunesimo
30 trenta XXX / 30° trentesimo
40 quaranta XL / 40° quarantesimo
50 cinquanta L / 50° cinquantesimo
100 cento C / 100° centesimo

基数は、数量にかかわる情報を伝えます。名詞と一緒に使うと、形容詞の働きをします。

例: Giovanna ha comprato una macchina nuova.
ジョヴァンナは、新車を買いました。
Luigi è uno studente svizzero.
ルイージは、スイス人の学生です。
Mario ha comprato un nuovo libro.
マーリオは、新しい本を1冊買いました。
Mario ha comprato due libri.
マーリオは、本を2冊買いました。

基数には、名詞や代名詞の働きもあります。

例: Il due e il quattro sono numeri pari, il tre e il cinque sono dispari.
2と4は偶数で、3と5は奇数です。

序数は、格付けや順番などを表す数です。

序数を表すローマ数字は、次のように使います。

• 世紀
例: Giuseppe Verdi è un protagonista del XX secolo.
ジュゼッペ・ヴェルディは、20世紀の主役です。
• 法王、王、女王
例: Elisabetta II, Regina di Gran Bretagna
イギリス女王エリザベス2世
Papa Pio XII
法王ピウス12世

アラビア数字で表す序数は、スポーツをはじめとするいろいろな順位に使うことができます。

例: Il Napoli è 1° nella classifica di serie A.
SSC ナポリは、セリエAで1位です。
La Ferrari è arrivata al 2° posto.
フェラーリは2位でゴールしました。

ダンテ・アリギエーリ シエナ
校長 ルカ・ボノーミ
(翻訳:ヴァンジンネケン玲)

シエナ遊々閑々
「ミネルヴァのフクロウは黄昏に羽ばたく La civetta di Minerva vola al crepuscolo」

こんにちは。みなさんお元気ですか?スポーツをするにも、勉強をするにも空気が気持ちよく、ごはんのおいしい季節になりました。イタリアでは新学期が始まり、はつらつとした学生が町を行き交っています。

さて、今年はシエナの「コントラーダ」にちなんで、動物とイタリア語をテーマにお便りしています。9月は文化の秋にふさわしく、知恵のシンボルであるフクロウのコントラーダをピックアップしたいと思います。

チヴェッタContrada Priora della Civetta

シエナの旧市街は中心にカンポ広場を据え、コントラーダと呼ばれる17の地区に分けられています。今回とりあげるのは、広場のすぐ脇、町の中央に位置するコントラーダ「 Contrada Priora della Civetta (コントラーダ・プリオーラ・デッラ・チヴェッタ)」です。

チヴェッタのコントラーダは、所属しているメンバーの人数も、テリトリーの広さもシエナで最小。けれど、パリオ祭ではコンスタントに勝利を手にしたり、また毎年秋には初物ワインのイベントを開いたりと活発に活動しています。

イタリア語の「 Civetta (チヴェッタ)」とはフクロウのことで、このコントラーダは名前に違わずフクロウをシンボルに掲げています。赤と黒を基調とした旗には、王冠をかぶったフクロウが鎮座しています。

イタリア語とフクロウ

イタリア語では、 Civetta (チヴェッタ)と呼ばれるフクロウ。その語源は、鳴き声を擬したオノマトペアと言われています。フクロウの習性や姿かたちから、イタリアには「 civetta 」ということばを用いたいろいろな表現があります。

例えば、フクロウが獲物をおびき寄せる様から、 男性に色目をつかったり、誰かれかまわず媚びを売る女性のことを「 civetta 」と呼ぶことがあります。「 Quella è una civetta (あの女、男に媚びまくりよ)!」といった感じで使われます。似たような表現で「 fare la civetta 」や「 civettare 」などもあり、こちらは「媚びを売る」という意味があります。

また、「 occhio di civetta (フクロウの目)」という言うと、そのきれいな黄色い目から「金貨」のことや「プリムローズの花」を指したりします。

ミネルヴァのフクロウ

さて、フクロウは西洋では古くから哲学や知恵を象徴する動物でした。ギリシア神話の女神アテネやローマ神話の知の女神ミネルヴァのシンボルでもあり、現代ギリシアの1ユーロ硬貨には古代ギリシアのコインに刻印されていたフクロウが描かれています。

フクロウが知のシンボルとなった由来は、目とくちばしがギリシア文字の φ のような形をしているからと言われています。この文字は哲学や黄金律のシンボルであり、知の探究や知の調和を表していました。

18世紀には、ドイツの哲人ヘーゲルが「ミネルヴァのフクロウは黄昏に羽ばたく」ということばを残しています。この文章にはいろいろな解釈がありますが、その中の1つは、「知を象徴するミネルヴァのフクロウ、つまり人間の知恵は、昼ではなく夜に活動するフクロウのように、最盛期を過ぎて歳を重ねてから獲得できるものである」と説明しています。

これからどんどん日が短くなり、夜の長い季節に入ります。フクロウにちなんで夜は本を読んだり、音楽を聴いたりと、秋はいつも以上に文化に親しむ時間ができそうですね。

ダンテ・アリギエーリ シエナ
ヴァンジンネケン玲

シエナ遊々閑々「カメのようにゆったりと (Lento come una tartaruga)」

こんにちは。猛暑に豪雨にと厳しいお天気ですが、みなさん元気にお過ごしですか?
いよいよ梅雨も明け、太陽が眩しい夏本番となりました。イタリアはとても暑い夏を迎え、プールや海辺はたくさんの人で溢れています。

さて、2017年度は、シエナの「コントラーダ」を軸として、動物とイタリア語をテーマにしたお便りをしています。今回のお便りはタルトゥーカ( tartuca )のコントラーダをピックアップして、カメにまつわるお話しをお届けします。

タルトゥーカ Contrada della Tartuca

コントラーダと呼ばれる17の地区に分かれるシエナの旧市街。タルトゥーカのコントラーダ( Contrada della Tartuca )は、その南にテリトリーを構えています。ちなみに、私たちの学校ダンテの校舎があるのも、このタルトゥーカのエリアです。

コントラーダの名前「 tartuca (タルトゥーカ)」は、イタリア語でウミガメやカメを指すtartaruga(タルタルーガ) の地方ことば。タルトゥーカはその名の通り「カメ」のコントラーダで、青と黄色地の旗にはリクガメが描かれています。コントラーダが掲げるカメのシンボルは「 saldezza (堅固、堅牢)」。力に屈せぬ強さを武器としています。

実は、タルトゥーカは前回のテーマとなったカタツムリのコントラーダの宿敵。その因縁は17世紀に遡るという文献もあり、何百年にもわたる激しいライバル関係は現在もなお続いています。

イタリア語で「カメ」は何と言う?

さて、コントラーダの旗にはリクガメが描かれていますが、厳密にイタリア語で「リクガメ」にあたる単語は tartuca の標準語版にあたる tartaruga ではありません。本来tartaruga は「ウミガメ」を指す単語で、「リクガメ」を指すのは別の単語 testuggine となります。

つまり、 現代イタリア語で2種類のカメをきっちりと区別して言いたい場合は、testuggine (リクガメ)と tartaruga (ウミガメ)と使い分ける必要があります。しかし、日常的な会話でただ「カメ」と言いたい場合は、どちらの単語を使っても総称的な「カメ」を指すことができます。

また、それぞれの単語の起源はまったく異なっています。 testuggine は「貝殻」や「亀の甲羅」を意味するラテン語の testa から派生したことば。一方の tartaruga はちょっぴり怖い語源で、もともとはギリシア語で「地獄の住人」という意味をもっていた忌まわしい精霊の名前でした。

まるでカメのよう!

カメはそのゆったりとした動きゆえに、古くから「鈍重」や「遅緩」といったのろさのシンボルとされてきました。現代のイタリア語でも、動作がゆっくりとした人や動物、スピードの出ない乗り物のことを tartaruga と表現します。例えば、「 Questo treno è una tartaruga! (この電車はなんてのろいんだ!)」といった具合です。

19世紀のイタリアの文人ジャコモ・レオパルディ( Giacomo Leopardi )は、こんな文章を残しています。「とても長い時間をかけて物事をこなすカメは、とても長い時間を生きる。こんな風に、すべてのことは自然の中でうまくバランスが取れている。カメはのろまだと言えるかもしれないが、カメはのろさを自らの本質として備えているのだから、カメは絶対的な意味でのろいわけではないのだ。私たちは、そこから多くを学び取ることができる*」。


私たちも一人ひとりも、カメのようにそれぞれ自分にちょうどいい時間の流れがあります。効率化や生産性に重点がおかれる現代では、毎日駆け足、急ぎ足で過ごさずをえず、気づけば心や体が悲鳴を上げていたということも少なくありません。

「 Chi va piano va sano e va lontano (ゆっくり行けば、元気に遠くまでたどり着ける)」と諺にもあるように、カメのようにのんびりでも自分のペースで着実に進んでいくと、きっと素敵な景色が待っているはずです。自分のペース調整をするためにも、大きな深呼吸のできるすてきな夏休みをお迎えください!

ダンテ・アリギエーリ シエナ
ヴァンジンネケン玲

_______________
*原文:「 La tartaruga lunghissima nelle sue operazioni ha lunghissima vita. Così tutto è proporzionato nella natura; e la pigrizia della tartaruga, di cui si potrebbe accusar la natura, non è veramente pigrizia assoluta, cioè considerata nella tartaruga, ma rispettiva. Da ciò possiamo cavare molte considerazioni 」。Giacomo Leopardi, Pensieri di varia filosofia e di bella letteratura, a c. di Giosué Carducci, Firenze, Successori le Monnier, 1898, p. 124より抜粋。和訳はヴァンジンネケンによるもの。

シエナ遊々閑々「カタツムリの旅立つ5月 Di maggio lascia la chiocciola al suo viaggio」

こんにちは。緑鮮やかな気持ちのいい季節、みなさん元気にお過ごしですか?

さて、今回はシエナのコントラーダの中から Chiocciola (キオッチョラ)を選び、カタツムリをテーマにお便りしたいと思います。

キオッチョラ Contrada della Chiocciola

シエナの町は、コントラーダと呼ばれる17つの地区に分かれています。その中で町の最南端に位置するのが Chiocciola のコントラーダ。

かわいらしいカタツムリがシンボルのコントラーダで、赤と黄色のベースに青いラインが入ったひときわ鮮やかな旗が目印になっています。旗の一画にある紋章には、カタツムリのモチーフとともに、19世紀のイタリア王ウンベルト1世と王妃マルゲリータのイニシャル( U と M )が交互に描かれています。

モットーは「 Con lento passo e grave, nel Campo a trionfar Chiocciola scende (ゆったりと、ずっしりと、キオッチョラが勝利を手にすべくカンポ広場に降りたつ)」と、威風堂々。馬のレースでコントラーダが競い合うパリオ祭の勝利を謳っています。

イタリア語の「かたつむり」

さて、 chiocciola ということばは、現代イタリア語でカタツムリのこと。イタリアに約250種類いると言われるカタツムリの総称です。語源はギリシア語の κοχλίας 。ラテン語の cochlea を経て、イタリア語の chiocciola となりました。

イタリアにはもう1つ「カタツムリ」を意味する単語 lumaca (ルマーカ)があります。こちらはカタツムリだけでなくナメクジも含めた軟体動物腹足綱の総称。殻をもったカタツムリを lumaca と呼ぶ場合、 lumaca al sugo といったように特に食用のエスカルゴを指すことが多いです。

エスカルゴの旬は秋から冬にかけて。5月ごろはカタツムリの産卵時期となるため、「 Di maggio lascia la chiocciola al suo viaggio (5月はカタツムリを旅立たせる)」ということわざのように、カタツムリは食べない方がいいシーズンとされています。

デジタル時代のカタツムリ

ITの発展とともに、 chiocciola ということばの使用頻度はぐっと増えました。というのも、メールアドレスなどで使う@マークをイタリア語では chiocciolaと呼ぶからです。縮小辞をつけて、「小さいカタツムリ」という意味の chiocciolina (キオッチョリーナ)と呼ぶこともあります。

例えば info@dantealighieri.com というメールアドレスは、「イ、エンネ、エッフェ、オ、キオッチョラ(またはキオッチョリーナ)、ディ、ア、エンネ……」といった具合に読みます。その由来は、スバリ、@の形がカタツムリに似ていたため。

ちなみにカタツムリの形状を思わせることから、イタリア語ではらせん階段も scala a chiocciola (スカーラ・ア・キオッチョラ)と呼ばれています。

日本では梅雨の季節が近づいてきました。「 La chiocciola è la messaggera della pioggia (カタツムリは雨の使者)」ということわざもありますが5月のお便りで雨を呼んでしまわないことを祈りつつ、どうぞみなさん初夏の太陽をお楽しみになりますように。

ダンテ・アリギエーリ シエナ
ヴァンジンネケン玲

シエナ遊々閑々 「鳥肌が立つのは寒いから? Avete la pelle d’oca pre il freddo?」

2017-01-siena03こんにちは。日本でもイタリアでも厳しい寒さが続いていますが、みなさんお元気ですか?

まだまだ冬真っ盛りですが、少しずつ日が長くなってきたのはささやかながら嬉しいですね。

さて、2017年度は、シエナの「コントラーダ」からインスピレーションを受けて、動物とイタリア語をテーマにしたお便りをお送りしていきたいと思います。本年最初のお便りは、酉年にちなんでオーカ( Oca )のコントラーダからガチョウにまつわるお話しです。

シエナのコントラーダとは?

2017-01-siena04コントラーダ contrada とは、シエナの町にある17つの区域のこと。これらのコントラーダは、パリオ祭の馬のレースで熾烈に競い合うことで有名です。

もともと、シエナの旧市街は3つの丘に沿うように発展してきました。それぞれの丘をもとに、町は「イ・テルツィ( i terzi )」と呼ばれる3つの区画( Terzo di Città 、 Terzo di San Martino 、 Terzo di Camollia )に分かれています。この3区画はさらに細分化され、17の区域に分かれます。この17つの区域こそが、ほかならぬコントラーダなのです。

各コントラーダにはシンボルとなる生物、モノ、現象があり、その名前がコントラーダ自身の名前になっています。長い歴史の中でさまざまな変遷を遂げ、現在のシエナには以下17のコントラーダが存在しています。

Aquila (ワシ)、Bruco (イモムシ)、Chiocciola (カタツムリ)、Civetta (フクロウ)、Drago (竜)、Giraffa (キリン)、Istrice (ヤマアラシ)、Leocorno (ユニコーン)、Lupa (雌オオカミ)、Nicchio (貝)、Oca (ガチョウ)、Onda (波)、Pantera (ヒョウ)、Selva (森)、Tartuca (カメ)、Torre (塔)、Valdimontone (雄羊)

大雑把な言い方をするとコントラーダはいわゆる「町内会」に似ていますが、各コントラーダはそれぞれ守護聖人を祀り、集会場、博物館、教会などを保有しています。その機能はシエナの人々の生活に深く大きな影響を与えています。

オーカ Nobile contrada dell’Oca

2017-01-siena01このようなコントラーダの中で、パリオ祭優勝の最多記録を持つのが「オーカ( Nobile contrada dell’Oca )」。白いガチョウを中央に据えた緑、白、赤の旗がトレードマークです。

コントラーダのシンボルである oca (ガチョウ)は、頭に王冠を戴き、首に水色のリボンでサヴォイア家の十字をかけています。

モットーは「 Clangit ad arma 」。「武器を持て、戦闘態勢につけ」といった意味で、「カンピドリオのガチョウ」というローマの古い伝承に由来しています。

古代ローマのエピソード「カンピドリオのガチョウ」

2017-01-siena05

紀元前4世紀末、ローマはガリア人に占領されました。戦いを続けたローマ人は、最後の砦となったカンピドリオの丘に籠城します。カンピドリオの食料は底をつきはじめましたが、人々は女神ユノーの聖獣であったガチョウだけは食べずにいました。

そして、ついにガリア人がカンピドリオに攻め入ってくるという瞬間、1羽のガチョウが突如けたたましい鳴き声をあげます。

それに目を覚ました元執政官マルクス・マンリウスは現場に急行し、仲間とともにガリア人の侵入を防ぐことができたのです。

イタリア語の Oca ということば

2017-01-siena02

さて、現代イタリア語の oca という言葉は、厳密には雁や鴨などカモ科の鳥の総称ですが、普段の会話ではガチョウのことを指します。

その語源はラテン語。「鳥」という意味の名詞 avis に縮小辞が付いて、 avica (小さい鳥)となり、さらに auca の形を経て、イタリア語の oca となりました。

ラテン語には、「ガチョウ」を意味するもっと古いことば anser がありました。こちらはインド・ヨーロッパ祖語の*hanserから派生していて、例えば英語のgoose も同じ語源に辿りつきます。現在のイタリア語では、 anserino という形容詞(医学用語)などにその形をとどめています。

また、イタリア語にはもう1つ「若いガチョウ」を意味する名詞 papero/ papera があります。ガチョウの鳴き声に由来する擬音語から生まれた名詞で、 縮小辞をつけて paperino とすると「小さなガチョウ」となり、最初の p を大文字にして Paperino (パペリーノ)と書くとディズニー・キャラクター「ドナルド・ダック」のイタリア名になります。

ガチョウ oca を用いた表現いろいろ

ガチョウは昔から人間に馴染みのある鳥なので、イタリア語には oca ということばを使った表現が色々あります。例えば、「 pelle d’oca 」と言えば「鳥肌」のこと(ちなみに、専門用語では先ほどのanserino という形容詞が用いられ「 cute anserina 」となります)。「 Quella storia mi fa venire la pelle d’oca! (あの話しには身の毛がよだつ!)」という具合に、寒さだけでなく恐怖からくる鳥肌のことも指します。

また、教養のかけらもないような表面的で傲慢な人(特に女性)を oca と表現したりします。「 Capisci meno di un’oca (君はガチョウ以下の理解力だな!)」とか、「 Che oca quella donna! (なんて浅はかな女なの!)」という感じで使われます。

ガチョウのうるさい声から「 gridare come un’oca (ガチョウのようにがなり立てる)」という表現もあります。さらにその様子を女性のおしゃべりになぞらえて、「 Due donne e un’oca fanno un mercato (女2人とガチョウがそろえば市場の喧騒)」といった諺もあります。中世のラテン語には、すでにこれに似た諺があったというのですから驚きです。

酉年は動きの大きい変化の年と言われます。鳥肌の立つようなポピュリズムの台頭が著しい昨今ですが、ガチョウのがなり声のように私たちを取り囲む post-verità (ポスト・トゥルース)に惑わされることなく、私たち一人ひとりが健全に前へ進める1年となりますように!

ダンテ・アリギエーリ シエナ
ヴァンジンネケン玲

La terra di Saturno サトゥルヌスの国、イタリア

2016-11-01-siena皆さん、こんにちは。だんだんと夜が長くなり、朝晩の冷え込みも厳しくなってきました。お元気にお過ごしですか?

さて、早いもので今年も残すところ1か月とわずか。惑星をテーマにお届けしていた本年度のお便りもあっという間に最終回となってしまいました。今回11月はイタリアと深い関係のある土星 Saturno を取り上げ、2016年度のお便りを締めくくりたいと思います。

土星は、「太陽系の宝石」とも呼ばれる美しい惑星。前回のテーマ木星と同じく、巨大ガス惑星に分類されています。土星は地球の約315倍の大きさ。自転によりつぶれた球形で、表面にはアンモニアの雲による縞模様が見えます。北極周辺には六角形の雲の波紋があり、つい最近は、探査機カッシーニの観測に基づいてその色の変化が伝えられました。

2016-11-02-siena土星の姿で特徴的なのは、周りにまとっている環(リング)。主に大小さまざまな氷の粒子から構成されているこの環は、驚くほど大きく、驚くほど厚さがありません。初めて土星の環を観たのはイタリアの天文学者Galileo Galilei (ガリレオ・ガリレイ)ですが、ガリレオはそれが環であることを認識できませんでした。当時の望遠鏡の性能に限りがあり、土星の公転によって環が見えづらくなる時期が観測期間に含まれていたため、姿を現したり消したりする土星の環の正体をつかむことができなかったのです。ガリレオの謎は約半世紀後にオランダの天文学者ホイヘンスが解明し、1675年にはイタリア生まれの天文学者Giovanni Cassini (ジョヴァンニ・カッシーニ)が複数からなる土星の環の構成を発見しています。

2016-11-03-siena土星の周りには環だけでなく数多くの衛星もあります。現在までに発見された数は62。土星の衛星には神話に登場するタイタン族の名前がつけられていましたが、20世紀に名前が尽きてしまい、それ以降はギリシア神話やローマ神話の巨人族の名前、イヌイットやケルト神話の神の名前など、世界各地の神話に因む名前が付けられています。土星の衛星には、タイタンやエンケラドゥスのように生物が自然発生する可能性が極めて高い環境の星があり、現在も科学者たちから熱い注目を集めています。

黄色く空に輝く土星は肉眼でも見ることができることから、古代からよく知られていた惑星の1つでした。メソポタミアやヘブライなど多くの文化で、土星に神の名が付けられました。古代ギリシアでは、太陽から遠く運航が遅い土星に年老いた神クロノス(最高神ゼウスの父)の名がつけられました。イタリア語のSaturno (土星)もその名残で、クロノスと融合した古代ローマ神話の神Saturno(サトゥルヌス)のラテン語名 Saturnus に由来しています。

2016-11-04-sienaイタリアは、この神 Saturno と深い絆のある土地。イタリア語で terra saturnia (神サトゥルヌスの地)というと、「イタリア」のことを指します。サトゥルヌスと同一視されたギリシア神話のクロノスは、自分の息子ゼウスにオリンポスを追われてイタリアに亡命します。クロノス、つまりサトゥルヌスが亡命後に王となって治めた地がイタリアであるというわけです。また、現在イタリアの州名である Lazio は、ラテン語で「隠れる」を意味する動詞 lateo が語源。クロノスが逃げてきた場所であることからついた名前です。

神サトゥルヌスの語源は「種をまく」という意味の動詞の過去分詞 satus と言われ、その名の通りサトゥルヌスはもともと農耕を司る神でした。しかし、その一方で不吉な神としての顔もあったため、土星は人間にネガティブな影響を及ぼす「夜の太陽」とも考えられていました。中世の医学や占星術では、土星は人々を瞑想や観想に没頭させ、憂うつな気分や狂気に向かわせる影響があるとしていました。イタリア語の形容詞 saturnino が、「土星の、サトゥルヌスの」という意味のほかに「陰気な」という意味を持つのは、そのためです。

農耕神サトゥルヌスを祀る Saturnalia (サトゥルナーリア祭)は、12月17日から数日続いた古代ローマの祭典。カーニバルのような社会的役割の入れ替え、仮装、贈り物などをして人々は盛大に祝い、親戚や友人と囲む豪華な宴はどんちゃん騒ぎ、鯨飲馬食の「狂宴」だったと言われています。

2016-11-05-sienaもうすぐ12月。忘年会シーズンも始まり、忙しない年の瀬が近づいてきます。 Saturnalia で胃腸に負担をかけたり、 Saturno の陰鬱な影響を受けることなく、皆さんの大切な方と楽しく幸せな年末をお迎えください!

ダンテ・アリギエーリ・シエナ
ヴァンジンネケン 玲

L’avvenire giace sulle ginocchia di Giove 未来は神のみぞ知る

こんにちは。皆さん、お元気ですか?朝晩はだいぶ涼しくなり、暦の上でもあっという間に秋になりました。イタリアでは9月の中旬からいよいよ新学期が始まりました。今月はお便りのテーマも心機一転して、今まで登場した3つの惑星とは違うタイプの惑星、木星Gioveをテーマにお送りしたいと思います。

giove-4satelliti

太陽系の惑星にはいくつかの分類方法がありますが、今までに取り上げた水星、金星、火星は「地球型惑星」と分けることができます。岩石や金属を主成分とする比較的小さな惑星で、その名の通り地球もこのタイプの惑星です。

一方、今回のテーマの木星はガスを主成分とする巨大な惑星で、土星とともに「巨大ガス惑星」に分類されます。ついでながら、巨大で主成分がメタンを含む氷や水である天王星と海王星は、「巨大個体惑星」と分類されます。
giove-2giove-e-terra
木星は、太陽系の巨大惑星の中でも一番大きな惑星です。直径は地球の約11倍、大きさは地球約1300個分にもなりますが、主に水素(約90%)とヘリウムの軽い気体でできているため重さはそれほどありません。約10時間とものすごいスピードで自転しているため、時速650kmもの風が吹き、遠心力で少しつぶれたような形をしています。

木星の表面には太い縞模様と、大赤斑と呼ばれる渦巻き模様のような点がありますが、これを初めて発見したのはイタリア生まれの天文学者Giovanni Cassini(ジョヴァンニ・カッシーニ)で、カッシーニは1660年に望遠鏡で木星を観察したと言われています。

giove-1cosimoイタリアの天文学者と言えば、お馴染みのGalileo Galilei(ガリレオ・ガリレイ)。木星には60を超える衛星がありますが、ガリレオは大型衛星を4つ発見しています。

1610年に発表した『Sideres Nunncius(星界の報告)』の中で、トスカーナ大公Cosimo II de’ Medici(コジモ2世・ディ・メディチ)に敬意を表してこれら4つの衛星を「Cosmica Sidera(コジモの星々)」と名づけました。

その後大公の意向で「Medicea Sidera(メディチ家の星々)」と改名された4つの衛星は、現在「satelliti medicei(メディチ衛星)」、「satelliti galileiani(ガリレオ衛星)」と呼ばれています。

ガリレオはそれぞれの衛星に名をつけなかったため、1614年にドイツの天文学者シモン・マリウスが命名したIo(イオ)、Europa(エウロパ)、Ganimede(ガニメデ)、Callisto(カリスト)が現在の呼称となりました。ちなみに、ガリレオにとって木星の衛星発見が地動説を支持する根拠の一つとなったことは言うまでもありません。

giove-6iuppiterさて、現代イタリア語では木星をGioveと呼びます。太陽系最大の惑星には、ローマ神話の偉大な天の神Iuppiter(ユピテル)の名がつけられています。

イタリア語のGioveは、ラテン語Iuppiterの対格ioveの形から派生したため、形が大きく異なっています。ローマ神話のユピテルは、ギリシア神話のZeus(ゼウス)に当たり、どちらも悠久の昔に共通の語源を持っています。その語源は、古代インドの天空神Dyaus(ディヤウス)や北欧神話の軍神Tyr(テュール)にも共通する「*Dyēus(光り輝く天の神)」というインド=ヨーロッパ祖語の言葉です。

それと大きく異なる形をもつIuppiterという単語は、神に呼びかけるときの呼格「*Dyēu-pəter (父なる神よ)」から派生しました。

2016年7月に木星探査機ジュノーは約5年に渡る航海を終えて木星に到着しました。来たる10月からは本格的な観測を開始し、太陽系形成に深くかかわったと考えられる木星の誕生とその歴史を解明すべく、多くの期待が寄せられています。ジュノーの名は英語でJupiter Near-Polar Orbiterの略ですが、ローマ神話のユピテルの妻ユーノー(英語名Juno)の名前ともかけられています。

木星は、夜空に明るく輝くことから「夜半の明星」とも呼ばれ、地球型惑星と同様に古くから人類に親しまれてきました。イタリア語の形容詞gioviale(にこやかな、感じのいい)は、「木星の影響で人々が快活で幸せになる」と信じられていた古代の迷信からできた単語と言われています。
giove-5dante
詩人Dante Alighieri(ダンテ・アリギエーリ)は『Convivio(饗宴)』で木星を芸術、幾何学と結び付け、また、熱い火星と冷たい土星の間にあることから「stella di temperata complessione(慎みのある星)」と呼びました。

『Divina Commedia(神曲)』では天国界の「第六天」を木星天とし、正義の美徳を象徴する場所としました。木星天では、正しい行いをした賢者たちの魂が歌いながら空を舞い、光り輝く文字で「Diligite iustitiam qui iudicatis terram (Amate la giustizia voi che giudicate il mondo、 世界を裁くものたちよ、正義を愛せよ)」と天空に綴ります。

不穏なニュースの絶えない昨今、世界中で先の見えない未来に不安が広がっています。イタリアには「L’avvenire giace sulle ginocchia di Giove(未来は神のみぞ知る)」ということわざがありますが、人事を尽くして天命を待つ、私たち一人ひとりが毎日できる限りのことをして、心穏やかに過ごせる平和な未来を願いたいものです。

ダンテ・アリギエーリ・シエナ
ヴァンジンネケン 玲

Venere, pianeta d’amore 愛の惑星、金星

暑中お見舞い申し上げます!皆さん、いかがお過ごしでしょうか。さて、シエナでは恒例のパリオ祭のシーズンとなり、暑い、そして熱い夏に突入しました。ホットな7月のお便りは、太陽系で一番熱い惑星、金星Venereをテーマにお送りしたいと思います。

2016-07-siena01金星は太陽系で最も熱く、そして最も明るく輝く惑星です。地球から観察できる一番明るい恒星はシリウスですが、金星は最大でその12倍にあたる明るさで瞬き、太陽や月のように昼間も肉眼で観察できることがあります。

天空できらきらと光る金星は古代から人類を魅了し、東西の文化に多大な影響を与えてきました。例えば、楔形文字で書かれたバビロニアの古い文献には金星の太陽面通過の観察記録が残され、金星はメソポタミア神話の愛と戦の女神イシュタルの名前で呼ばれていました。また、マヤのように金星の軌道計算を組み込んだ複雑な暦を発達させた文明もありました。

日本語では金星を「明けの明星、宵の明星」とも表現しますが、古くから「あかほし、ゆふつづ」と二つの名前でも呼んでいます。世界には、夜明けと夕暮れの金星を2つの異なる星であると考えていた文明がたくさんありました。

古代中国では明けの明星を啓明、宵の明星を長庚と呼び分けたり、ピタゴラス以前のギリシアではポースポロス(Phosphoros)、ヘオースポロス(Heosphoros)と呼んだりしていました。古代ローマではギリシア語からそれぞれLucifer、Hesperusとラテン語に訳され、のちにイタリア語で明星を指す文学用語Lucifero、Esperoとなっています。
2016-07-siena02
現代イタリア語で金星はVenereです。古代ローマの愛と美の女神ヴィーナスVenusに由来し、空に光り輝く端麗な姿からその名がつけられたと言われています。女性のシンボルマークとしても使われている「♀」は、もともと天文学で使われる金星のシンボルで、ヴィーナスの手鏡が基になっています。

優美に輝く金星は、大きさや重さが地球と似ていることから地球の双星とも呼ばれる惑星です。しかしその環境は地球とはまったく異なり、現在も観測が困難とされている惑星の一つです。

金星は大気圧がとても高く、濃硫酸の雲で覆われています。大気は約96%が二酸化炭素、3.5%ほどが窒素で構成され、二酸化炭素による温室効果で地表の平均温度は約470℃にも上ります。

自転のスピードは地球の243日にあたり、公転のスピード(224.7日)より遅いため、金星の1日は1年よりも長いことになります。また、太陽系で唯一逆の方向に自転している惑星なので、金星では太陽が西の空に昇り、東に沈みます。
2016-07-siena04
さて、望遠鏡を使って最初に金星を観察したのは、イタリアが誇る天文学の父ガリレオ・ガリレイでした。1610年末にケプラーへ宛てた書簡には、金星が「 va mutando le figure nell’istesso modo che fa la Luna… (月と同じようにその姿を変えている)」と記され、ガリレオは金星の満ち欠けを世界で最初に観察したとされています。

そして、金星の大きさが変化することから地球と金星の距離は一定でないとし、地球と太陽の間に位置する金星は太陽の周りを動いていると唱えました。さまざまな天体の観測を通して地動説に言及したガリレオは、当時の教会勢力から異端とみなされて宗教裁判にかけられています。宇宙の真実を科学的に探求するガリレオのひたむきな情熱は、まさに星々の輝く天空のように壮大なロマンでした。

今月はロマンチックな夜空のお祭り、七夕の月。織姫様や彦星様も、愛の惑星Venereの輝きを眺めながら夜空で楽しく語らったのかもしれません。梅雨も明けぬ暑いあつい夏ですが、雲のない夜は星空を眺めながら愛する人と夕涼み、という粋な暑気払いはいかがでしょうか。

ダンテ・アリギエーリ・シエナ
ヴァンジンネケン 玲

Mercurio, figlio di Maia (水星の母は5月の女神)

2016-05-paesaggioこんにちは。爽やかな緑の季節、いかがお過ごしですか?ゴールデンウィークで心身ともにリフレッシュなさったでしょうか?新緑まぶしい5月にちなみ、今回のお便りは水星Mercurioをテーマにお送りしたいと思います。

イタリア語に親しい皆さんがご存知の通り、現代イタリア語では5月をmaggioと呼びます。その語源は、古代ローマ神話の春と豊穣の女神マイアMaiaに遡ります。メーデーのもとになった5月1日は女神Maiaの祭りに由来し、その際に豚を生贄としてささげていたことからイタリア語のmaiale(豚)も女神の名から派生したのではないかと言われています。そして、女神Maiaは水星を司る神メルクリウスMercurioの母親。そのため、詩人ダンテ・アリギエーリは水星をMaiaの別名でも詠っていました。
2016-05-Carta Mercurio
水星は、現代イタリアではMercurioと呼ばれています。水星は古くから人類に馴染みのある星で紀元前3000年ごろには発見されており、古代ギリシアでは水星が太陽の周りを早く回ることから足の速い神ヘルメスの名がつけられました。ギリシア神話のヘルメスがローマ神話のメルクリウスに当たるように、水星はラテン語でMercuriusとなり、イタリア語でMercurioとなりました。ラテン語のMercuriusは商人を意味するmerxやmercatorから派生したとされ、色々な役割を担う神メルクリウスは、商売、交換、泥棒、雄弁などをつかさどる神であり、また神々の使者とされていました。多くの彫刻や絵画では、羽の生えたサンダルや帽子を身に着け、使者の杖を持った姿をしています。また、イタリア語で水曜日を意味するmercoledìは、ラテン語のMercŭrī dies(メルクリウスの日)から生まれています。
2016-05-Giuseppe Colombo
さて、水星は太陽系で最も小さく、最も太陽に近い惑星です。水や空気はほとんどありません。ゆっくりと自転していることもあり、地表の温度は激しく上下します。日の当たる昼間は摂氏400度以上になり、夜は-160度まで下がると言われています。イタリアの天文学者Giuseppe Colombo(1920-1984)が発見した水星の公転と自転の関係はとても興味深く、それをもとに計算すると、夜明けから次の夜明けまでにあたる水星の1日は、太陽の周りを一周する水星の1年の2倍の時間がかかります。つまり、水星の1日を過ごすと2年が経過していることになるのです。

2016-05-pianeta mercurioまた、水星の表面には、彗星や隕石が衝突を繰り返したため多くのクレーターがあり、探査機「マリナー10号」が1970年代に撮影した姿は月にそっくりです。水星はいまだに多くの謎に包まれているため、来年打ち上げ予定の日欧共同水星探査ミッションには大きな期待が寄せられています。2017年1月に打ち上げ、2024年から約2年にわたって観測を行う予定とされているこのミッションは、先述の科学者Giuseppe Colomboの愛称にちなみ「BepiColombo」と命名されています。

イタリア語の単語mercurioには、水星や神メルクリウスのほかに水銀という意味もあります。語源には諸説あり、錬金術で水星が金属をつかさどることにちなんだ、神々の間を行き来する使者メルクリウスと水銀の滑らかな動きが結び付けられた、などと考えられています。水銀はargento vivoとも呼ばれ、「avere l’argento vivo addosso」という表現で使うと、エネルギー溢れる子供のように「じっとしていられない、いつも動き回っている」状態を表します。2016-05-bambina

私たちも水銀のように走り回る子供を真似て元気に動いたら、五月病もなんのその、憂うつな気分もどこかに飛んでいってしまうかもしれませんね。どうぞ素敵な初夏をお迎えください。

ダンテ・アリギエーリ・シエナ
ヴァンジンネケン 玲

Marzo pazzarello guarda il sole e prendi l’ombrello(気まぐれ三月、お日さまを見て傘を出す)

2016-03-siena01こんにちは。皆さん元気にお過ごしですか?少しずつ春めいてきた今月は、桃の節句、春分、復活祭Pasquaと、季節のイベントが盛りだくさんですね。本年度は太陽系の惑星をキーワードにしたブログをお届けしていますが、第2回目は3月の神様にちなんで火星Marteをトピックにお便りします。

2016-03-siena02火星は、裸眼で見ることができる5つの惑星の一つとして古代から人類に親しまれてきました。太陽系の惑星の中では2番目に小さく、地球の半分程度の直径の星です。酸化鉄を含む土壌のために赤褐色の表面をしています。砂漠のような風景や四季があることなど、地球と類似点の多い火星には、過去に水や厚い大気があったと言われています。

現在の火星は人間の住める環境ではないものの、その環境を地球化する計画もあり、小説や映画に出てくるような火星への移住もそう遠くない未来に実現するのかもしれません。

火星の研究には、多くのイタリア人が貢献してきました。17世紀のガリレオGalileo Galileiは、初めて望遠鏡を使って火星を観察した研究者の一人です。また、ジェノヴァ共和国出身のカッシーニGiovanni D. Cassiniは、宇宙探検前の火星研究の第一人者です。19世紀後半には、スキアパレッリGiovanni V. Schiaparelliが火星表面の緻密な地図を作りました。

2016-03-siena03 2016-03-siena04 2016-03-siena05

さて、日本語の「火星」という名は、古代中国の五行説に由来しています。五行の哲理では万物の元素を木、火、土、金、水とし、古くから知られていた5つの惑星もそれぞれの特徴にちなんで各元素が割り当てられました。火星はその赤い色から火の元素に属する星とされ、「火星」と呼ばれるようになりました。また、古代中国では火星を災いの前兆の星とみなし、「螢惑」の別名で呼ぶこともありました。

2016-03-siena06一方、現代イタリア語では火星は「Marte」と呼ばれています。惑星Marteは古代イタリアとローマ神話の軍神マルス(Marte)の星とされていたことから、その名がつけられました。もともとの名前の由来は、バビロニアの天文学者たちが、火、破壊、戦争の神である「Nergal」の名で火星を呼んだことに遡ります。

その後、ギリシア神話の神アレスとNergalが同一視され、火星はギリシアで「Aeros aster(アレスの星)」と呼ばれるようになります。(火星には小さな衛星が2つあり、アレスの子供フォボスFobosとダイモスDeimosの名前がつけられています。)続いて軍神マルスとアレスが同一視され、火星はローマで「Stella Martis」と呼ばれ、さらにシンプル化してMarsとなり、イタリア語の火星「Marte」となりました。

軍神マルスは古代イタリアやローマでとても人気のあった神さまで、色々な言葉の由来になっています。例えば、ローマを建国したロムルスは軍神マルスの息子であるため、古代ローマ人は自分たちのことを「figli di Marte」と呼んでいました。

イタリア語の3月「marzo」も、ラテン語の「Martius mensis(マルスの月)」から生まれています。軍神マルスの月marzoは古代ローマでは1年の始まりとなる聖なる月で、色々なお祭りが執り行われていました。そして、3月は春の始まりとともに戦争の始まる月でもありました。

また、占星術などで惑星Marteを表すシンボル「♂」も、軍神マルスの盾と槍をもとに作られたと言われています。このシンボルは、生物学では軍神マルスにちなんで「男性」を表したり、錬金術では酸化鉄の赤が火星と同じために「鉄」を表したりします

2016-03-siena07イタリア語では、お天気の変わりやすい3月を「marzo pazzo」や「marzo pazzarello(狂った3月)」と表現することがあります。また、そこから派生して「è nato di marzo(あいつは気分屋の変人だ)」という表現も生まれています。英語の「Mad as a March hare(3月ウサギのように気が変だ)」という成句もあるように、3月は春の訪れに心ときめき、どこか落ち着かない月なのかもしれませんね。

寒くなったり温かくなったりする忙しない時季ですが、皆さんどうぞお元気に春をお迎えください!

ダンテ・アリギエーリ・シエナ
ヴァンジンネケン 玲

E pur si muove! それでも地球は動いている!

こんにちは。皆さんお元気ですか?どのような新年のスタートをお迎えになったでしょうか?早いもので2016年に入りもう1ヶ月が過ぎようとしています。

さて、本年度のお便りは、少し視点を変えて私たちの住む世界から遠く離れた場所、太陽系の惑星をキーワードにお届けします。暗いニュースの目立つ近年ですが、太陽に照らされて夜空に光る惑星にあやかり、私たちの2016年も明るく輝くるよう願いを込めてお便りしたいと思います。

pianeti terrestri nasa

ptolemaios現代イタリア語で惑星を意味する名詞はpianeta。ラテン語のplanētaから派生してできた言葉ですが、もともとはギリシア語で「さまよい行く」という意味の動詞planáōから生まれています。古くは空を移動しているように見えた天体の総称で、惑星だけでなく太陽や月も含んでいました。

古代ギリシアの天文学者プトレマイオスは地球を宇宙の中心とする天動説を唱え、地球から近い順に、月、水星、金星、太陽、火星、木星、土星、恒星と並んでいると考えました。

詩人ダンテ・アリギエーリはこの宇宙観に則り、『神曲』の中で天国界の第1~8天までを月天、水星天、金星天、太陽天、火星天、木星天、土星天、恒星天としています。

古代から地動説を唱える学者はいたものの、近代までは地球を中心とする天動説が広く信じられていました。プトレマイオスの天動説に決別し、太陽を中心とした惑星の体系を唱えて旧来の宇宙観を転回したのは、ポーランドの天文学者コペルニクスです。世界の認識に大転換を与えた地動説は社会に大きな波紋を投じました。

天文学の父と呼ばれるガリレオ・ガリレイは、コペルニクスの地動説を支持したために17世紀に宗教裁判にかけられています。sistema copernicoガリレオは地動説を放棄する宣誓をした後で、「E pur si muove!(それでも地球は動いている)」と独りごちたと伝えられています。

皆さんもご存じの通り、現在は太陽のまわりを回る惑星は地球を含めて8つとされています。私たちの住むTerra(地球)をのぞく7つの惑星は、Mercurio(水星)、Venere(金星)、Marte(火星)、Giove(木星)、Saturno(土星)、Urano(天王星)、Nettuno(海王星)と、イタリア語ではローマ神話の神々の名前がつけられています。地球にだけ神さまの名前がつかなかったのは、天と地、神と人間を分けていた古代の世界観の反映と言えるでしょう。

terra nasa

クリスマス休暇から職場や学校に戻り一段落する1月後半あたりは、最近のヨーロッパでは1年で最もナーバスな気分に陥りやすい時期とされているとか。E pur si muove! 私たちの一喜一憂にお構いなく宇宙で回り続ける地球や惑星を思うと、悩みや不安もずいぶんと小さく感じられるかもしれませんね。

ダンテ・アリギエーリ・シエナ
ヴァンジンネケン 玲

Chi ha carità, carità aspetti 愛ある人を愛が待つ

こんにちは。あっという間に12月となり、今年も終わりに近づきました。一年で最も忙しない月ですが、皆さんお元気にお過ごしですか?シエナの町はクリスマスのイルミネーションが輝き、愛する家族や友人へのプレゼントを抱えた人々が足早に行き交っています。
albero natale natale ornamento regali natalizi

今年最後のお便りは、このシーズンにピッタリの美徳carità(愛)をテーマに締めくくりたいと思います。
carità in buon governo
愛の美徳caritàは、西洋世界では古くからfede(信仰)、 speraza(希望)の徳とともに3つの神学的徳として尊ばれ、その中でも一番大切な徳であるとされてきました。

ロレンツェッティのフレスコ画『Allegoria del Buon Governo(善政の寓意)』の中では、頭に冠を戴き、手に燃え盛る心臓と矢を握る天使の姿で描かれています。擬人化されたシエナ共和国の頭上に羽ばたくCaritàは、Sapienza Divina(神の英知)と共に絵の最上位に配置され、町の繁栄には博愛の精神が何にも増して肝要であると説いています。

ロレンツェッティと同時代を生きたシエナの守護聖人の一人、サンタ・カテリーナは、「Tutti i vizi sono conditi dalla superbia, si come le virtù sono condite e ricevono vita dalla carità(すべての悪徳はおごりの香りがするけれど、すべての美徳は愛から生まれ、愛の香りがする)」 と言っています。

carità fanciullaロレンツェッティの描いたCaritàは古典的な姿をしていると言われますが、絵画や彫刻などの芸術作品の中では、キリスト教美術の伝統に則って擬人化された、幼子たちに授乳する若い娘の姿をしたCaritàをよく目にします。

 

例えば、ジョットがパドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂に描いたCarità。果物と花の盛られた籠を右手に持ち、左手で神さまからお金の入った袋を受け取っている若い娘の姿は、cartàが自らを養い他人を助ける術であり、愛に満ちた人は神さまから必要なものすべてを受け取る、という寓話を表しています。carità giotto

 
イタリア語のcaritàは、形容詞caro(愛しい)と同じ語源を持っています。ギリシア語のchàris(優美)を模倣してラテン語の形容詞carus(愛しい)が生まれ、そこからラテン語の名詞caritas(愛、博愛)が派生し、イタリア語のcaritàとなりました。英語のcareや charityなども同じ語源です。イタリア語のcaritàには、博愛、慈愛、隣人愛などにあたる「愛」いう意味があるほか、charityのように「慈善」という意味もあります。例えば、「chiedere la carità(施しを乞う)」や 「fare la carità(施しをする)」という具合です。また、間投詞的に「Per carità!」と言うと、「無理無理!何馬鹿なこと言っているの!ちょっと、やめてよ!」と否定的な表現になります。

 

 
今年は非情なテロ事件が頻発し、世界に大きな影を落としました。そして、ヨーロッパではさらなる極右の台頭、日本では憲法第9条の改正と、世界の平和が脅かされていることを実感する一年でした。愛だけで世界を救うのは難しいかもしれませんが、古人は何百年もの昔からcaritàが平和な社会の繁栄に欠かせない徳だと私たちに伝えています。大切な家族や友人たちと過ごす行事があまたの年末年始は、愛について思いを巡らす最高の機会です。皆さんの周りに愛が溢れる時となりますように。どうぞ素敵なクリスマスと良いお年をお迎えくださいませ。

ダンテ・アリギエーリ・シエナ
ヴァンジンネケン 玲

La temperanza è la madre della sanità 節制は健康の母

Vetrina

 

こんにちは。例年になく温かい秋ですが、皆さん元気にお過ごしですか?ハロウィーンをテーマに彩られた町にはカボチャや栗など旬の野菜が並び始め、ワインやオリーブオイルの初物が待ち遠しい季節になりました。秋は、文化、運動、行楽と何をするにも気持ちのいい時季ですが、食欲も一段と旺盛になってきます!今月のお便りはtemperanza(節制)の美徳を取り上げたいと思います。

 

節制の美徳temperanzaは、古くから西洋で重要な徳目とされてきました。本年度のテーマ、アンブロージョ・ロレンツェッティのフレスコ画『Allegoria del Buon Governo(善政の寓意)』中でも、擬人化されたTemperanzaが四元徳の一つとしてGiustizia(正義)、Prudenza(賢明)、Fortezza(剛毅)とともに描かれています。女性の姿をしたTemperanzaは手に砂時計を持ち、知恵をつかってバランスよく時間を使うよう人々に諭しています。思慮によって衝動を抑えて自らを律し、自然の欲求や必要をバランスよく満たしながら暮らすことで、健全な思考や調和が生まれると教えています。

F

イタリア語のtemperanzaは、ラテン語のtemperantia(節制)から生まれた言葉です。語源をさらに遡ると、ラテン語tempus(時間)から動詞temperare(控える)が派生し、その現在分詞から名詞temperantiaが生まれています。もともとtemperareには「混ぜて正しい割合にする」という意味があり、特に古代ローマの風習であった「ワインに水を混ぜてちょうどよい強さにする」ことを表していました。タロットカードや芸術作品の中では、水差しや瓶や杯を手に持ち、温かい水と冷たい水、ワインと水を混ぜているTemperanzaの姿がよく見られます。
動詞temperareには、ほかにも「毒を調合する」、「色を薄める」といった使い方がありました。そこから、絵画技法のtempera(テンペラ)という言葉も生まれています。例えば、una parete affrescata a temperaは「テンペラ技法で描かれたフレスコ装飾の壁」と技法を意味し、una tempera di Leonardoは「レオナルド作のテンペラ画」と作品自体を意味します。Affresco LeonardoTemperanza Pollaiolo

 

 

 

 

 

イタリアの多くのことわざもtemperanzaの大切さを伝えています。La temperanza allunga la vita(節制は長生きのもと)、La temperanza è la madre della sanità(節制は健康の母)、La temperanza è la miglior medicina(節制は最良の薬)、La temperanza è la salute dell’anima e del corpo(節制は心と体の健康)などがあり、temperanzaが心身を健やかに保つ秘訣とされてきたことが窺えます。
昭憲皇太后は、「春の花 もみぢの秋の さかづきも / ほどほどにこそ くままほしけれ」と、節制を題に和歌を詠まれたそうです。

腹八分目に医者いらず、天高く馬肥ゆる季節もしっかりとtemperanzaの美徳を胸に刻み(!?)、心も体も健康的に秋の味覚を嗜みたいものです。

PENTAX Image

ダンテ・アリギエーリ・シエナ
ヴァンジンネケン 玲

Santa pace! いい加減にしてよ!

paceこんにちは。お盆も過ぎ、記録的な猛暑の続いたこの夏もそろそろ終わりに近づいてきました。急に涼しくなってきましたが、皆さん元気にお過ごしでしょうか?残りわずかとなった今月は、原爆の日や終戦記念日、各地で開かれる平和記念式典と、多くの日本人が過去の戦争や平和について強く思いをはせる月でした。今回はpace(平和)という美徳をキーワードにお便りしたいと思います。

今年度のお便りのフレームになっている14世紀のフレスコ画『Allegoria del Buon Governo(善政の寓意)』。そこには、シエナ共和国発展のために必要なさまざまな美徳が描かれていました。西洋文明の伝統にのっとって宗教的、哲学的な徳が多く描かれる中、ひときわ大きな存在感を示していたのが世俗的な徳ともいえるpaceの擬人化された姿です。当時のシエナでは、不要な戦争は町の繁栄を脅かすものであると捉えられていました。前回のお便りでも触れたイタリアの諺「La pace e la concordia hanno edificate tutte le città(平和と調和がすべての町を築いた)」の通り、ロレンツェッティのフレスコ画は「平和あってこそ真の繁栄がある」と、paceの重要性を強調していました。

 

eireneイタリア語で平和を意味するpaceという単語は、古代インド=ヨーロッパ語に遡る古い語源を持ち、ラテン語のpax(平和)という単語を経て生まれました。paceと同じ語幹*pak-、 *pag-からは、「契約」を意味するpatttoという単語なども派生しています。大文字でPaceとすると、ギリシア神話の女神エイレーネーにあたる平和の女神を表します。

平和を意味するpaceには、たくさんの成句や使い方があります。例えば、少し昔に使われていた「Pace e bene」や「La pace sia con voi」という別れの挨拶。もともとは「平穏無事でありますように」という意味がありました。現在のイタリアで日常的な挨拶としては使われませんが、宗教関係者の間で交わされる挨拶や若者がふざけて大げさにする挨拶として耳にすることがあります。一方、ケンカ中によく聞こえてくるのは「Lasciami in pace!(もう放っておいてよ!)」、「Santa pace! (もうたくさんだ!)」といった表現。また、「Dammi mille yen e siamo pace(千円くれたらそれでチャラだ)」といったように、トランプなどのゲームの引き分けや、友達同士の貸し借りがない状態のことを表したりもします。

bandiera-paceさて、平和を訴えるデモや集会などでよく掲げられる7色の平和の旗をご存知ですか?現在世界中で使われているこの旗は、実は1960年代にイタリアで生まれました。イギリス発祥のピースマークの旗に影響を受けて作られたと言われ、虹の7色は神様が約束した平和の証や多様性を認める統一を象徴しているとされています。配色はゲイパレードなどで使われる虹の旗とは上下逆さで、上から紫、青、水色、緑、黄色、オレンジ、赤となっています。イタリアでは2002年から飛躍的に知名度の上がった旗で、イラク戦争やアフガン紛争への参加に反対する市民運動『Pace da tutti i balconi(すべての窓に平和の旗を)』では100万を超える旗がイタリア中の窓に掲げられたと言われています。

churchill一方、日本で写真を撮るときにお馴染みのピースサインも、平和に強く結びついて普及した身振りです。もともとは大戦時にウィンストン・チャーチルやシャルル・ドゴールが勝利を意味して用いていたVサインが始まりだったと言われています。その後1960年代の反戦運動でVサインが多用され、勝利のほかにも反戦や平和の意味が込められたピースサインとして広まりました。日本では70~80年代にピースサインとして一般的に流行り始め、今では写真撮影時の定番のポーズになっています。

現在、私たち日本人はポップなピースサインに馴染みがあるだけでなく、世界にもまれな平和主義の法のもとに暮らしています。悲惨な戦争を経て制定された日本国憲法は、平和的生存権の保障と恒久平和主義を基本原理としています。昨今大きな注目を集めている憲法9条改正の動きは、私たちと平和との関係を大きく変える恐れのある由々しき一大事。平和の大切さを重ねて説いてきた東西の古人も、「Santa pace!」と嘆いているに違いありません。hiroshima

ダンテ・アリギエーリ・シエナ
ヴァンジンネケン 玲