シエナ遊々閑々 「春の雄羊 (Montone di Pasqua)」

こんにちは。みなさんお元気ですか?

気づけば寒さもだいぶ緩み、暦の上でも春となりました。

さて、2017年度は、シエナの町を分ける17区域「コントラーダ」をキーワードに、動物とイタリア語をテーマにしたお便りをお送りしています。

各コントラーダにはシンボルとなる生物、モノ、現象がありますが、今回は雄羊のコントラーダ Valdimontone (ヴァルディモントーネ)を取り上げ、羊をテーマにお便りしたいと思います。

ヴァルディモントーネ Contrada di Valdimontone

コントラーダの名前 Valdimontone は、直訳すると「雄羊の谷( val di montone )」。雄羊をシンボルとしています。

トレードマークは、シンボルカラーである赤、白、黄色の旗。中央には金地の盾が据えられ、猛々しく前脚をあげている雄羊が描かれています。

紋章学で「力、挑戦、頑強さ」を象徴する雄羊の頭上にはトスカーナ公国の王冠が輝き、旗の左上にはサヴォイア王ウンベルト1世のイニシャルが掲げられています。

コントラーダのモットーは「 Sotto il mio colpo la muraglia crolla (我が一撃で壁は崩れし)」と、勇猛です。これは、城壁など敵の防御壁を切り崩すために使われた「 montone (破城槌)」と呼ばれる武器にちなんでいます。

montoneは木の幹から作られた大きな梁で、その先端は雄羊の頭をかたどった金属で覆われていました。ヴァルディモントーネのモットーはその勇ましい武器の様子になぞらえられているというわけです。

イタリア語の「羊」

さて、現代イタリア語でmontoneというと雄羊のことで、星座の名前にもなっている ariete (雄羊、おひつじ座)はその同義語になります。

語源はそれぞれ異なり、 montone はガリア語に、 ariete は、ラテン語に由来していると言われています。

現代イタリア語にはそのほかにも「羊」を意味する単語があります。簡単にまとめてみましょう。
• montone :雄羊(成獣)。
• ariete :雄羊(成獣)。
• pecora :雌羊(成獣)。羊一般を指すこともある。
• agnello :1歳未満の子羊(雄雌とも)。

このように羊の成長度や性別によって厳密な呼び名が分かれていることから分かるように、羊は古くから地中海文化と深く結びついていた家畜です。

肉やミルクは食用に、皮は靴の裏張りや本の装丁などに用いられてきました。

いけにえの子羊

また、昔から広い地域で羊を神に供える文化的・宗教的習慣がありました。例えば、古代近東では春の到来と羊の多産を願い、春一番に生まれた羊をいけにえとして奉納する風習があったと言われています。

聖書の中でも羊は大切な象徴として描かれています。例えば、キリスト教では人々を救うために犠牲となった神の子イエスの象徴であったり、神の教えを必要とする人に例えられたりしました。旧約聖書の中ではヘブライ人が神に捧げられる大切ないけにえとされています。

そして、この時期、イタリアの復活祭( Pasqua )に欠かせないごちそうである子羊のロースト( agnello di Pasqua )は、春に子羊を捧げていたこれらの習慣がもとになっています。

旧約聖書『出エジプト記』のエピソードに結びついたユダヤ教のお祭り「ぺサハ(過越)」で子羊を食べる習慣は、とりわけ大きく影響しています。

復活祭と羊

イースター(復活祭)に食べる子羊の中でも、abbacchio と呼ばれる生後1か月くらいの乳飲み羊の肉はとりわけおいしいとされています。

しかし、最近は動物愛護運動の高まりとともに、agenello di Pasqua (イースターの羊)を食べることに反対するキャンペーンも見かけるようになりました。

「 Chi pecora si fa, il lupo se la magia (羊のように従順だと狼に食われる)」という諺のように、私たち人間も弱肉強食の世界に生きています。

イースターの伝統的な風習とそれへの反対は、私たち人間の存在や行動について難しい問題をなげかけているように思えます。

生命あふれる春。「 pecorella della Madonna (聖母マリアの小さな羊)」とも呼ばれるテントウムシのように、穏やかな太陽の光を浴びながら春の息吹を満喫したいものです。

ダンテ・アリギエーリ シエナ
ヴァンジンネケン玲

坂本鉄男 イタリア便り カトリック教徒と火葬

 かつてカトリックは、世界が終末を迎えたときに全ての死者が墓からよみがえって元のような肉体の姿に戻り、神の前で最後の審判を受け、天国に昇る者と地獄に落とされる者にえり分けられると信じていた。

 このため、死者の体は再びよみがえることができるように、墓に埋葬されなければならなかったのである。

 だが現在は、世界中に火葬が普及した上、墓地が少なくなってきた。1963年の第2バチカン公会議で規則を緩め、各国の習慣や法律に従い火葬を認めざるを得なくなった。

 実際、バチカン市国のおひざ元であるイタリアでも、統計局によると昨年は火葬が全体の約20%までに増えてきた。

 とはいえ、最近のように火葬にした後の遺灰を風で高くまき散らす風葬場ができたり、海や景勝地に散布したり、家族の遺骨を自宅にまつるようなケースが多くなると、明確な規則を作る必要に迫られた。

 この結果、ローマ法王は先頃、教理省を通じ、「土葬が望ましいことはもちろんだが、やむを得ざる場合は火葬をしてもよい。だが遺骨と灰は1つにまとめ、墓地などカトリックにふさわしい場所に保管すべし」と定めた。

 風葬や海にまくなど、もってのほかというわけである。

坂本鉄男

(2016年12月18日『産経新聞』外信コラム「イタリア便り」より、許可を得て転載)

坂本鉄男 イタリア便り 法王の革命的布告

 カトリック教会の幾世紀も続いてきた伝統と規則をひと言で変えることができるローマ法王は現代の絶対君主ともいえる。

 去る11月20日に「慈悲」をテーマにした特別聖年の終わりを宣言した法王フランシスコは、続いて「神の慈悲が及ばないところはない」としてこれまで何世紀ものあいだ「教会からの破門」という大罪とされてきた「堕胎」つまり「人工妊娠中絶」について、「司祭に告白してざんげをすれば、女性も執刀医も許される」という革命的布告を出したのである。

 以前はカトリックが国教であったイタリアでも、1978年に「中絶法」が施行されて以来、2015年には9万7千人の女性が公立病院で中絶手術を受けている。だが、カトリックの教えの影響を受けて産婦人科医の70%が「良心による手術拒否」をしているという矛盾も生じてきた。こうした状況にある以上、法王の布告はどれほど多くのカトリック女性信者の救いになるか分からない。

 また、ポーランド出身の法王で14年に聖人に列せられたヨハネ・パウロ2世(05年没)のように避妊手段も認めなかった法王も最近までいただけに、突然、大任を与えられた一般司祭たちの動揺も大きいものと思われる。

坂本鉄男

(2016年11月27日『産経新聞』外信コラム「イタリア便り」より、許可を得て転載)

坂本鉄男 イタリア便り わが国も難しい条件付けず東南アジアから家政婦を導入すると良い

 日本のように公立病院や各種の医療設備が整っておらず、公的介護サービスなども存在しないイタリアでは、自宅で最期を迎える人が多い。高齢者所帯の多いわが家のマンションで、この6年間に亡くなった5人の老人も皆そうだった。

 一昨年、86歳で亡くなった隣家の主婦の場合、180平方メートルの家の1部屋を病室に充てていた。病状のひどいときには1週間程度病院に入院したが、それ以外は自宅に酸素吸入器を持ち込むなどして、ご主人と住み込みの家政婦が最後まで世話をしていた。

 今は1人になった93歳の元建築家は、昼間は通いの家政婦が面倒を見て、夜は用心のため学生アルバイトが泊まっている。

 日本と違い、イタリアではフィリピン(この国の出身者は正直な点で定評がある)、アフリカ、東欧からの外国人家政婦(家政夫も多い)が簡単に見つかる。

 普段、町を散歩している高齢者も、こうした外国人家政婦や家政夫に付き添われている人が多い。家政婦を住み込ませるスペースがない場合は、通いの家政婦を雇えば解決できる。

 わが国でも、難しい資格や条件を付けずに東南アジアから大勢の家政婦を導入すると良いのではないか。そうすれば、国の医療負担も大きく減るに違いないと思うのだが。

坂本鉄男

(2016年6月12日『産経新聞』外信コラム「イタリア便り」より、許可を得て転載)