2024年《春・夏》期 オンライン・イタリア美術セミナー
中世美術からルネサンス美術への移行
―13世紀の中部イタリアの聖堂装飾―

内容

フィレンツェを中心とする中部イタリアにおいて、13世紀に制作された聖堂装飾は中世からルネサンスへの移行という点で、きわめて重要な作品群です。6世紀に確立されたキリスト教美術における様式や図像のプロトタイプが少しずつ変化し、作者の独自性が認められるようになってくるのです。
本講座では、最初にこの時代に制作された祭壇画によって、13世紀絵画の流れを概観します。
その後、フィレンツェ洗礼堂のモザイクやアッシジのサン・フランチェスコ聖堂の壁画を例に、作品の図像や様式の特徴を詳しく見ていきたいと思います。

アッシジ サン・フランチェスコ聖堂

1 .13世紀のフィレンツェの祭壇画(1)
2 .13世紀のフィレンツェの祭壇画(2)
3 .フィレンツェ洗礼堂のモザイク(1)
4 .フィレンツェ洗礼堂のモザイク(2)
5 .フィレンツェ洗礼堂のモザイク(3)
6 .アッシジ サン・フランチェスコ聖堂の装飾(1)
7 .アッシジ サン・フランチェスコ聖堂の装飾(2)
8 .アッシジ サン・フランチェスコ聖堂の装飾(3)


詳細

講 師: 松浦 弘明 (多摩美術大学教授)
日 程: 4/22, 5/13, 27, 6/10, 24, 7/8, 22, 9/9(月)(全8回)
時 間: 19:00 – 20:30
受講料: 会員 25,000円  受講生・一般 26,000円 
※ ご欠席の場合は、事前にご連絡いただければ、録音データを後日配信いたします。

申込名時間参加費申込備考
OS-A19:00~
20:30
会員25,000円
 
受講生/一般26,000円
 
講師 MATSUURA Hiroaki  松浦弘明
松浦 弘明

多摩美術大学教授。NHKラジオ講座元講師。

イタリアから遠く離れたここ東京で会話力をアップさせていくのはなかなか大変ですが、読解力はコツをつかんで地道に続けていくと確実に身についていきます。

ルネサンス美術の傑作を楽しみながら、文章解釈のポイントをバッチリ習得しちゃいましょう!

《重要》申込前に必ずお読みください。

★お申込みは、上記表中の申込欄の    をクリックしてください。

★各講座・セミナーの【受講料】には、【会員】と【受講生/一般】の区別があります!
・【会員】とは、2024年度の年会費(例:普通会員6,000円)を納入済で、2024年度有効(~2025年3月31日)の会員証(例:会員番号02-xxxx 04-xxxx 06-xxxx)をお持ちの方です。受講生番号ではありませんので、お間違えなく。
⇒会員ではない受講生の方は【受講生/一般】を選択してください。

現会員の方
★現会員の方が、本講座・セミナーの会員割引を利用するには、2024年度会費のご納入が必要となります。2024年度会費お手続きがまだの方は講座・セミナー受講料と併せて、お支払い下さい。

新規入会ご希望の方
★本講座・セミナーはどなたでも入会金なしに受講できますが、日伊協会の【会員】には春夏期、秋冬期のイタリア語講座受講料が1講座につき各1,000円割引の大変お得な会員価格を始め、文化セミナーの会員価格割引、等、様々な特典があります。(但し複数回に分割されている講座は1講座とみなします)。また、25歳以下の方はユース会員として、イタリア語講座(一部除外あり)が半額になります。本講座と同時に入会申込も可能です。この機会にぜひご入会をご検討下さい。

只今、新規会員ご入会キャンペーンを実施中です!

只今、ご入会いただきますと、2024年度末(~2025年3月)までの会員資格が得られる特別ご入会キャンペーンを実施中です(通常は4月~翌年3月のお申込みでその年度の会員となることができます)。この機会に是非ご入会下さい。尚、新規入会手続きは、受講のお申込みと同時に行えますので、受講をご検討の方もぜひご利用ください。日伊協会の会員特典とお申し込み(継続を含む)はこちらをクリックして下さい。

タイトルとURLをコピーしました