[中級]須賀敦子で学ぶ《翻訳学》入門  (2021年春夏期講座)

中級 日本語 読む 文法 和訳 隔週
教材『須賀敦子が選ぶ日本の名作― 60年代ミラノにて』(河出文庫) 80分×6回

(写真提供:河出書房新社)


名エッセイスト・イタリア文学の翻訳者として知られる須賀敦子、ミラノ時代は日本文学のイタリアへの紹介者・翻訳者でもありました。

なかでも須賀の編纂、翻訳によるアンソロジーNarratori giapponesi moderni(Bompiani,1965)はそれまでおもに英語からの重訳を通してかろうじて知られていた現代日本文学をイタリアに知らしめるきっかけとなりました。

須賀が選んだ23人の作家のなかから毎回1名を選び、イタリア語訳と原文とを読みくらべてみましょう。

それぞれの作家の文体を訳すにあたって、須賀はどのような工夫をしたのでしょうか? 

近年、発展を見せている翻訳学traduttologiaを参照しながら、須賀の翻訳手法を探っていきます。



北代美和子


上智大学大学院外国語学研究科言語学専攻博士前期課程修了。翻訳家。東京外国語大学非常勤講師。日本通訳翻訳学会会長。

英語、フランス語、イタリア語から日本語への文芸翻訳に携わっている。イタリア関係の訳書にアンジェロ・ペッリグリーニ『イタリア式料理の知恵』(晶文社、1996) ロレンツァ・マッツェッティ『ふたりのトスカーナ』(竹書房、2003) C・コスタンティーニ『バルテュスとの対話』(白水社、2003)、エルサ・モランテ『アンダルシアの肩かけ』(河出書房新社、2009)、『嘘と魔法』(河出書房新社、2018)など。

モランテの『嘘と魔法』(河出書房新社、2018)はシリーズ「須賀敦子の本棚」の一冊として刊行された。

東京外国語大学では翻訳理論の講義と英日文芸翻訳の指導を担当している。

須賀敦子のみごとなイタリア語訳で日本文学の名作を味わいながら、翻訳について考えてみましょう。
テキストをお持ちでない方は、下記表よりご購入下さい(既にお持ちの方は購入不要です)。
申込名 内容 価格(送料/
税込/円)
申込 備考
TEXT
-S-M
須賀敦子が選ぶ日本の名作
― 60年代ミラノにて
1,540
●日程:5/7, 21, 6/4, 18, 7/2, 16
申込名 曜日 時間 受講料(円) 申込 備考
S-M
14:10
-15:30
会員 18,000
受講生/一般 19,000
《重要》申込前に必ずお読みください。

★お申込みは、上記表中の申込欄の    をクリックしてください。

★各講座の【受講料】には、【会員】と【受講生/一般】の区別があります!
・【会員】とは、2021年度の年会費(例:普通会員6,000円)を納入済で、2021年度有効(~2022年3月31日)
の会員証(例:会員番号02-xxxx 04-xxxx 06-xxxx)をお持ちの方です。受講生番号ではありませんので、お間違えなく。

⇒会員ではない受講生の方は【受講生/一般】を選択してください。

現会員の方

★現会員の方が、本講座の会員割引を利用するには、2021年度会費のご納入が必要となります。講座受講料と併せて、お支払い下さい。

新規入会ご希望の方

★本講座はどなたでも入会金なしに受講できますが、日伊協会の【会員】には春夏期、秋冬期のイタリア語講座受講料が1講座につき各1,000円割引の大変お得な会員価格を始め、様々な特典があります。(但し複数回に分割されている講座は1講座とみなします)。また、25歳以下の方はユース会員として、イタリア語講座(一部除外あり)が半額になります。本講座と同時に入会申込も可能です。この機会にぜひご入会をご検討下さい。

日伊協会の会員特典とお申し込み(継続を含む) はこちらをクリックして下さい。