イタリア留学&旅行セミナー 2018秋
映画の中のシチリア、シチリアの中の映画
~IL CINEMA IN SICILIA, LA SICILIA NEL CINEMA~のご案内

文化 伊語 通訳 無料
近年、シチリアを舞台として数多くの優れた映画が撮影されています。

一例を挙げますと、ピエトロ・ジェルミ監督による『イタリア式離婚狂想曲』(Divorzio all’italiana)、ルキノ・ヴィスコンティ監督による『揺れる大地』(La terra trema)、ジュゼッペ・トルナトーレ監督による『ニュー・シネマ・パラダイス』(Nuovo Cinema Paradiso)などがあります。

また、『イル・ポスティーノ』(Il Postino)のマイケル・ラドフォード監督、『グラン・ブルー』(Le Grand Bleu)のリュック・ベッソン監督、そして最も有名な映画としては『ゴッドファーザー』(Il Padrino)のフランシス フォード・コッポラ監督といった、イタリア人以外の監督によって撮られた映画も数多くあります。

このように、シチリアを舞台とした名画は数多くありますが、シチリアのカターニャで、パナリア映画(PanariaFilim)によって、Ugo Saitta監督が1939年にエオリア諸島の水中を撮影した映画が一番最初の映画だということは実はあまり知られていません。

そんな名画のワンシーンをご紹介しながら、シチリアやシチリア人の新たな一面を発見していただくセミナーです。

シチリアと映画の関係を通して見えてくる世界をお楽しみください。

<講師プロフィール>
Elisa Pianges
(タオルミーナ バビロニア校)

【イタリアに留学してみたい、長期滞在してみたい。。。日伊協会留学冊子「Il Milione」無料配布しております。また留学相談も無料で行っております。

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
E1107 11/7(水) 18:30
~20:00
青山石川
記念ルーム
201
無料 終了


mousikomi

イタリア語による特別セミナー(同時通訳付・要予約)
イタリア、ヨーロッパの音楽家を魅了する国
L’Italia, fonte di ispirazione per i musicisti europei

文化 日本語 伊語 通訳 軽食
Nei secoli scorsi, soprattuto tra il Settecento e l’Ottocento, l’Italia è stata oggetto di forte interesse per molti artisti europei nel campo delle Belle Arti: poesia e letteratura, pittura e scultura, e musica.

Musicisti di tutta Europa, anche molto famosi come Mozart, Mendelssohn e Wagner, sono venuti nella nostra penisola, hanno studiato, e sono tornati nel proprio paese portandosi dietro le esperienze che hanno poi influenzato l’arte del loro paese.

In questo seminario, parleremo delle esperienze di alcuni di questi personaggi famosi per cercare di avere un’idea del fascino che aveva, e ancora ha, il Bel Paese.

イタリアはこれまで、とりわけ18世紀と19世紀において、ヨーロッパの《ベッレ・アルティ》の関心の的でした。

日本語で《ベッレ・アルティ》は「さまざまな芸術」のこと。そこには「詩」や「文学」、「絵画」や「彫刻」、そして「音楽」などが含まれます。

このセミナーでは、モーツァルト、メンデルスゾーン、ワーグナーなどヨーロッパ「音楽」の巨匠たちがイタリアを訪れたときのエピソードを、みずからもプロのバイオリニストである講師にご紹介していただきます。

彼らは、イタリアでどんな勉強をしたのか。どんな経験をしたのか。故郷にどんな影響を与えたのか。様々な逸話をご紹介しながら、ベル・パエーゼとよばれるイタリアの、当時も今も変わらぬ魅力を探っていきます。

<講師プロフィール> Michelangelo PIETRONIRO(ミケランジェロ・ピエトロニーロ)
ローマ出身。国立音楽院卒の演奏家。ローマ大学で東洋言語を学び、ローマ日本文化会館で日本語講座を修了。DITALS取得、ローマで外国人対象のイタリア語講師を務める。演奏家として楽しく発音にこだわった授業を展開。

本講演はイタリア語で行われますが、当日は日伊協会の通訳養成クラスの受講生のみなさんによる同時通訳が入ります。

セミナー終了後には、Pietroniro先生他、日伊協会イタリア語講師を交えての簡単な《交流会》(お飲み物と簡単なおつまみ付)を予定しております。イタリアとの文化交流に関心のある方、生のイタリア語を聞いて勉強したい方、同時通訳講座も含め日伊協会のイタリア語講座に関心のある方(交流会では秋期講座に向けてのご相談も承ります)、ふるってご参加ください。

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
S-ST11 10/20(土) 16:30
~18:00
(交流会
~19:00)
青山石川
記念ルーム
201
会員 1,000円 終了
受講生
大学生以下
1,000円
一般 1,500円


mousikomi

特別トークイベント『NHKラジオ・テレビ講師と語る-イタリア語を教える喜び、そして…』
&イタリア語総合コース修了証、ダンテ「神曲」クラス読了証授与式

文化 日本語 伊語 通訳 軽食
来たる9月29日(土)、イタリア語総合コースの上級(S3:新テキスト Due passi in Italia使用クラス)の修了証授与式を行います。

また、今期、テーマ別講座「古典を読む-ダンテ『神曲』」(森口いずみ講師)では11年をかけて『神曲』全100歌を原語で読了いたしました。これを記念して本講座受講生への読了証授与式も併せて執り行います。

当日は特別トークイベント『NHKラジオ・テレビ講師と語る-イタリア語を教える喜び、そして…』を同時開催、式のあとは日伊協会イタリア語講師も多数参加しての懇親会(ワイン・ソフトドリンクと簡単なおつまみ付)も予定しております。

みなさま、お誘い合わせの上、ふるってご参加ください!

特別トークイベント『NHKラジオ・テレビ講師と語る-イタリア語を教える喜び、そして…
                                  Gioie e dolori dell’insegnamento dell’italiano』

司会:Violetta Mastragostino & 押場 靖志
講師:Andrea Fioretti & Fiore Lieto

NHKラジオ・テレビのイタリア語講座でご活躍のネイティブの先生方に、日本でイタリア語を教える喜びと苦労をお話しいただきます。

どうしてイタリア語を教えることになったのか。教えるなかでどんな発見があったのか。

教室での楽しかったことや大変だったことなど、教える立場からの様々なエピソードをうかがいながら、イタリア語を学ぶ魅力を、参加者の皆様とご一緒に再確認することができればと思います。

押場 靖志

押場 靖志
日伊協会イタリア語講座主任。学習院大学、法政大学講師。東京外国語大学大学イタリア語科卒、同大学院地域研究研究科修了。ナポリ東洋大学に留学。元NHKテレビイタリア語講師。

Violetta MASTRAGOSTINO

Violetta MASTRAGOSTINO
トスカーナ州フィレンツェ生まれ。フィレンツェ大学の教育学部でロシア語と英語を学ぶ。フィレンツェの語学学校での経験を経て、カルチャーセンターなどでイタリア語講師を務める。長年にわたりNHK国際局でイタリア語放送アナウンサーとして活躍、テレビ放送のナレーションや数々の語学教材の発音の吹込みを担当。

Fiore LIETO

Fiore LIETO
トスカーナ州エルバ島出身。フィレンツェ大学外国文学科卒。DITALS(外国人へのイタリア語教授資格)マスター所有。NHKラジオ講座で活躍

Andrea
FIORETTI

Andrea FIORETTI
マルケ州アンコーナ出身。ローマ大学/東京外国語大学大学院博士課程修了。東京外国語大学特任准教授。NHKテレビ/ラジオ講座で活躍。専攻は比較文学・翻訳研究。樋口一葉の「にごりえ」、「たけくらべ」のイタリアにおける初の翻訳を手掛けた。

本講演はイタリア語で行われますが、イタリア語初心者の方でも、押場講師が日本語による、楽しく分かりやすいフォローを致しますので、安心して聴講していただけます。

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
S0929 9/29(土) 16:00~18:30 青山石川
記念ルーム
201
会員 無料 終了
受講生
一般 500円


mousikomi

2018年イタリア連続文化セミナー     イタリアの古代美術
第5回 古代異教美術から初期キリスト教美術へ ― ローマのサンタ・コスタンツァ聖堂を中心に ― 

文化 日本語

古代地中海世界で栄華を誇ったイタリアには、その繁栄と交流を物語る多くの美術作品が残されています。本年度の連続文化セミナーでは、マグナ・グラエキアの美術から、ローマ美術、初期キリスト教美術まで、様々な作品から古代のイタリアを読み解いていきます。

作品に織り込まれた、歴史、文学、宗教、社会などの要素も交えながら、美術が伝える芳醇な古代世界をわかりやすくお伝えします。


第5回 古代異教美術から初期キリスト教美術へ ― ローマのサンタ・コスタンツァ聖堂を中心に ―

「トラディティオ・レギス(パキス)」
ローマ、サンタ・コスタンツァ聖堂 
350−375年頃(講師撮影)


313年のミラノ勅令によるキリスト教公認後、ローマでは聖堂建造ブームが起こります。

350−375年頃、ローマのサンタ・コスタンツァ聖堂はローマ皇帝コンスタンティヌス1世の娘コンスタンティナとその妹ヘレナの廟堂として建てられました。

サンタ・コスタンツァ聖堂は聖堂建造ブームで建てられた建築物の中でも最初期のものになります。

内部には、創建時にさかのぼる古代異教的・キリスト教的モザイクが残っていて、当時の装飾を伝える貴重な聖堂です。

9世紀半頃には、古代異教的図像によって酒神バッカスの神殿とみなされたこともありましたが、初期キリスト教美術の代表作として知られています。

講座ではサンタ・コスタンツァ聖堂のモザイクをじっくり眺めて、4世紀のローマを楽しみましょう。

<講師プロフィール>
 伊藤 怜(いとう れい)
東京造形大学非常勤講師。早稲田大学文学研究科美術史専攻博士課程修了。イタリア政府給費留学生として、ローマ大学ラ・サピエンツァに留学。専門は中世イタリア美術史。共著に『教皇庁と美術』(竹林舎)、『聖堂の小宇宙』(竹林舎)がある。

申込名 開催日 時間 会場 参加費* 備考
S-AA5 8/3(金) 18:30
~20:00
青山石川
記念ルーム
201
会員 2,000円 終了
一般 3,000円

その他の回は以下の日程(時間帯・受講料・会場は本セミナーに同じ)・テーマで開催いたします。
日伊協会会員の方は、第1回から第5回までの全セミナー5回分を一括ご入金の場合、通常10,000円のところ8,000円とさせていただきます。申込名は「S-AAT」でお申し込み下さい。

申込名 回数 開催日 テーマ 講師
S-AA1 第1回 4/20(水) ローマ以前の古代イタリア
に展開したギリシア美術
―パエストゥムを中心に―
篠塚 千惠子
(武蔵野美術大学
教授)
S-AA2 第2回 5/23(水) アカンサス装飾とローマ美術 奈良澤 由美
(城西大学教授)
S-AA3 第3回 6/22(金) ローマ皇帝の饗宴と
ギリシア神話
―ティベリウス帝と
スペルロンガの洞窟彫刻 ―
瀧本 みわ
(日本学術振興会
特別研究員PD・
筑波大学)
S-AA4 第4回 7/13(金) ピアッツァ・アルメリーナの
ヴィッラの舗床モザイク
―図像、表現、役割に着目して―
坂田 道生
(千葉商科大学
非常勤講師)

イタリア留学&旅行セミナー2018秋
イタリア在住25年のIED講師兼デザイナーが語るほんとの話。。。

文化 日本語
ミラノで暮らしながらデザインを学び、現在はデザイン学校にて講師として活躍されている戸野さんによるセミナーです。

ミラノ在住25年の講師が語る、デザイン留学の本音と建て前、イタリアでの生活や授業・仕事をベースに日本人教え子たちの現状を踏まえ、ご自分が経験してきた今のイタリアの裏表。。。

イタリアで生き抜くヒントが得られるはずです。デザインに興味のある方、イタリア留学に興味のある方必見です。

<講師プロフィール>
Shuji TONO
1992年より渡伊。現在はミラノのデザイン学校「IED」校にて講師兼PRマネージャーをつとめる。

これまでにイタリアで手がけてきた仕事は、建築ではドイツ銀行ミラノ支店、レストランTorriano25、一般住宅など。

また照明「Serie Nuvola(デザイナーズ・ウィーク作品)」などミラノサローネ作品の家具なども多数。

また、プロジェクトメンバーとして、レンツォ・ピアノ事務所関空プロジェクトやアルド・ロッシミラノラボでも活躍。

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
R0914 9/14(金) 18:30
~20:00
青山石川
記念ルーム
201
無料
要事前
予約
終了

第15回 イタリア20州食べ歩き「シチリア州」のご案内

食事
九州と北海道の中間ほどの大きさのシチリア島は、地域によって文化も大きく異なり、さまざまな郷土料理が存在します。

文京区白山の路地裏で4年前に開業した「シチリア屋」は、店主の大下竜一さんが腕を磨いた北東部の町ミラッツォを中心としたディープなシチリア料理が味わえる店として評判を呼んでいます。

メニューは基本的に月替わりですが、ほかの店ではなかなかお目にかかれない料理も並んでいます。

シチリアの町の食堂のような気取らない雰囲気の店で、本格的なシチリア料理を味わってみませんか。



日 時:2018年9月13日(木)18:30~
場 所:シチリア屋

文京区白山1-5-5

都営地下鉄三田線「白山」駅A1出口より徒歩7分
都営地下鉄三田線「春日」駅A6出口より徒歩7分
東京メトロ南北線・丸の内線「後楽園」駅8番出口より徒歩10分
Tel. 03-5615-8713

会 費:日伊協会会員 5,500円 
            一 般 6,500円 
          *乾杯用ワイン1杯込み 25名様限定(先着順)

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
E0913 9/13(火) 18:30~ シチリア屋 会員 5,500円 終了
一般 6,500円

イタリア人大学生の日本語・日本文化講座とのコラボレーションイベント
「はじめての能」-実演と解説-のご案内

文化 日本語
日伊協会では、日伊双方向の文化交流を促進するため、様々な活動を行っておりますが、イタリアへの日本語と日本文化の普及活動の一環として、2010年より「イタリア人大学生のための日本語・日本文化講座」を実施しています。

今回、本講座において、日本の伝統文化である「能」の講座を企画しました。

日本人にとっても、やや敷居が高い伝統文化ですが、重要無形文化財総合指定保持者の高橋忍氏が、能の舞だけではなく、お面や衣装の
つけ方なども実際にご覧いただき、能の楽しさをわかりやすくご案内します。

夏のひと時を、イタリア人大学生との交流と合わせて楽しんでみませんか。

日 時:2018年8月21日(火)14:00~15:30
会 場:赤坂氷川神社
東京都港区赤坂六丁目10番12号
千代田線 赤坂駅/日比谷線・大江戸線 六本木駅/南北線 六本木一丁目駅/銀座線 溜池山王駅、各駅より徒歩8分

講 師:高橋 忍 師、中村 昌弘 師 (金春流能楽師)

参加費:会員 2,000円 / 受講生 2,500円 / 一般 3,000円
    *25名様限定


高橋 忍(たかはし しのぶ):シテ方金春流能楽師。重要無形文化財総合指定保持者。

金春宗家直伝の芸風を継承し、その伝統に裏打ちされた格調高く端正な舞台は国内外で高く評価されている。

また、「能楽を一人でも多くの人に広めよう」を合言葉に、ワークショップ、小中学校での演能など多方面で能楽普及に尽力している。

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
E0821 8/21(火) 14:00
~15:30
赤坂氷川神社 会員 2,000円 終了
受講生 2,500円
一般 3,000円

2018年イタリア連続文化セミナー     イタリアの古代美術
第4回 ピアッツァ・アルメリーナのヴィッラの舗床モザイク ― 図像、表現、役割に着目して―  

文化 日本語

古代地中海世界で栄華を誇ったイタリアには、その繁栄と交流を物語る多くの美術作品が残されています。本年度の連続文化セミナーでは、マグナ・グラエキアの美術から、ローマ美術、初期キリスト教美術まで、様々な作品から古代のイタリアを読み解いていきます。

作品に織り込まれた、歴史、文学、宗教、社会などの要素も交えながら、美術が伝える芳醇な古代世界をわかりやすくお伝えします。


第4回 ピアッツァ・アルメリーナのヴィッラの舗床モザイク ― 図像、表現、役割に着目して―

《ビキニ・ガールズ》
ピアッツァ・アルメリーナのヴィッラ 後4世紀頃


シチリア島のほぼ中央部に位置するピアッツァ・アルメリーナという小さな町の近郊には、大規模なヴィッラの遺構が残されています。

広大な遺跡の中でも床面を飾る舗床モザイクがよく知られており、ビキニを身に着けた女性が踊る《ビキニ・ガールズ》や狩猟に関係する場面を描いた《大狩猟図》など色鮮やかなモザイク画が残されています。

本講座では、ピアッツァ・アルメリーナのヴィッラに残されるモザイク画をできるだけ見ていくだけではなく、モザイク画が敷かれていた部屋で古代ローマ人がどのような生活を送っていたかについても考えてみたいと思います。

まず、ピアッツァ・アルメリーナのヴィッラに残される多様な主題のモザイク画を概観していきます。

そして、いくつかのモザイク画を取り上げ、それぞれの部屋の役割や、所有者、社会的な背景との関わりからお話しします。

<講師プロフィール>
 坂田 道生(さかた みちお)
千葉商科大学非常勤講師。国際基督教大学教養学部人文科学科卒業、(オランダ)ライデン大学考古学部古典考古学科修士課程修了(M.A.)、筑波大学大学院人間総合科学研究科芸術専攻博士課程修了。博士(芸術学)。専門は古代ローマ帝政期の美術作品、現在はマルクス・アウレリウスの記念柱とトイトブルグの森の戦いについて調査中。

申込名 開催日 時間 会場 参加費* 備考
S-AA4 7/13(金) 18:30
~20:00
青山石川
記念ルーム
201
会員 2,000円 終了
一般 3,000円

その他の回は以下の日程(時間帯・受講料・会場は本セミナーに同じ)・テーマで開催いたします。
日伊協会会員の方は、第1回から第5回までの全セミナー5回分を一括ご入金の場合、通常10,000円のところ8,000円とさせていただきます。申込名は「S-AAT」でお申し込み下さい。

申込名 回数 開催日 テーマ 講師
S-AA1 第1回 4/20(水) ローマ以前の古代イタリア
に展開したギリシア美術
―パエストゥムを中心に―
篠塚 千惠子
(武蔵野美術大学
教授)
S-AA2 第2回 5/23(水) アカンサス装飾とローマ美術 奈良澤 由美
(城西大学教授)
S-AA3 第3回 6/22(金) ローマ皇帝の饗宴とギリシア神話
―ティベリウス帝と
スペルロンガの洞窟彫刻 ―
瀧本 みわ
(日本学術振興会
特別研究員PD・
筑波大学)
S-AA5 第5回 8/3(金) 古代異教美術から
初期キリスト教美術へ
― ローマのサンタ・
コスタンツァ聖堂を中心に ―
伊藤 怜
(東京造形大学
非常勤講師)

《第7回》日伊文化交流 夏のフェスタ 2018のご案内

文化 食事

第1部
①講演:「ナポリで生まれて日本にアモーレ~イタリア式楽観思考法~」
  パンツェッタ・ジローラモ氏
  インタビュアー:依田雪絵さん
    (イタリア語通訳/ワイン教室フィオーレ主宰)

第1部前半は、パンツェッタ・ジローラモ氏の生い立ちから、1988年に愛する日本に在住して以来の活動について語っていただきます。

2014年3月、「連続して最も多くファッション誌の表紙を飾った数(男性モデル)」という記録名でギネスワールドレコーズ2014に世界記録として認定。表紙の連続数は151回で、現在も更新中です。

ジローラモ氏からのメッセージ(抜粋)

「ブーツのように形作られ、地中海の暗い深みに隠されている、数多くのものを生み出した国。そんな世界最高の国の日射しを受け、世界に向かって優雅に歩みを進めていった人々のおかげで、時にイタリア人は少し傲慢になってしまいます」

②映像:「ミラノ・モーダの先駆者─ミッソーニの世界」

第1部後半は、ミラノ・モーダの先駆者の地位を占めるミッソーニブランドの華麗なるモーダを、2018春・夏ミラノコレクションの映像によりお届けします。

第2部 ラッフル(抽選会)

これは、日本からイタリアへ文化発信する事業を助成するために、日伊協会が設置した「日本文化奨励基金」を拡充することが目的です。

実績としては、日伊協会が夏に実施している「イタリア人大学生のための日本語・日本文化講座」に助成しています。

協賛企業から提供される豪華な賞品(株式会社リョービツアーズ トゥッタ・イタリアカンパニー提供の日本─イタリア往復航空券など多数)が当たるラッフル券(500円)を販売します。

第3部 ビュッフェ・パーティ

おしゃべりと本格派イタリア料理とワインをお楽しみください。

メニューは、ナポリ料理を中心に構成します。食後のエスプレッソと素敵なデザートもお楽しみに!


日 時:2017年7月7日(土)15:30~20:00(受付開始:14:30)
会 場:イタリア文化会館(東京・九段)
東京都千代田区九段南2-1-30 TEL:03-3264-6011

会 費(要事前予約・事前入金)
日伊協会会員/受講生,イタリア文化会館語学受講生,在日イタリア商工会議所会員及びそれらの同伴者 5,000円
一般  6,000円

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
E0707 7/7(土) 15:30
-20:00
受付開始
14:30
イタリア
文化会館
上記関係者及び
それらのご同伴者
5,000円 終了
一般 6,000円

2018年イタリア連続文化セミナー     イタリアの古代美術
第3回 ローマ皇帝の饗宴とギリシア神話 ― ティベリウス帝とスペルロンガの洞窟彫刻 ― 

文化 日本語

古代地中海世界で栄華を誇ったイタリアには、その繁栄と交流を物語る多くの美術作品が残されています。本年度の連続文化セミナーでは、マグナ・グラエキアの美術から、ローマ美術、初期キリスト教美術まで、様々な作品から古代のイタリアを読み解いていきます。

作品に織り込まれた、歴史、文学、宗教、社会などの要素も交えながら、美術が伝える芳醇な古代世界をわかりやすくお伝えします。


第3回 ローマ皇帝の饗宴とギリシア神話 ― ティベリウス帝とスペルロンガの洞窟彫刻 ―

《ポリュフェモスの目潰し》の群像、
スペルロンガ出土


ローマとナポリの中間に位置する海岸沿いの景勝地スペルロンガには、ティベリウス帝が所有していたといわれる海浜別荘があります。

この別荘には、洞窟を利用した夏用の屋外トリクリニウム(饗宴のための空間)が設けられており、一つ目巨人ポリュフェモスや海の怪物スキュラが登場するオデュッセウスの船旅冒険譚を中心とした神話場面が、大理石の彫像群によって表現されています。

本講義では、配された彫像の様式や制作年代にまつわる美術史学的問題をはじめ、地中海の洞穴を舞台とした文学的神話地誌の三次元的空間への再現、オデュッセウス神話を追体験するローマ建国の祖アイネイアスへの当時のローマの教養人たちの共感、そしてロドス島やカプリ島で長い隠遁生活を送った皇帝ティベリウス帝の演出意図など、趣向を凝らしたスペクタクル空間がいかに創造されたのか、近年の研究動向を踏まえながら、検証していきます。

<講師プロフィール>
 瀧本 みわ(たきもと みわ)
筑波大学・日本学術振興会特別研究員PD。パリ・ソルボンヌ大学大学院博士課程修了。博士(美術史)。専門は、古代ローマ美術史。特に、北アフリカを中心とした古代末期・初期キリスト教美術。

申込名 開催日 時間 会場 参加費* 備考
S-AA3 6/22(金) 18:30
~20:00
青山石川
記念ルーム
201
会員 2,000円 終了
一般 3,000円

その他の回は以下の日程(時間帯・受講料・会場は本セミナーに同じ)・テーマで開催いたします。
日伊協会会員の方は、第1回から第5回までの全セミナー5回分を一括ご入金の場合、通常10,000円のところ8,000円とさせていただきます。申込名は「S-AAT」でお申し込み下さい。

申込名 回数 開催日 テーマ 講師
S-AA1 第1回 4/20(水) ローマ以前の古代イタリア
に展開したギリシア美術
―パエストゥムを中心に―
篠塚 千惠子
(武蔵野美術大学
教授)
S-AA2 第2回 5/23(水) アカンサス装飾とローマ美術 奈良澤 由美
(城西大学教授)
S-AA4 第4回 7/13(金) ピアッツァ・アルメリーナの
ヴィッラの舗床モザイク
― 図像、表現、役割に着目して―
坂田 道生
(千葉商科大学
非常勤講師)
S-AA5 第5回 8/3(金) 古代異教美術から
初期キリスト教美術へ
― ローマのサンタ・
コスタンツァ聖堂を中心に ―
伊藤 怜
(東京造形大学
非常勤講師)

第1回から第5回までの全セミナー5回分を一括ご入金の場合、申込名は「S-AAT」でお申し込み下さい。

カルチョのイタリア語~L’italiano nel calcio~のご案内

文化 日本語

イタリア人の男たちにとって人生そのもののカルチョ。今回のワールドカップでは60年ぶりに出場を逃してしまいましたが、カルチョに対する情熱は失われていません。

4年後の世界王者奪還!?に向けて、カルチョのイタリア語を学びましょう!

初級程度のイタリア語の知識がある方なら、どなたでもご参加可能です。

・なぜイタリア代表のユニフォームは青いのか?
・サッカー監督は、registaかallenatoreか?
・クラブにも性別はある?どうやって分けるクラブの性別
・奥深いイタリア・サッカーのリーグ構造
・『使えるイタリア語単語3700』の紹介

<講師プロフィール>【講師】佐藤 徳和

略歴:1998年にローマに語学留学。帰国後、『ポケットプログレッシブ伊和・和伊辞典』(小学館)の制作に参加し、その後は、イタリア語辞書・文法書などの編集、校正、執筆に携わる。

スポーツライターとしても活動中で、「CALCiO2002」で「マニアック倶楽部探訪」を連載し、サッカー総合サイト「サッカーキング」でイタリア関連の記事を寄稿中。2014年には、FC東京でイタリア人臨時GKコーチの通訳を務めた。

日伊協会会報誌『CRONACA』では、イタリアに関するスポーツ記事を連載中。

2018年11月、『使えるイタリア語単語3700』(ベレ出版)を共同執筆。イタリア語検定協会事務局員。

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
E0615 6/15(金) 18:30
~20:00
青山石川
記念ルーム
201
無料
要事前
予約
終了

イタリア語入門体験レッスン(無料・要事前予約)

文化 伊語 日本語 

押場 靖志

6月15日(金) 14:00~15:00
イタリア語入門体験レッスン(無料・要事前予約)

イタリア語に挑戦してみたい、
イタリア語の学習をまた再開したい、
あるいは、他の講座も受けてみたい、と思っていらっしゃるみなさん、

『案ずるより生むが易し』。。。ぜひこの機会に80年近くの実績を誇る日伊協会のイタリア語講座を体験しにいらしてください!

初めてイタリア語を学ぶ方、独学で少しだけ学習経験のある方のための体験レッスンです。

日伊協会主任講師が、楽しく わかりやすく解説しますので、安心してご受講いただけます。
受講後は、スタッフによる講座ガイダンスを開催いたします。また、個別相談も承ります。

申込名 日時 時間 会場 参加費 備考
P-Pg 6/15(金) 14:00~15:00 青山石川
記念ルーム
201
終了

6/8(金)、6/15(金) イタリア語デー開催のご案内 

文化 伊語 日本語 

個別留学相談、イタリア語体験レッスン、レベル相談など承ります。

「今のイタリア語のレベルってどのくらいなのかな?」
「イタリアに滞在してみたいけど何から始めたら良いのかな?」
など、疑問に思うこと、何でもお気軽にご相談下さい。

プログラムにより日程が異なる場合がありますので、ご注意下さい

6月8日(金) 14:30~16:00
2018春のイタリア留学&旅行セミナー イタリア留学エトセトラ ~イタリア語を生かして働く&シニア遊学~  無料(要事前予約)

留学を決断されてからの準備、現地での心温まるエピソードのあれこれ、そして帰国してからのイタリアとのかかわりなど、貴重なお話が盛り沢山です。

詳しくはこちらをご覧下さい。

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
R0608 6/8(金) 14:30
~16:00
青山石川
記念ルーム
201
無料
要事前予約
終了

講 師:山田 唯貴(株式会社 リョービツアーズ トゥッタ・イタリアカンパニー)
    伊藤 眞理(イタリア語講座受講生)

6月8日(金) 18:30~20:00
シチリアとイタリア映画の巨匠たち― マルコ・ベロッキオ『結婚演出家』を楽しむために ―

今年も6月23日より「Viva イタリアvol.4」が始まります。セミナーでは、シチリアを舞台にしたイタリア映画を振り返りながら、ベロッキオの『結婚演出家』をより楽しむための手がかりを探ってみようと思います。アペリティーボ片手に楽しみましょう!詳しくはこちらをご覧下さい

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
E0608 6/8(金) 18:30
~20:00
青山石川
記念ルーム
201
会員 500円 終了
受講生
一般 1000円

講 師:押場 靖志(日伊協会イタリア語講座主任講師)

押場 靖志

6月15日(金) 14:00~15:00
イタリア語入門体験レッスン(無料・要事前予約)

初めてイタリア語を学ぶ方、独学で少しだけ学習経験のある方のための体験レッスンです。日伊協会主任講師が、楽しく わかりやすく解説しますので、安心してご受講いただけます。受講後は、スタッフによる講座ガイダンスを開催いたします。また、個別相談も承ります。

申込名 時間 会場 参加費 備考
P-Pg 14:00~15:00 青山石川
記念ルーム
201
無料
(要事前予約)
終了
6月15日(金) 13:00~16:00(随時受付)
イタリア旅行相談会(協力:ラーナツアーズ㈱)

イタリア旅行専門店“ラーナツアーズ”スタッフが、イタリア滞在のご相談に応じます。航空券、ホテルはもちろん送迎、現地発オプショナルツアー、鉄道、オペラ、サッカーチケット、美術館予約、ハネムーン、海外旅行保険などさまざまなご要望にお応えします。

あなたはどんなイタリアを過ごしてみたいですか?お気軽にご相談下さい。 

6月15日(金) 18:30~20:00
L’italiano nel calcio カルチョのイタリア語
 参加費無料(要事前予約)

イタリア人の男たちにとって人生そのもののカルチョ。今回のワールドカップでは60年ぶりに出場を逃してしまいましたが、カルチョに対する情熱は失われていません。4年後の世界王者奪還!?に向けて、カルチョのイタリア語を学びましょう!初級程度のイタリア語の知識がある方なら、どなたでもご参加可能です。詳しくはこちらをご覧下さい

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
E0615 6/15(金) 18:30
~20:00
青山石川
記念ルーム
201
無料
(要事前予約)
終了

講 師:佐藤 徳和(スポーツライター・イタリア語検定協会事務局員)

6月8日(金)、15日(金) 11:00~16:00 
イタリア留学相談(事前予約不要)

「留学」ってどんな感じなのかな?費用はどのくらいなのかな?何から始めたらいいの?etc…

お気軽に日伊協会留学担当にご相談ください。安心したイタリア滞在へ向けての第一歩を踏み出してみましょう!


日伊協会の留学担当がしっかり&じっくりご相談ください。夢を実現し、順調な留学スタートの第一歩となるはずです。

6月8日(金)、15日(金) 11:00~16:00 
イタリア語レベルチェック(事前予約不要)

「興味はあるけれど、いきなりの受講はちょっと。。」など、受講を迷われている方のために、無料レベルチェックおよび個別相談を承ります。

事前ご予約ご希望の方は青山事務局までお電話下さい。(03-3402-1632)尚、当日受付も可能です。

2018春のイタリア留学&旅行セミナー
イタリア留学エトセトラ  ~イタリア語を活かして働く&シニア遊学~

文化 日本語
ファッション、美術、料理、建築、オペラ、サッカー。。。ecc イタリアが私たちを魅了するものは多岐にわたります。同様に、“イタリア留学”を実現させる方も年齢や性別は様々で、それがイタリア留学の特長であると言えるかもしれません。

今回のセミナーではそんな様々な目的で留学された方の中から、帰国後イタリア語を活かしてお仕事を始められた山田さんと、日本でのお仕事の区切りにあわせて長期でイタリア滞在を実現された伊藤さんから楽しくお話しを伺います。

山田唯貴さんは、日伊協会でイタリア語を学び、トリノへ留学され、語学学校からアオスタの音楽大学へと進まれました。長期留学から帰国後、イタリア語を活かしながらイタリア専門の旅行会社でご活躍中です。また、トロンボーン奏者として音楽活動も続けていらっしゃいます。

伊藤眞理さんは、日伊協会にて入門クラスからイタリア語をはじめられ、3年後にお仕事の区切りにあわせて、ボローニャとタオルミーナへ1年の留学を実現されました。帰国後もイタリア語を続け、5月にもトリエステの語学学校を含むイタリア短期滞在を計画中です。

留学を決断されてから現在までの経緯、現地での心温まるエピソードのあれこれ、そして帰国してからのイタリアとのかかわりなど、貴重なお話が盛り沢山です。

十人十色のイタリア留学、お二人の体験談から、ご自身にとってのヒントを見つけてください。

<講師プロフィール>
山田 唯貴
(株式会社 リョービツアーズ
トゥッタ・イタリアカンパニー)
伊藤 眞理(イタリア語講座受講生)

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
R0608 6/8(金) 14:30
~16:00
青山石川
記念ルーム
201
無料
要事前
予約
終了

第69回 談話会  日系企業アルカンターラ社がなぜイタリアNO.1企業になりえたのか
 ―日本の技術とイタリアの感性マーケティングの結婚―のご案内

文化 日本語 食事 定員60名(先着順)

今回の談話会では、まず日伊協会島田精一会長によるアルカンターラ社設立の経緯と、講師であり元アルカンターラ副社長小林氏の紹介の後、小林氏がこれまで誰も話さなかった貴重な体験談をお話します。

小林氏は、東レが開発した極細マイクロファイバーを使った人工スエード「エクセーヌ」の強みは、皺にならない等の機能性だと考えていました。

しかしイタリア人はこの「エクセーヌ」を見て、「美しい。今まで皮では出せなかったどんな色でも出せるではないか」と驚嘆し、日本での倍の価格で売り、その用途を衣料、家具、車の内装、IT機器のカバーと次々に拡大していきました。

イタリア人はなぜ倍の価格まで出してこの素材を買うのでしょうか?14年間イタリア人500人の中に入り込んで苦闘した小林氏が、その経験を通して感得したその秘密、北イタリア人の生き方の真髄を語ります。


講師プロフィール: 小林元 こばやし はじめ(小林国際事務所代表)

東レ株式会社入社後、約40 年間にわたってヨーロッパ、アフリカ、中南米など一貫して海外事業に携わる。2004 年にはイタリア文化会館から「マルコポーロ賞」、06 年にはイタリア政府から「コメンダトーレ(連帯の星騎士勲章)」を授与された。明治大学特別招聘教授、文京学院大学客員教授、東レ経営研究所特別研究員、日伊協会理事を経て現職

会場   三笠会館本店 5階宴会場

東京都中央区銀座5-5-17
03-3289-5660

申込名 開催日 時間 会場 参加費* 備考
D0602 6/2(土) (会食)
12:45~13:45
(お話)
13:45~15:00
*12:30までに
集合下さい
三笠会館
本店
5階宴会場
会員 4,000円 終了
受講生 4,500円
一般 4,800円

2018年イタリア連続文化セミナー     イタリアの古代美術
第2回 アカンサス装飾とローマ美術

文化 日本語

古代地中海世界で栄華を誇ったイタリアには、その繁栄と交流を物語る多くの美術作品が残されています。本年度の連続文化セミナーでは、マグナ・グラエキアの美術から、ローマ美術、初期キリスト教美術まで、様々な作品から古代のイタリアを読み解いていきます。

作品に織り込まれた、歴史、文学、宗教、社会などの要素も交えながら、美術が伝える芳醇な古代世界をわかりやすくお伝えします。


第2回 アカンサス装飾とローマ美術

ローマ、アラ・パキス 西面装飾細部


アカンサスは、パルメットとともに古代世界において最も重要な装飾モティーフといえます。

コリントス式柱頭の考案の起源について語るウィトルウィウスの逸話が有名ですが、ギリシア起源のこのモティーフは、ローマ美術において圧倒的な存在感を持ちました。

未開墾の地に生命力旺盛に繁茂するこの植物は、ローマ世界独自の象徴性を担い、アウグストゥス帝へ捧げられた「アラ・パキス(平和の祭壇)」では端正な古典的アカンサスつる草がローマ的世界観を表出している一方で、住居壁画などでは、アカンサスつる草はさまざま仮想的造形を取り込んでいわゆる「グロテスク」装飾を豊かに創造します。

ローマ、
サン・クレメンテ教会
アプシス


その後中世へと引き継がれるこの植物装飾は、本来の形態と象徴性は忘却されながらも、あらゆる美術に遍在します。

時に「古代再生」を目指す美術では、比類ない「古代」の装飾としてあざやかに復活します。

<講師プロフィール>
 奈良澤 由美(ならさわ ゆみ) 
城西大学教授。東京大学文学部美術史学科修士課程修了後、フランス国エクス=マルセイユ大学にて博士号を取得。専門はフランス・地中海の古代末期~初期中世の考古学・美術史。単著: Les autels chrétiens du Sud de la Gaule : 5e – 12e siècles(Brepols Publisher、辻荘一三浦アンナ賞、地中海学会ヘレンド賞、日本学士院賞)。

申込名 開催日 時間 会場 参加費* 備考
S-AA2 5/23(水) 18:30
~20:00
青山石川
記念ルーム
201
会員 2,000円
一般 3,000円

その他の回は以下の日程(時間帯・受講料・会場は本セミナーに同じ)・テーマで開催いたします。
日伊協会会員の方は、第1回から第5回までの全セミナー5回分を一括ご入金の場合、通常10,000円のところ8,000円とさせていただきます。申込名は「S-AAT」でお申し込み下さい。

申込名 回数 開催日 テーマ 講師
S-AA1 第1回 4/20(水) ローマ以前の古代イタリア
に展開したギリシア美術
―パエストゥムを中心に―
篠塚 千惠子
(武蔵野美術大学
教授)
S-AA3 第3回 6/22(金) ローマ皇帝の饗宴と
ギリシア神話 
― ティベリウス帝と
スペルロンガの
洞窟彫刻 ―
瀧本 みわ
(日本学術振興会
特別研究員PD・
筑波大学)
S-AA4 第4回 7/13(金) ピアッツァ・アルメリーナの
ヴィッラの舗床モザイク
― 図像、表現、役割に着目して―
坂田 道生
(千葉商科大学
非常勤講師)
S-AA5 第5回 8/3(金) 古代異教美術から
初期キリスト教美術へ
― ローマのサンタ・
コスタンツァ聖堂を中心に ―
伊藤 怜
(東京造形大学
非常勤講師)

イタリアーニが語る~アート・食・旅~

日伊協会山口からのご案内です。

約1年半前より活躍の場をウンブリア州スポレートから山口に移した、スローフード&料理研究家 粉川妙(こかわたえ)さん(日伊協会山口・副理事)とそのパートナー ロベルトさんによるイベントです。

————————————————————————-
・『イタリアーニが語る~アート・食・旅~』アペリティーボつき(マンマの味3種 カンパリソーダ1杯)

得意分野の異なる2人のイタリア人による楽しくおいしいトーク企画です。

山口在住画家のロベルトはスポレート(ウンブリア州)出身。イタリア現代アートの巨匠たちを分かりやすく解説します。サレルノ出身のマリアは、お手製のおつまみでアペリティーボをしつつ、故郷の絶景スポットを紹介します。

ぜひ、お越しください。

日 時: 2018年4月23日(月) 13:30-14:45
会 場: 日伊協会 青山教室 石川記念ルーム(201号室)
会 費: 1,500円(試食代、資料代含む)当日現金払い

内容:

《前半》ロベルト・ピビリ 『イタリアの現代アート/美術でつなぐイタリア×日本』
《後半》マリア・アングリサーニ 『神々の道 まだ知られてないアマルフィ』
『マンマの味 おいしさの秘訣』

【プロフィール】ロベルトピビリ (Robert Pibiri) 

イタリア、サルデーニャ島生まれ、ウンブリア州スポレート育ち
日伊協会YOVe’ST 山口理事長

2016年9月 地域おこし協力隊の妻(粉川妙)の赴任にともない、山口市大殿に移住
2017年8月 サルデーニャ島で個展 9月山口県美展入選 11月菜香亭の市民ギャラリーで絵画と写真の2 人展
2018年1月 山口市主催新進アーティスト大賞ノミネート日本とイタリアをアートで交流すべく活動中

要予約:お名前、携帯電話、参加人数をいずれかまでお知らせください。
・メール kokawa170@hotmail.co.jp
・携帯 070-4224-7029
・粉川妙のmessenger

締め切り:4月20日(定員に達した場合は早まります)

*********************************************************************************

ロベルトピビリ絵画展

イタリア人画家が山口で暮らす18 ヶ月

2018年4月24日(火)~4月30日(月) 《入場無料》
11:00~18:30 (24 日のみ14:00~18:30)
ギャラリー銀座2F 中央区銀座2 丁目13-12 (マロニエ通り)
連絡先070-4224-7029 コカワ

2016 年秋。山口市一ノ坂沿いにイタリア人から移住した画家ロベルトピビリ。自由な筆づかいや鮮やかな色彩は、見ているだけで愉しい気分になります。

山口の風景や移ろう四季からインスピレーションを得た作品を、山口と東京で展覧します。会期中、通訳者(妻)を伴い在廊していますので、気軽にお越しください。

サイトはこちらから

シチリアとイタリア映画の巨匠たち ― マルコ・ベロッキオ『結婚演出家』を楽しむために ―のご案内

文化 日本語      アペリティーボ付き
今年も6月23日より「Viva イタリアvol.4」が始まります(ヒューマントラストシネマ有楽町にて『結婚演出家』、『いつだってやめられる』、『あのバスを止めろ』の3本上映)。

今回の注目は、巨匠マルコ・ベロッキオによる美しくも謎めいた傑作『結婚演出家』です。

主人公のエリカ(S.カステリット)は、有名な映画監督という設定なのですが、彼が仕事も私生活も少しばかり行き詰りを感じているところは、まるであのフェリーニの『8 1/2』のようです。そんな映画監督のエリカは、ある予期せぬ出来事をきっかけに、シチリアの小さな町へと逃げ出すことになります。

 これまでもヴィスコンティ、ジェルミ、アントニオーニ、タヴィアーニ兄弟など、イタリア映画の巨匠たちを魅了してきたシチリアの地で、ベロッキオの主人公もまた、あのピランデッロ的な迷宮へと踏み込んで行くことになるのです。

 この不思議な物語は、いったいどのように着想され、わたしたちに何を語ろうとしているのでしょうか。

 セミナーでは、シチリアを舞台にしたイタリア映画を振り返りながら、ベロッキオの『結婚演出家』をより楽しむための手がかりを探ってみようと思います。

アペリティーボ片手に楽しみましょう!

このセミナーの参加者に限り、「Viva イタリア vol.4 」の特別鑑賞券3回券を2,700円(税込)で販売いたします。(定価税込3,000円、3本いずれの映画にも利用できます。お友達とシェアも可能です。
1枚あたり当日一般券の半額900円になります!)

押場 靖志

<講師プロフィール>

押場 靖志

日伊協会イタリア語講座主任。学習院大学、法政大学講師。東京外国語大学大学イタリア語科卒、同大学院地域研究研究科修了。ナポリ東洋大学に留学。元NHKテレビイタリア語講師。訳書に『マストロヤンニ自伝』(小学館)、『フェリーニ、映画と人生』(白水社)などがある。

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
E0608 6/8(金) 18:30~20:00 青山石川
記念ルーム
201
会員 500円 終了
受講生
一般 1000円

2018年イタリア連続文化セミナー     イタリアの古代美術
第1回 ローマ以前の古代イタリアに展開したギリシア美術― パエストゥムを中心に ―

文化 日本語

古代地中海世界で栄華を誇ったイタリアには、その繁栄と交流を物語る多くの美術作品が残されています。本年度の連続文化セミナーでは、マグナ・グラエキアの美術から、ローマ美術、初期キリスト教美術まで、様々な作品から古代のイタリアを読み解いていきます。

作品に織り込まれた、歴史、文学、宗教、社会などの要素も交えながら、美術が伝える芳醇な古代世界をわかりやすくお伝えします。


第1回 ローマ以前の古代イタリアに展開したギリシア美術― パエストゥムを中心に ―

パエストゥム、バジリカとヘラ神殿


ローマに統一される前の古代イタリアにはさまざまな住民が活動していました。中部イタリアのエトルリア人と並んで、先進的な文化によって際立っていたのが、南イタリアとシチリア島に早くから多くの都市を建設していたギリシア人です。

彼らがこの地にもたらしたギリシア美術は周辺の住民に大きな影響を与えましたが、ギリシア人もまた異文化に触れて自身の文化を変容させ、本土ギリシアのそれとはいくぶん異なる性格をもった美術―マグナ・グラエキア(大いなるギリシア)美術―を花開かせました。

本講義の前半では、ローマ以前の古代イタリアの住民たちの動向を把握しながら、マグナ・グラエキア美術の特徴を概観します。

後半では、保存の良い神殿遺構と発掘遺品に富むパエストゥム(ギリシア名ポセイドニア)に焦点を当てて、これをモデルケースとして、周辺居住民であるルカニア人との交流の跡を示す美術作品などをスライドを通して鑑賞、考察していきます。

また、セミナー冒頭では、今回の連続文化セミナーのコーディネーターである福山佑子氏(日本学術振興会特別研究員PD)に総論を語っていただきます。

<講師プロフィール>
 篠塚 千惠子(しのづか ちえこ) 
武蔵野美術大学教授。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(文学)。専門は古代ギリシア美術史。著書に『死者を記念する—古代ギリシアの墓辺図研究』(中央公論美術出版)、『アフロディテの指先』(国書刊行会)など。 訳書にエリー・フォール『美術史1古代美術』(国書刊行会)、スーザン・ウッドフォード『古代美術とトロイア戦争物語』(ミュージアム図書、共訳)など。

申込名 開催日 時間 会場 参加費* 備考
S-AA1 4/20(金) 18:30
~20:00
青山石川
記念ルーム
201
会員 2,000円
一般 3,000円

引き続き、5月以降は以下の日程(時間帯・受講料・会場は本セミナーに同じ)、テーマで開催いたします。
日伊協会会員の方は、第1回から第5回までの全セミナー5回分を一括ご入金の場合、通常10,000円のところ8,000円とさせていただきます。申込名は「S-AAT」でお申し込み下さい。

申込名 回数 開催日 テーマ 講師
S-AA2 第2回 5/23(水) アカンサス装飾とローマ美術 奈良澤 由美
(城西大学教授)
S-AA3 第3回 6/22(金) ローマ皇帝の饗宴と
ギリシア神話 
― ティベリウス帝と
スペルロンガの
洞窟彫刻 ―
瀧本 みわ
(日本学術振興会
特別研究員PD・
筑波大学)
S-AA4 第4回 7/13(金) ピアッツァ・アルメリーナの
ヴィッラの舗床モザイク
― 図像、表現、役割に着目して―
坂田 道生
(千葉商科大学
非常勤講師)
S-SR5 第5回 8/3(金) 古代異教美術から
初期キリスト教美術へ
― ローマのサンタ・
コスタンツァ聖堂を中心に ―
伊藤 怜
(東京造形大学
非常勤講師)

特別トークイベント『ジェスチャーとイタリア人』
&イタリア語総合コース修了証授与式

文化 日本語 伊語 通訳 軽食
日伊協会では、イタリア語総合コースの上級(S3:新テキストDue passi in Italia使用クラス)を修了した方に修了証を発行しております。今学期は、3月24日(土)、特別トークイベント『ジェスチャーとイタリア人』に続き、修了証授与式を行います。式のあとは日伊協会イタリア語講師も多数参加しての懇親会(ワイン・ソフトドリンクと簡単なおつまみ付)を予定しております。みなさま、お誘い合わせの上、ふるってご参加ください!

日 時: 2018年3月24日(土)16:30~19:00
1)16:30~17:30 特別セミナー(同時通訳付)
2)17:30~18:00 総合コース(上級 S3)修了証授与式
     18:00~19:00 懇親会

1) 特別トークイベント『ジェスチャーとイタリア人』

ヨーロッパの他の国の人々とは違って、イタリア人は遠くから見てもすぐわかります。声は聞こえなくても、大げさな身振り手振りで話していれば、イタリア人と考えてほぼ間違いありません。

イタリアには数々の独特のジェスチャーがありますが、その意味を理解するだけではなく、うまく使えるようになれば、イタリア語でのコミュニケーションも、さらに滑らかになるはずです。そんなジェスチャーについて、リヴィオ・トゥッチ先生から、様々なお話をうかがいます。

トークはイタリア語で行いますが、押場先生が日本語で楽しくフォローします。イタリアに興味はあるけれど、イタリア語はちょっと。。。という方、これからイタリア語を始めたいと思っている方もぜひご参加ください!

Livio TUCCI


<講師プロフィール>
リヴィオ・トゥッチ
ラツィオ州カッシーノ出身。ローマ大学卒。外国文学と写本の保存修復法を学ぶ。早稲田大学講師。DITALSⅡ所有。

押場 靖志

押場 靖志
日伊協会イタリア語講座主任。学習院大学、法政大学講師。東京外国語大学大学イタリア語科卒、同大学院地域研究研究科修了。ナポリ東洋大学に留学。元NHKテレビイタリア語講師。

本講演はイタリア語で行われますが、当日は日伊協会の通訳養成クラス受講生による同時通訳が入ります。

昨年の修了証授与者と講師陣

2) イタリア語総合コース修了証授与式

特別セミナー終了後には、イタリア語総合コースの上級(S3:新テキスト「Due passi in Italia」使用クラス)を修了した方に修了証を発行する「イタリア語総合コース修了証授与式」を開催いたします。

昨年の懇親会の模様


日伊協会では、2017年を持って、総合コースの全レベルで、オリジナルテキスト(入門 “Per comincaire”、初級 “ Benvenuti!”、中級 “Da noi”、上級 “Da noi più” & “Due passi in Italia” )が完成いたしました。

これを機に2017年から、上級の修了者に「修了証」ATTESTATO DI FREQUENZA を発行しております。

式のあとは日伊協会イタリア語講師も多数参加しての懇親会(ワイン・ソフトドリンク等と簡単なおつまみ付)を予定しております。

みなさま、お誘い合わせの上、ふるってご参加ください!<要事前予約>

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
E0324 3/24(土) 16:30~19:00 青山石川
記念ルーム
201
会員 無料 終了
受講生
一般 500円