『日伊文化研究』第37号

特集「家と家族」

  • ある遺言の五百―中世ジェノヴァの「家」から (亀長洋子)
  • イタリアの家族論と家族概念 (宇田川妙子)
  • バロック都市レッチェの居住空間 (陣内秀信)
  • <牛の眼>で見たシチリア―レオナルド・シャーシャの文学と家族 (武谷なおみ)
  • フェリーニと家・家族 (竹山博英)

自由論文

  • 「アトランティコ手稿」の一行について (裾分一弘)
  • ガリレオのルッヅァンテ体験 (小林満)
  • イタリア語のいわゆる〝現在〟形 (島津寛)
  • 晩年のクローチェをめぐる一考察―≪死≫と≪愚かな怠惰≫をめぐって (押場靖志)

新刊紹介

  • 『イタリアの詩人たち』須賀敦子著 (伊田久美子)
  • 『バロック人ヴィーコ』上村忠男著 (西本晃二)
  • 『ローマ』長尾重武著 (末永航)
  • 『ルネサンスの知と魔術』澤井繁男著 (糟谷啓介)
  • 『グィッチァルディーニの生涯と時代』末吉孝州著 (永井三明)
  • 『ルネサンスの美人論』岡田温司著 (森雅彦)
  • 『地域問題の形成と展開』竹内啓一著 (堺憲一)
  • 『イタリア憲法史』井口文夫著/『イタリア近代法史』パオロ・グロッシ、村上義和編 (小谷眞男)
  • 『テンレの物語』マリオ・リゴーニ・ステルン著、飯田熙男訳 (藤澤房俊)
  • 『体制移行の政治学』真柄秀子著 (村上信一郎)
  • 『ストレーレルは語る』ウーゴ・ロンファーニ著、高田和文訳 (田之倉稔)
  • 『人生を楽しみ懸命に働くイタリアーニ』小林元著 (岡本義行)

イタリア関係図書刊行目録
・恵贈図書目録
・編集後記

価格(税込み) 2,500円