イタリア映画セミナー&イタリア語講座交流会 『SAPORI E SAPERI D’ITALIA』のご案内

文化 食事
2016-04-27-01
イタリアが大好き、そしてイタリア語と奮闘中の皆様との楽しい交流会を企画しました。

お馴染みのイタリア語講師も参加します。教室の中でのイタリア語とはまた違った会話を楽しんでみませんか。

もちろんイタリア語がしゃべれなくても大丈夫です。
2016-06-18-02
同時に毎回大好評の押場先生(日伊協会イタリア語講座主任)による映画セミナーも開催します。

イタリアやイタリア語に興味のある方同士、バール デル ソーレによる美味しいイタリア料理とワインなど豊富な飲み物のアペリティーボ(ハッピーアワー)で楽しく盛り上りましょう!

日 時:2016年6月18日(土)16:00~18:30

16:00~17:00 映画セミナー 『映画の中のイタリア語:ヴィスコンティの魅力を求めて』 講師:押場靖志
17:00~18:30 交流パーティ

会 場:六本木 BAR DEL SOLE (バール デル ソーレ六本木店)
*東京メトロ日比谷線 六本木駅より徒歩5分
参加費:日伊協会会員・受講生 ¥2500 / 一般 ¥3500

映画セミナー『映画の中のイタリア語:ヴィスコンティの魅力を求めて』ご紹介

2016-06-18-01今年はイタリア映画の巨匠ルキーノ・ヴィスコンティの生誕110周年、没後40周年です。この5月からは名作『山猫』のすばらしい4K修復版と、晩年の大作『ルートヴィッヒ』のデジタルリマスター版が公開されておりますし、年末には『郵便配達は二度ベルを鳴らす』『揺れる大地』など初期の作品の上映も予定されています。

それにしてもヴィスコンティの魅力はどこにあるのでしょうか。ヴィスコンティは、ミラノの名門貴族の出身であるにもかからわず、左翼の知識人に惹かれ、共産党のシンパとなります。ゆえに「赤い貴族」と呼ばれました。元来貴族ですので、あくせく働く必要はない。ところがヴィスコンティは、死の直前まで働き続けます。つまり映画を撮り続けたのです。どうしてそんなことが起こったのか。すべては映画のせいなのです。

20世紀のなかば、映画はまさに新時代の芸術でした。そんな新しい芸術に衝撃を受け、強く惹かれたヴィスコンティ。人生のなかばにしてそれまでの暮らしを捨て、芸術の女神に仕える道に進むことになるのです。このミニセミナーでは、そんなヴィスコンティの残した映画作品の名シーンと、名セリフをご紹介しながら、この巨匠の魅力をお伝えしたいと思います。

押場 靖志

押場 靖志


<講師プロフィール>

日伊協会イタリア語講座主任。学習院大学、法政大学講師。東京外国語大学大学イタリア語科卒、同大学院地域研究研究科修了。ナポリ東洋大学に留学。元NHKテレビイタリア語講師。

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
E618 6/18(土) 16:00–18:30 Bar Del Sole
六本木店
一般 3,500 終了
日伊協会
会員
受講生
2,500