・在日イタリア商工会議所より 「家庭でできる美味しいビスコッティの作り方」のご案内

在日イタリア商工会議所からのご案内です。

在日イタリア商工会議所では、12月14日(木)、「シチリア」のアーモンドやピスタチオを
使って、イタリアのお菓子「ビスコッティ」を作るイベントを開催いたします。

「シチリア」のアーモンドやピスタチオを使って、イタリアのお菓子「ビスコッティ」を作ります。
ビスコッティはシンプルなレシピで作るため、材料や作り方で食感や味に差が出るお菓子。
美味しく作るポイントをしっかり押さえれば、家庭でも簡単に作れるお菓子なので、ぜひご自宅でも
試して頂きたいです。
おやつにもパーティーなどのみんなが集まる場でも、喜ばれること間違いなし!

【開催概要】
開催日: 2017年12月14日(木)
開催時間: 18:00~20:00
開催場所: 在日イタリア商工会議所 イベントスペース
住所: 〒108-0073 東京都港区4-1-27 FBR三田ビル9階
参加費: ICCJ/AQI/ADI 会員 3000 JPY
非会員 4500 JPY
セミナー言語: 日本語
申し込み/キャンセル締切: 12月8日(金)

◆日伊協会の会員もICCJ(在日イタリア商工会議所)会員価格にて参加可能ですので、
ふるってご参加ください。
お申込みの際、日伊協会の会員の方は、お申込みフォームの「会社名」に、「日伊協会」
と記載してください。

イベントのお申込みはこちらから

お問い合わせ先:在日イタリア商工会議所 projects@iccj.or.jp
TEL 03-6809-5802 (受付時間: 9:30-18:00)

イタリア語スピ-チコンテストを聴きにいこう!

恒例のイタリア語スピーチコンテストが本年も開催されます。


12:30 開場  13:00 開演

13:00~ イタリア語スピーチコンテスト

毎年の応募は、関東地方だけに留まらず日本全国から、年代は高校生からシニアの方々まで幅広い層に及びます。
そんな応募者の中から、原稿による審査を通過した方たちが熱いスピーチを行います。

出場者及びテーマは以下の通りです。発表順番は当日抽選により決定されます。

氏 名 テ-マ テ-マ(イタリア語)
福井 大智 私がイタリア語を始めるきっかけ
になった2つの出会い
Come Materazzi e il calcio
mi hanno convinto studiare l’italiano
福寿 和也 留学生活を豊かにしてくれた
イタリア語
L’italiano ha reso la mia vita bella
保坂 真名 共生への道 La strada per la convivenza
tra i giapponesi e gli stranieri
石井 友里香 人生の道標 Un punto de riferimento della mia vita
皆川 海樹 ナポリ、日常の中の音楽とドラマ Il napoletano ,musica e spettacoli quotidiani
宮下 采子 人生の決断 La decisione nella mia vita
大矢 かおり 私とチンクエチェント Io e la mia Cinquecento
櫻井 朋子 冒険の旅に出よう! Avventure che ti rendono felice
柴田 陽子 世界遺産のコントラスト:
軍艦島そして沖ノ島
Patrimoni dell’umanità in contrasto :
l’isola Gunkanjima e l’isola Okinoshima
高尾 海人 愛について Pensieri sull’amore
山岡 亜希子 働く母親の一人として思うこと Sono una mamma che lavora
吉野 美恵 それぞれの瞬間の輝き Ogni momento prezioso

15:15~ トークショー

そしてスピーチ終了後、審査時間の間はトークショーを聴きながら授賞式を待ちましょう。
今回のトークショーは、前回に続き「イタリア語よもやま話パート2『イタリア語・日本語』」です。

昨年のトークショーの模様


イタリア語通訳の第一人者であり、日伊協会でプロ通訳養成講座をご担当のリッカルド・アマデイ先生と、協会イタリア語講座・講座主任の押場靖志先生のおふたりに、イタリア語の面白さ及びイタリア語と日本語との関係について語っていただきます。

当日のスピーチのなかから、興味深い話題や、これは大切だと思えるイタリア語特有の表現などを取り上げ、日本語とイタリア語を交えてあれこれ話していただく予定です。

知っておくとイタリア人も驚くような、役に立つお話が満載です。

16:00~ 授賞式:審査結果発表、審査委員長講評、表彰

16:45~ 懇親会(参加無料)
授賞式終了後には懇親会を行います。コンテスト出場者や審査委員の先生方を囲んで、イタリア語の学び方、上達の仕方を伺ってみませんか?

皆様のご来場をお待ちしております。

開催日 時間 会場 参加費 備考
12/02(土) 13:00~17:00 イタリア文化会館 無料 終了

「イタリア音楽の旅 最終回」フラウト・トラヴェルソで聴く~イタリアゆかりの古典派音楽~ を聴きに行こう!

一般社団法人ヴィアガレリアからのご案内です。

********************************************************************************************
「イタリア音楽の旅 最終回」~フラウト・トラヴェルソで聴く~イタリアゆかりの古典派音楽~ を聴きに行こう!

イタリアといえば「オペラ」!18世紀後半以降は、ほぼオペラ一色の時代ですが、国境を越えてヨーロッパ各地でイタリアの作曲家が活躍する時代でもありました。「メヌエット」が有名なボッケリーニはスペインに腰を落着け多くの傑作を残す一方、モーツァルトのように、音楽キャリアを積むためイタリアを訪れる音楽家も多数いました。

「セヴィリャの理髪師」と聞けば「ロッシーニ!」ですが、最初に同名オペラで一世を風靡したのは、演奏会登場のパイジェッロでした。イタリア文化会館の後援で続いたシリーズもいよいよ最終回です。当時のno.1メロディー・メーカー、パイジェッロやチマローザらの、アリアのように謳うフルート四重奏曲の名曲、滅多に演奏されないレア曲をどうぞ。

当日は、モーツアルトの代表曲フルート四重奏曲に加え、オペラ・アリアを死後まもなく出版された当時のアレンジ譜で演奏します。どの曲になるかは、当日のお楽しみに! いづれも当時の楽器「クラシカル・フルート」の響きで味わいます。

日時:2018年1月24日(水) 18:45pm~ 開演 
場所:日本ホーリネス教団 東京中央教会 (大久保)
演奏:古楽アンサンブル ムジカ・レセルヴァータ (Fl.国枝俊太郎、Vn.小野萬里、Va.深沢美奈、Vc.髙橋弘治)

曲目(一例)
モーツァルト フルート四重奏曲 K.285, および K.Anh171
ボッケリーニ 弦楽三重奏曲 ヘ長調 op.47-6
パイジェッロ フルート四重奏曲 op.23-3, もしくは op.23-6
チマローザ:フルート四重奏曲 イ短調  他


チケット:一般 4,000円(税込) 
日伊協会会員割引料金: 3,500 円(税込)  全席自由
日伊協会会員専用の割引申し込みはこちら、または右記QRコードから。
(日伊協会会員番号記入の上、お申込みください)
ホームページはこちら

お問合先: 一般社団法人ヴィアガレリア(岡田) tel.045-961-0813、

イタリア留学フェア及び体験レッスン&セミナー

イタリア各地から来日した語学学校、専門学校、大学が一堂に会する年に一度しかない貴重な留学のイベントです。

日伊協会ではこのイベントに共催して協会ブースを設置。日伊協会のブースではフェアの総合案内を行います。お気軽にブースにお越し下さい。

また11月12日(日)には、押場イタリア語主任講師による体験レッスンと日伊協会留学担当による語学留学をABCから説明するセミナーも開催いたします。

《留学フェア》
日 時:2017年11月11日(土)~12日(日) 10:30~19:00

《イタリア語体験レッスン&ゼロからの語学留学セミナー》

日 時:2017年11月12日(日) 
・体験レッスン:11:00~11:45
・ゼロからの語学留学セミナー:11:45~12:30
(事前予約不要、当日参加可能)

会 場(共に):九段 イタリア文化会館

クロナカ155号刊行

日伊協会会報『クロナカ』2017年秋号(通巻155号)が刊行されました。
ただいま、発送作業を行っています。

今号の特集は、今年5月に第100回大会を迎えた世界三大自転車レースの1つ、「ジロ・ディ・イタリア」(Giro d’Italai)を取り上げました。

クロナカ155号表紙

冒頭記事は、一般社団法人国際自転車交流協会会長の長谷川昭憲さんに、ジロの歴史とその魅力をまとめていただきました。このレースが、イタリア人にどれだけ愛され、どれだけ深く心に刻まれているかが理解できることでしょう。

続いて、ほぼ毎年ジロ観戦のためにイタリアに渡っている “プチジロマニア” の村杉知子さんに、汗と涙と笑いのジロ観戦の楽しみと苦しみを書いていただきました。

また、料理研究家であり日伊協会理事でもある長本和子さんによる、新連載「食の万華鏡」がはじまりました。毎回、イタリアの食材、食品を1つ取り上げていただき、その興味深い歴史や楽しいエピソードなどを語っていただきます。

『クロナカ』は、日伊協会の会員以外の方にもお分けしております。
当サイトの「会報『Cronaca』一覧」ページの[お申し込み]ボタンをクリックしてお申込みください。

また、事務局に直接電話でお申し込みいただいても結構です。
その際は、「クロナカ2017年秋号(155号)希望」とお伝えください。
tel. 03-3402-1632 (日伊協会事務局)

-------------------
【目次】 (表紙を含めて全24ページ、行頭の数字はページ番号です)
特集:第100回大会を迎えたジロ・ディ・イタリア
4 イタリア人に夢と希望を与えてきた「ジロ」の歴史 長谷川昭憲
8 つらくて楽しいジロ観戦の魅力 村杉知子
--+--+--+--+--+--+--
10 イタリアの聖堂装飾<2> ガッラ・プラキディア廟堂 松浦弘明
12 モスカテッロ・リポート 素顔のイタリア <22>
時代を越えて引き付け合うイタリア人と日本人
アントニオ・モスカテッロ、廣石正和(訳)
14 イタリアの最も美しい村<2> 長谷川恵美
湖に突き出た堅固な要塞の村カスティリオーネ・デル・ラーゴ
16 陣内がゆく<15> 水都ラヴェンナを想う 陣内秀信
17 イタリア・食の万華鏡<1> 長本和子
皿の向こうに何かが見える──ビアンコマンジャーレの話
18 Yoshio AntonioのイタリアPOPS小辞典<17> 磐佐良雄
日本からイタリアン・ポップスを聴くには?
18 幸せになるためのイタリア語講座<7>
過去も未来も仮定文のなかに 清水直子
19 BAR SPORT<20> 佐藤徳和
ユーロバスケット、アッズーリは3大会連続のベスト8敗退
20 イタリアのニュースから
22 第6回 日伊文化交流「夏のフェスタ2017」ご報告
23 恵贈図書
表紙写真 シチリア島 ガンジ 二村高史

(在日イタリア商工会議所)「料理ワークショップ ー ヴァルテッリーナ風ピッツォッケリ」のご案内

在日イタリア商工会議所からのご案内です。

********************************************************************************

在日イタリア商工会議所では、10月26日(木)、蕎麦粉を使用したパスタ『ピッツォッケリ』のクッキングセミナーを開催いたします。

日伊協会の会員もICCJ(在日イタリア商工会議所)会員価格にて参加可能ですので、ふるってご参加ください。

イベントの詳細・お申込みは、こちらをご参照ください。

※お申込みの際、日伊協会の会員の方は、
お申込みフォームの「会社名」に、「日伊協会」と記載し、
「●ICCJ/ADI/AQIの会員ですか? 」の項目の「ICCJ(3900 JPY)」にチェックを入れてください。

お問い合わせ先:在日イタリア商工会議所 TEL: 03-6809-5802 (受付時間: 9:30-18:00)

日伊協会 入会キャンペーン実施中。今なら会費が半額です!

日伊協会は、過去80年近くにわたり、イタリア語の普及やイタリア文化理解の促進に大きな実績を残しています。

このような日伊協会の活動を支えて下さっているのが法人、個人の会員の皆様です。今後もイタリアを愛する皆様のご要望にこたえられるよう、魅力あふれるイベントとイタリア語講座の更なる充実を図っていきますので、イタリアに興味がある方、日本とイタリアの交流に関心のある方、ぜひ、この機会にご加入をご検討ください。

資格・年齢問わず、どなたでもご入会できます。もちろんイタリア語ができなくても大丈夫。

ただいまご入会いただくと、2017年度(有効期限:2018年3月末日)の年会費が半額になります。

ユース会員<25歳以下>3,000円→1,500円
個人普通会員6,000円→3,000円
個人賛助会員1口2万円から→1口1万円から
法人賛助会員1口10万円から→1口5万円から
また、個人普通・賛助会員に関しては、家族会員割引制度(2人目より年会費から2,000円割引)がございます。

お申込みはこちらからどうぞ

*会員特典*

・イタリア語講座割引(個人普通/賛助会員:春期・秋期イタリア語講座1講座につき1,000円引、ユース会員:半額割引<複数回に分割されている講座は1講座とみなします。一部除外講座あり>)
・イタリア文化セミナー割引
・フェスタ、交歓会、講演会など各種イベントへの優先、優待参加
・季刊会報誌『クロナカ』無料送付
・年刊学術誌『日伊文化研究』無料送付・査読付投稿資格
・イタリア留学無料相談・手続代行料割引・奨学金制度
・図書貸し出し
・提携イタリアレストラン・食品専門店優待
・コンサート・オペラチケットの優待割引

会員特典の詳細はこちらからどうぞ

*退会のお申し出がない限り自動継続となります。尚、次年度以降の年会費は全額となります。ユース会員にお申込みの場合は、生年月日を証明する書類(運転免許書、学生証などの写し)をご提出ください。

東京都観光ボランティア募集開始のご案内

東京都観光ボランティア事務局よりのご案内です。

——————————————————————————————–

東京都では、「東京都観光ボランティア」の活動を通じて、東京を訪れる外国人旅行者に東京の魅力を紹介しています。この度、新たに平成30年度から活動していただける方を募集します。
募集内容については、次のとおりです。皆様のご応募をお待ちしております。

1 活動内容
(1)街なか観光案内(英語等)
  外国人旅行者が多く訪れる地域の街なかで、旅行者に対して観光案内など各種案内を提供する。
(2)都庁案内ガイドサービス(英語・中国語・韓国語)
  都庁を訪れた外国人旅行者に対し、外国語で都庁内をご案内、展望室からの景色をご案内する。
(3)展望室案内ガイドサービス(英語・中国語・韓国語)
  展望室を訪れた外国人旅行者に対し、外国語で展望室からの景色をご案内する。
(4)派遣ボランティア(英語等)
  国又は地方公共団体等が実施するイベント・国際会議等でインフォメーション活動等を実施する。
(5)観光ガイドサービス(英・中・韓・仏・独・西・伊)
  外国人旅行者からのニーズが高い観光ルート13ルートにおいて外国人旅行者のガイドを実施する。
  ※原則として、初年度は街なか観光案内に参加していただきます。

2 活動開始日
  平成30年4月以降

3 募集予定数
  500名程度 ※書類選考があります。

4 募集期間
  平成29年9月25日(月)14時00分から平成29年10月16日(月)10時00分まで

5 募集条件
(1)平成30年3月31日時点で年齢18歳以上
(2)都の観光スポットやボランティアガイドについて自ら学ぶ意欲を持ち、おもてなしの心をもって活動に参加できる方
(3) 外国の方とコミュニケーション可能な語学能力を有する方
※イタリア語の基準は、実用イタリア語検定試験3級以上あるいはイタリア政府公認イタリア語検定試験B1以上となっています。
(4)1か月に1回以上活動可能な方 等

6 書類選考結果のお知らせ
  メールで結果をお知らせいたします。(平成29年12月末発送予定)

お申し込みについて
  申込開始の平成29年9月25日14時00分から、下記よりお申込みいただけます。

東京都観光ボランティア申込みページ(外部サイトへリンクします。)

平成29年度 東京都観光ボランティア募集要項のダウンロード
  募集要項(PDFファイル)

【問い合わせ先】
東京都観光ボランティア事務局 募集担当
電話 03-5657-0651(受付時間:9時00分~18時00分)

・9/25 ミシュラン 2 つ星、ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン
シモーネ・カンターフィオシェフのクッキングショー のご案内

在日 イタリア商工会議所からのご案内です。

———————————————————————————————

(人数制限あり)
Event Date:2017 年 9 月 25 日 (月)、18 時 30 分
Venue:ICCJ – Event space

9 月 25 日 (月)に在日 イタリア商工会議所にてミシュラン星付きシモーネ・カンターフィオシェフがスペシャルクッキングショーを行います。ICCJ Gala Dinner & Concert でディナーを振る舞 ってもうらその前に、シェフを特別ご招待 しその腕前を皆様に披露 します!

イタリアの著名なシェフ(カルロ・クラッコ、グアルティエーロ・マルケージ)の下で修行を積んだ彼は、多 くの名店で今に繋がる技術 と経験を重ねます。(三ツ星レストラン「ジョルジュ・ブラン」ヴォナ; 「ザ ヴィンヤード」ストッククロス, 「ルレ・エ・シャトー」イギリス; 「Quay by ピーター・ギルモア」シドニー) 。

キャリアを積み始めた 4 年後の 2015 年 、北海道にあるザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ内のレストラン、ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン(ミシュラン二つ星 )のエグゼクティブ・シェフとして選ばれました。

そんな才能豊かなシェフが腕 をふるって用意する料理を試食できるまたとない機会になります。お申 し込みをお待ちしております!

開催日: 2017 年 9 月 25 日 (月)
開催時間: 18:30 – 20:00
開催場所: 在日イタリア商工会議所 イベントスペース
住所: 東京都港区 4-1-27 FBR 三田ビル 9 階 108-0073
地図:こちら

参加費: ICCJ/AQI/ADI/日伊協会 会員 4,000 JPY
非会員 6,000 JPY
セミナー言語: イタリア語 (日本語通訳付き)
申し込み/キャンセル締切: 9 月 22 日 (金 )18:00
申込 フォーム:こちらから
お問い合わせはevents@iccj.or.jp

国際交流基金 海外運営専門員(ローマ)募集について

国際交流基金からのご案内です。

————————————————————————————————-

国際交流基金 海外運営専門員(ローマ)募集について

1. 募集の目的
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日本の国際文化交流事業を推進するための専門機関として、
(1)文化芸術交流、
(2)海外における日本語普及、
(3)日本研究・知的交流の3分野を中心とした国際文化交流事業を総合的に実施しています。
現在、海外23カ国24都市に24カ所の拠点を有しています。
この度、ローマ日本文化会館において同文化会館の業務を補助する「海外運営専門員」を派遣するため、以下のとおり募集を行います。

2. 派遣先
ローマ日本文化会館

3. 業務内容
(1) 館長をはじめとした管理職の業務補佐
(2) 総務・経理事務
(3) 施設の運営・管理
(4) 展示会・公演・講演会等各種イベントの運営・実施

4. 応募資格
以下の各項目(1)~(4)全てを満たす方。
(1) 四年制大学卒業以上の学歴を有する方。
(2) 日本語及びイタリア語による業務の遂行が十分可能である方(イタリア語運用能力については、CEFR B2以上)。
※イタリアでの留学歴や在勤歴がより望まれます。
(3) 社会人としての職歴を2年以上有する方。
※会計・庶務等の実務経験を有する方を歓迎します。 
(4) 日本国籍を有する方。(査証等の手続きの制約のため)

5. 求める経験・スキル等
(1) 海外における国際文化交流事業に関心を有する方。
(2) 組織貢献意欲、コミュニケーション能力、柔軟性、適応力、行動力に富むこと。
主要な業務の一つに、館長等の職員の業務補佐、外部関係者との折衝・交渉等がありますので、高いコミュニケーション能力や調整能力が求められます。
(3) 業務上必要な知識を自主的に習得する意欲があること。
業務遂行には、業務運営・施設管理等に関する現地の各種法令・慣行・税制等の知識、契約に関する知識、各種イベントの運営実施に関すること、広報に関すること、コンピュータやネットワークに関すること等、幅広い知識が必要となりますので、これらに関する知識を有するか、または、自主的に習得する意欲があることが求められます。
(4) イベント開催等による休日出勤、出張、その他庶務雑務の要請にも柔軟に対応できること。

6. 募集人数
1名

7. 派遣時期
平成30(2018)年2月(予定)

8. 契約期間
1年間(更新の可能性がありますが、最長で3年間となります。)

9. 派遣期間中の待遇
海外運営専門員の旅費及び給与等については、海外運営専門員の派遣に関する規程及び細則(以下「規程等」という。)に基づいて、次のとおり支給します。
(1) 旅費
規程等により赴任時及び帰国時に旅費を支給します。
(2) 給与等
規程等により本俸・在勤手当(合計月額39万円程度)、住居手当等の支給及び社会保険への加入。退職金は支給されません。
※本俸等の金額は、規程等の改正に伴い、随時見直しが行われることがあります。
(3) 独立行政法人国際交流基金在外共済会(以下「在外共済会」という。)
海外運営専門員は、在外共済会に加入していただきます。これは、当基金が海外に派遣する専門家等を対象として、当基金の負担金と加入者の掛金により行う相互共済のための制度で、疾病・傷害療養費補償・給付、死亡時弔慰金補償等を行っています。

10.海外運営専門員の身分
当基金は、海外運営専門員と有期雇用契約を締結し、それに基づき海外運営専門員を任地に派遣します。(なお、当基金は運営専門員との契約終了後の就職の斡旋や生活保障の責任は負いません。)

11. 応募手続
(1) 指定の応募用紙をダウンロードしてください。
海外運営専門員応募用紙(当基金作成指定用紙)【EXCEL:56KB】 1通
(2) 職務経歴書(書式自由、A4用紙1枚以内) ※必ず右上に氏名を記載すること。
(3) 大学卒業証明書(原本) 1通
大学院修了(見込)者は、大学院修了(見込)証明書(原本)1通もあわせて提出すること。
(4) 宛先
〒160-0004東京都新宿区四谷 4-4-1
国際交流基金 総務部 拠点管理課 海外運営専門員採用係
(朱書きにて「海外運営専門員(ローマ)応募書類在中」と記載のこと。)
(5) 締切
平成29(2017)年10月2日(月曜日)18時(必着。郵送のみ受付。持込不可)
なお、応募書類は返却いたしません。
また提出書類は、採否審査のため外部有識者等の評価者に提供することがあります。情報を提供する際は、個人情報の安全確保のための措置を講じます。

12. 選考
(1) 第一次選考(書類選考)
提出された書類に基づいて選考を行います。結果は、平成29(2017)年10月5日頃にメール(応募用紙に記載されたもの)で通知いたします。なお、以後の連絡は全て同メールアドレスにお送りいたします。
(2) 第二次選考(筆記試験・面接)
第一次選考合格者に対し、以下のとおり筆記試験と面接を行います。場所はいずれも国際交流基金本部(東京)です。集合時刻は第一次選考結果通知時に指定します。受験のための交通費は支給しません。結果は平成29(2017)年11月上旬にメールで通知します。

【筆記試験】
日程:平成29(2017)年10月14日(土曜日)14時~(予定)
内容:イタリア語和訳および和文イタリア語訳(いずれも記述式)。
所要時間:約2時間30分程度(予定)
※集合時間は書類選考結果通知時に指定します。

【面接】
日程:平成29(2017)年10月26日(木曜日)午後(予定)
内容:人物評価及びイタリア語口頭試験。
所要時間:約30分程度(予定)
※集合時間は筆記試験当日に指定します。

13.問い合わせ
〒160-0004東京都新宿区四谷4-4-1
国際交流基金 総務部 拠点管理課 海外運営専門員採用係
Eメール:unsen@jpf.go.jp
※件名に「海外運営専門員(ローマ)の採用について」と記載してください。
(※メール送信の際は、全角@マークを半角@に変更してください。)

クロナカ154号発行

日伊協会会報『クロナカ』2017年夏号(通巻154号)が刊行されました。
すでにお手元に届いているころかと思います。

今号は、夏号恒例の「イタリア 島めぐり」。今回で5回目になります。

クロナカ154号表紙今回ご紹介するのは、次の3箇所です。
1.ヴェネツィア本島とリド島にはさまれて並ぶ歴史的に重要な3つの島「サン・セルヴォロ島」「サン・ラッザロ・デッリ・アルメーニ島」「ラッザレット・ヴェッキオ島」。
2.シチリアの北に浮かぶ風光明媚なエオリエ諸島の一つ「サリーナ島」。
3.ナポリ湾の南に浮かぶ世界的な観光地・別荘地である「カプリ島」。

どれも、通常のガイドブックとは違った視点から、島の魅力を掘り下げて紹介しています。心暖かな島の人びととの出会い、島に刻まれた歴史の重みを味わってください。

また、新連載が2本。
1本は、前々号まで「イタリアルネサンス絵画史」を連載していた松浦弘明さんによる「イタリアの聖堂装飾」。もう1本は、「イタリアの最も美しい村協会」日本担当の長谷川恵美さんによる「イタリアの最も美しい村」です。今後の展開をお楽しみに。

『クロナカ』は、日伊協会の会員以外の方にもお分けしております。
当サイトの「会報『Cronaca』一覧」ページの[お申し込み]ボタンをクリックしてお申込みください。

また、事務局に直接電話でお申し込みいただいても結構です。
その際は、「クロナカ2017年夏号(154号)希望」とお伝えください。
tel. 03-3402-1632 (日伊協会事務局)
-------------------
【目次】 (表紙を含めて全24ページ、行頭の数字はページ番号です)
特集:イタリア 島めぐり<5>
4 ヴェネツィアの歴史が刻まれた サンマルコ湾に浮かぶ3つの島 持丸史恵
6 思い出深いサリーナ島での出会い 大下竜一
8 カプリ島にみる伝統民家と外国人の別荘群 河村英和
--+--+--+--+--+--+--
10 イタリアの聖堂装飾<1>イントロダクション 松浦弘明
12 モスカテッロ・リポート 素顔のイタリア <21>
「血の法」から「文化の法」へ アントニオ・モスカテッロ、廣石正和(訳)
14 イタリアの最も美しい村<1>
「イタリアの最も美しい村」協会について 長谷川恵美
15 日本バチカン国交75周年 バチカンの宮殿で能公演が開かれる 宝生和英
16 陣内がゆく<14>ステファナート氏との劇的な再会 陣内秀信
17 BAR SPORT<19>ASローマ、ついに新スタジアム建設が認可 佐藤徳和
18 Yoshio AntonioのイタリアPOPS小辞典<16> 磐佐良雄
ジリオラ・チンクェッティ来日公演、意外なズッケロとの共通点!
19 幸せになるためのイタリア語講座
<5> PASSIONE─情熱 水野孝、<6>INCONTRO─出会い 長南稀衣
20 イタリアのニュースから
22 第6回 日伊文化交流「夏のフェスタ2017」ご報告
23 恵贈図書
表紙 アマルフィ海岸 ポジターノ 二村高史

第6回 日伊文化交流「夏のフェスタ2017」ご報告

ときに熱っぽく、ときにユーモラスな語り口の講演で参加者を沸かせた落合務シェフ

 7月1日、日伊協会主催による恒例の「夏のフェスタ2017」(共催:イタリア文化会館、後援:在日イタリア商工会議所、協賛:リョービツアーズ トゥッタ・イタリアカンパニー)を、東京・九段のイタリア文化会館において開催いたしました。おかげさまで、参加者が約230名に達する盛会となりました。

 第1部前半は、達人シェフとして、そして日本イタリア料理協会会長として活躍なさっている落合務シェフによる「イタリアと日本の食文化について」と題した講演です。

修行時代の愉快で痛快な体験の数々、素晴らしい人たちとの出会いなどをユーモアたっぷりに語っていただくと同時に、食にとどまらないイタリアと日本の文化の相違点について紹介いただき、参加者はすっかり落合さんの世界に引き込まれました。

スリリングな演奏で会場を魅了したオッタビアーノ・クリストフォリ氏


 第1部後半は、オッタビアーノ・クリストフォリ氏のトランペット(ピアノ:高橋ドレミ氏)による4曲の演奏。輝かしく透きとおった音色に、誰もが大きな驚きと感動を受けたことと思います。暖かい人柄がしのばれる笑顔も印象的でした。

 第2部はラッフル(くじ付き募金券)抽選会。リョービツアーズ トゥッタ・イタリアカンパニーのご提供による日本・イタリア往復航空券をはじめ、数多くの景品のご提供をいただき、抽選会はおおいに盛り上がりました。

この募金は、日本からイタリアへの文化発信事業に助成する「日本文化奨励基金」を拡充することを目的としています。

 第2部の終わりには、テノール歌手の三浦幸未知氏によるピアノと歌唱指導により、全員でナポリ歌謡の『サンタルチア』を歌いました。

懇親パーティーの食事のメイン料理が登場! この頭はつくりものです、念のため


 第3部は、イタリア料理とワインを楽しみながらの懇親パーティーです。料理は、長本理事の監修のもとバール・デルソーレにお願いしました。

アンティパストとして3色のブルスケッタ、前菜3種の盛り合わせに始まり、プリーモはレンズ豆とパンチェッタのマッケローニ、セコンドは豚肩ローストをサルデーニャ風にミルト風味のソースを添えて提供されました。デザートは、ティラミス、カントゥッチーニ、カットフルーツ(ブラッドオレンジ)、そしてエスプレッソです。また、ご提供いただいたカンパリとワインが料理を一層盛り上げました。

 今回の企フェスタには、多くの方々に企画協力をいただいたほか、多くの企業・個人からラッフル賞品、飲物、食材、お土産品のご提供など多大の協賛をいただきました。ここにお名前を掲載して深く御礼申し上げます。(敬称略)

落合務、オッタビアーノ・クリストフォリ、高橋ドレミ、三浦幸未知、イタリア文化会館、在日イタリア商工会議所、株式会社リョービツアーズ トゥッタ・イタリアカンパニー、スルガ銀行、日本ユニシス株式会社、株式会社文芸社、小田原城カントリー倶楽部、Caruso 遠藤美紀子、株式会社資生堂、株式会社サンリオ、株式会社三笠会館、株式会社ジィエィインク、ヴィア・ガレリア、リスペクト・レコード社、イプシロン・インターナショナル株式会社、株式会社ワーナーミュージック・ジャパン、長野日伊協会、宮崎日伊協会、仙台日伊協会、北海道日伊協会、(公財)日本イタリア会館(京都)、篠利幸、長本和子、山手昌樹、サンペレグリノ&アクアパンナ、えひめ南農協、株式会社フォルトゥーナ(バール・デルソーレ)、企業組合かほくイタリア野菜研究会、高瀬物産株式会社、日欧商事株式会社、バリラジャパン、日本製粉株式会社

 最後になりましたが、ご参加いただきました方々に、改めて御礼を申し上げます。

日伊協会役員異動

今般、日伊協会役員異動がありましたので、ご報告致します。

(6月29日第10回評議員会)

評議員に岡野光喜氏(スルガ銀行会長)を選任。評議員会代表に就任。

(6月12日第24回理事会)

副会長に高田和文理事(静岡文化芸術大学理事)を選定。定款第26条第3項により代表理事となる。

名誉会長にジョルジョ・スタラーチェ新駐日イタリア大使、名誉顧問にパオロ・カルヴェッティ新イタリア文化会館館長の就任を委嘱する。

《訃報》辻茂様ご逝去

《訃報》

辻茂様(東京芸術大名誉教授、西洋美術史家)が7月2日、肺炎のためイタリア中部オルビエートの病院で逝去されました。87歳でした。

葬儀は近親者で行われました。

辻様におかれましては、日伊協会では、常務理事、日伊文化研究編集委員長などをお勤めいただき、日伊協会の発展に多大の貢献をなされました。

ご生前の日伊協会へのご尽力に感謝いたしますとともに、ご冥福を心からお祈りいたします。

ジリオラ・チンクェッティ コンサートのご案内


クラブチッタ様からのご案内です。

———————————————————————————–

カンツォーネの妖精ジリオラ・チンクェッティが帰ってくる!


サンレモの歌姫として日本でカンツォーネ・ブームを巻き起こしたオーラ。弦楽奏者を含む十数人の演奏家を従えて来日!


彼女の華麗なる珠玉の名曲の数々が、魅惑のラブ・サウンズとともに甦る。

全国からの熱いリクエストに応えて、24年ぶりの来日公演が遂に実現!!


「ジリオラ・チンクェッティ 夢みる想い〜プレミアム リサイタル 2017」

11月18日(土),19日(日)

会場:CLUB CITTA’ ― クラブチッタ [神奈川県川崎市] ―

【公演特設ページ】は、こちらから

■主催:テレビ朝日/クラブチッタ

■招聘・企画制作:クラブチッタ

■後援:イタリア大使館、イタリア文化会館、イタリア大使館 観光促進部、在日イタリア商工会議所

公益財団法人日伊協会会員限定企画
新国立劇場 2017/2018シーズン・オペラ公演 団体観劇 募集のご案内

この度、日伊協会の会員様限定の企画といたしまして、新国立劇場が主催する2017/2018シーズン・オペラ公演より、イタリア語上演の作品を「団体価格」(5%割引)にてご案内することなりました。

本企画は該当公演を会員様にご紹介して、観劇希望者を募るものです。相当数の参加者が見込まれますので、「団体価格」でご案内させていただきます。「日伊協会 会員団体」として特別の申込みとなりますので、是非この機会をご利用下さい。お取り扱いチケットはS席とA席のみとさせていただきます。(アイーダに関しましてはS席のみのお取り扱いとさせていただきます。)

なお、日伊協会の会員以外の方はお申込みが出来ませんので、ご了承下さい。但し、会員の方であれば、複数枚数の購入が可能です。ご同伴者、ご家族、ご友人のチケットも併せてお買い求めくださいませ。

お申込み方法

(1)「日伊協会優待チケット申し込み」として下記事項を明記の上、締切日までに日伊協会宛にメールまたはFAXにてお申し込みください。(アイーダの締切日が早期に設定されておりますので、ご配慮下さい。)
メール:iscrizione@aigtokyo.or.jp   FAX:03-3402-3707

【記載事項】
①演目②日時(第2希望、第3希望がある場合は付記してください)③S席、A席の別(第2希望がある場合は付記してください)④枚数⑤会員番号⑥氏名⑦住所⑧電話番号⑨メールアドレス及び/又はFAX番号

(2)お席の確保ができましたら、日伊協会からご連絡いたします。お申し込みから5日間経っても連絡がない場合は、日伊協会にお問い合わせください。

(3)日伊協会へチケット代金のご入金をお願いいたします。青山教室事務局受付において現金でも承ります。
振込先:三菱東京UFJ銀行 青山通支店 普通 0123662 財)日伊協会

(4)入金が確認できましたら、日伊協会からチケットを送付いたします。(それぞれの演目ごとのお申込期限後に普通郵便での送付となります。公演日間近になっても届かないときは日伊協会にお問い合わせください。)

お問い合わせ先
(公財)日伊協会TEL:03-3402-1632 
〒107-0052 東京都港区赤坂7-2-17 赤坂中央マンション2階

会  場
新国立劇場 オペラパレスTEL:03-5351-3011 〒151-0071 東京都渋谷区本町1-1-1
<京王新線(都営新宿線乗入)「初台駅」中央口直結>
各オペラ公演の詳細に関しては、新国立劇場HPをご参照下さい。
 http://www.nntt.jac.go.jp/opera/                                   新国立劇場HPのQRコードはこちら⇒

当該演目/団体価格(5%割引)/締切日 一覧

椿姫(過去の舞台写真より)
撮影:寺司 正彦/提供:新国立劇場


 椿 姫

公演日程
2017年11月16日(木)19:00
2017年11月19日(日)14:00
2017年11月23日(木・祝)14:00
2017年11月25日(土)14:00
2017年11月28日(火)14:00

団体価格
S席:25,650円 (正価:27,000円)
A席:20,520円 (正価:21,600円)

締切日 2017年10月31日(火)

愛の妙薬(過去の舞台写真より)
撮影:三枝 近志/提供:新国立劇場

 愛の妙薬

公演日程
2018年3月14日(水)19:00
2018年3月16日(金)14:00
2018年3月18日(日)14:00
2018年3月21日(水・祝)14:00

団体価格
S席:22,570円 (正価:23,760円)
A席:18,460円 (正価:19,440円)

締切日 2018年2月28日(水)

アイーダ(過去の舞台写真より)
撮影:三枝 近志/提供:新国立劇場


アイーダ

公演日程
2018年4月5日(木)18:00
2018年4月8日(日)14:00
2018年4月11日(水)14:00
2018年4月17日(火)14:00
2018年4月20日(金)18:00
2018年4月22日(日)14:00

団体価格
S席:27,700円 (正価:29,160円)

締切日 2017年11月6日(月)

トスカ(過去の舞台写真より)
撮影:寺司 正彦/提供:新国立劇場


 トスカ

公演日程
2018年7月1日(日)14:00
2018年7月4日(水)19:00
2018年7月8日(日)14:00
2018年7月12日(木)14:00
2018年7月15日(日)14:00

団体価格
S席:22,570円 (正価:23,760円)
A席:18,460円 (正価:19,440円)

締切日 2018年5月31日(木)

 

(コラボ企画)一週間のプチ留学のご案内

トスカーナの古都シエナで一週間のプチ留学♪ 語学レッスン&ホームステイ、充実のアクティビティで深くておいしいイタリア滞在を♪
■公益財団法人日伊協会とシエナ ダンテ・アリギエーリ校とのコラボレーションにより充実の一週間プチ留学プログラムが実現!

トスカーナらしい洗練された街並みのシエナで、午前中は語学レッスン、午後は充実のアクティビティ、滞在はホームステイで深くじっくりイタリアをお楽しみいただけます。

長期の留学を見据えたお試し留学としてもオススメ。世界一美しいと称されるカンポ広場、壮麗なゴシック建築のファサードのドゥオモ……。治安もよく美しい街並みの中で、普段の旅行では味わえないイタリア暮らしをお楽しみください。

■充実のアクティビティをご用意! より深くイタリアをお楽しみいただけます。

月曜:学校とシエナをまわるオリエンテーション
火曜:①シエナ市庁舎の美術と歴史(クラスで30分程講義を受けた後、オンサイトで見学しながら講義を受けます)②イタリア料理レッスン(フルコースを実際に調理実習)
水曜:キャンティとサンジミニャーノへ(ワインティスティング付)
木曜:ドゥオーモと地下聖堂( クラスで30分ほど講義を受けた後、オンサイトで見学しながら講義を受けます)

■安心の全送迎付き!延泊などのアレンジも可能です。

■ツアー主催:イタリア旅行専門店Tutta Italia

ツアーの詳細は主催元のイタリア旅行専門店Tutta ItalianoのHPをご確認下さい

日程 予定 宿泊
【土曜日】
アリタリア−イタリア航空にて、ローマ経由でフィレンツェへ。

(午後)成田空港 → (夜)ローマ・フィウミチーノ空港 〜乗り継ぎ〜
(夜)ローマ・フィウミチーノ空港 → (夜)フィレンツェ・ペレートラ空港
到着後、専用送迎車にてシエナのステイ先へ。
○この送迎車は、当パックに含まれております。

シエナ
(ホームステイ)
【日曜日】
朝食後、シエナで一日フリータイム
シエナ
(ホームステイ)
【月曜日】
いよいよ1週間の語学留学レッスン開始!
8:45 学校にててクラス分けのためのプレースメントテスト
9:30〜13:20 学校にてイタリア語とイタリア文化のレッスン (30分休憩) 14:30 学校とシエナをまわるオリエンテーション
シエナ
(ホームステイ)
【火曜日】
9:10〜13:00 学校にてイタリア語とイタリア文化のレッスン (30分休憩)
14:30〜16:30 シエナ市庁舎の美術と歴史( クラスで30分ほど講義を受けたあと、実際に見学しながら講義を受けます)
17:30〜21:30 イタリア料理レッスン(フルコースを実際に調理実習)
シエナ
(ホームステイ)
【水曜日】
9:10〜13:00 学校にてイタリア語とイタリア文化のレッスン (30分休憩)
午後、キャンティとサンジミニャーノへエクスカーション(ワインティスティング付)
出発は13:00 (11〜5月) 、または14:00 (6〜10月)
シエナ
(ホームステイ)
【木曜日】
9:10〜13:00 学校にてイタリア語とイタリア文化のレッスン (30分の休憩を含む)
14:30〜16:30  ドゥオーモと地下聖堂(クラスで30分ほど講義を受けたあと、実際に見学しながら講義を受けます
★夕食を兼ねた料理レッスンの追加も可能です(要追加料金)
シエナ
(ホームステイ)
【金曜日】
9:10〜13:00 学校にてイタリア語とイタリア文化のレッスン (30分休憩)
午後 フィレンツェのホテルへご送迎
〇この区間の送迎は、当パックに含まれております。
フィレンツェでフリータイム
フィレンツェ
(ルレ・ウフィツィ)
【土曜日】
ホテルをチェックアウト後、専用送迎車にてフィレンツェ空港へ移動
○この送迎車は、当パックに含まれております。

(午前)フィレンツェ空港 → ローマ・フィウミチーノ空港
(午後)ローマ・フィウミチーノ空港 → (翌午前)成田空港

機中泊
【日曜日】
午前:成田空港着

** お疲れ様でした **

ヴェルディ・スペシャルコンサートのご案内

この度、日本のヴェルディ・オペラの発展に貢献され、物故者となられた樋口廣太郎、原山道衛、永竹由幸の3人の方々をしのぶメモリアル~ヴェルディ・スペシャルコンサートが下記のとおり開催される運びとなりました。

第一線で活躍するオペラ歌手総勢11名、MCFオーケストラとちぎ、東京混声合唱団、フレーベル少年合唱団がヴェルディ・オペラの世界にご案内しますので、ぜひご鑑賞ください。

主催者のご好意により、日伊協会会員および受講生並びにこれらの同伴者のチケット料金につきまして、10%の割引をしていただけることとなっております。

お越しいただけます際には、5月20日までに申込書にご記入の上、主催者宛てファックスいただき、ご購入金額をお振込み下さい。お申し込みのチケット枚数をご指定のご住所にお送りいたします。

日時:2017年6月15日(木)18:30開演(18:00開場)
会場:紀尾井ホール

パンフレットはこちらから
申込書はこちらからダウンロードできます。

クロナカ153号発行

日伊協会会報『クロナカ』2017年春号(通巻153号)が刊行されました。
会員の皆様に向けて発送中です。

今号は、前号に引き続いて「ナポリ」特集。
混沌と矛盾に満ちた、不思議な町ナポリの魅力をさらに深くえぐっていきます。
クロナカ153号表紙
冒頭記事は、『ナポリ建築王国 ―「悪魔の棲む天国」をつくった建築家たち』(鹿島出版会)の著者である河村英和さんが紹介する、ナポリのバロック建築案内。
ちょっと奇抜でかなり豪快な建物、門扉、噴水、開口階段(!)の数々を、地図入りで取り上げていきます。

もう1本の記事は、ナポリを舞台にした1954年の映画『ナポリの黄金(L’oro di Napoli)』にまつわる押場靖志さんの記事。
はたして「ペルナッキョ」とはいかなるものなのか?
このばかばかしさが笑い飛ばせれば、あなたとナポリの相性は◎間違いなし。

また、連載の「イタリアで花開く日本文化」は、今回で最終回となります。持丸さん、お疲れさまでした。今後も、連載以外で登場いただく予定です。

『クロナカ』は、日伊協会の会員以外の方にもお分けしております。
当サイトの「会報『Cronaca』一覧」ページの[お申し込み>>]ボタンをクリックしてお申込みください。

また、事務局に直接電話でお申し込みいただいても結構です。
その際は、「クロナカ2017年春号(153号)希望」とお伝えください。
tel. 03-3402-1632 (日伊協会事務局)
-------------------
【目次】 (表紙を含めて全24ページ、行頭の数字はページ番号です)
特集:ナポリ 表と裏(下)
4 ナポリ・バロック──最もナポリが輝いていた時代の建築 河村英和
10 ナポリの黄金 デ・フィリッポの《ペルナッキョ》 押場靖志
--+--+--+--+--+--+--
12 ジュゼッペ・トルナトーレ監督インタビュー(後編)
「日本とは神秘的なつながりを感じている」 石津文子
14 モスカテッロ・リポート 素顔のイタリア
「時は走り去る」を受け入れなくなったイタリア人
アントニオ・モスカテッロ、廣石正和(訳)
16 陣内がゆく コンカでのジェンマとの出会い 陣内秀信
17 BAR SPORT ノルチャの想い出(後編) 佐藤徳和
18 Yoshio AntonioのイタリアPOPS小辞典 磐佐良雄
ズッケロ、来日フルコンサート決定! 歴史的な公演になる!?
19 日伊協会 提携店のご紹介
20 イタリアのニュースから
22 イタリアで花開く日本文化(最終回) 持丸文恵
イタリア人が日本に旅行に来ると
23 恵贈図書
表紙 ナポリ市内 モンテサント駅付近  二村高史

三遊亭竜楽師匠 「話芸に関するワークショップ(ローマ)」ご出演のご案内

毎年夏の日伊協会主催イタリア人大学生のための「日本語・日本文化講座」において、イタリア語での落語パフォーマンスを披露していただいている三遊亭竜楽師匠が、この度、ローマにてご出演される事になりましたので、ご紹介いたします。

以下は本イベントの主催元である日本文化会館のHPより一部抜粋です。

—————————————————————————————

話芸に関するワークショップ・講義シリーズ「演じられる言葉」

ローマ大学と共催の、講談・浪曲・落語の演者によるワークショップシリーズ。
シリーズ最終回の第4弾では落語家の三遊亭竜楽がイタリア語による落語を披露します。

●三遊亭竜楽/落語

3月21日(火) 12:00から
会場:ローマ大学ISO (Istituto Italiano di Studi Orientali, Sapienza)

3月23日(木) 18:30から
会場:ローマ日本文化会館(Istituto Giapponese di Cultura)

RAKUGO

con San’yutei Ryuraku declamazione in italiano
21 marzo ore 12.00
ISO Istituto Italiano di Studi Orientali,“Sapienza” (Circonv.ne Tiburtina, 4)

23 marzo ore 18.30
(Istituto Giapponese di Cultura)

詳細は日本文化会館のHPまで