旅行&留学セミナー2014秋「トッレ・ディ・バベレ」エンツォ校長
イタリア語体験レッスンのご報告

torredibabele11日伊協会主催の旅行&留学セミナー2014秋シリーズ、11/5は「ローマ「トッレ・ディ・バベレ」のエンツォ校長とイタリア語体験レッスンでした。

イタリアの学校の授業はどんな風に行われているのかな? イタリア語ばかりで理解できるのかしら?
そういった疑問やご不安にお答えすべく、校長自らが、用意した教材に添って実際の学校のレッスンを再現してくださいました。

まずは双方による名前などの簡単な自己紹介からスタートです。

その次に「ローマとそのシンボル」というタイトルで、その成り立ちの歴史、ローマの丘の話、水道やオベリスクについて、ローマ郷土料理のお話しなどが紹介されました。生徒の皆さんへも画像を見ながら質問が投げかけられ、次第にリラックスしてきた参加者の方からは微笑みも出てきました。

torredibabele12
その後はいよいよ参加型レッスンの開始です!

「私はローマに住むイタリア人として、ローマの町を皆さんに紹介しました。

次は皆さんの番です。
私は初めて東京に来ました。何もわかりません。この私にお勧めしたいものを考えて教えて下さい。」という問題が投げかけられました。

生徒の皆さんは2-3人のグループに分かれ、5分ほどの間に相談しながらお勧めを決めます。
そして順番に発表です。

「私はエンツォさんに着物を買う事をお勧めします」
「それはどこで買えますか?
「銀座です。」
「それは高いですか?」
「はい、高いです。そして次に歌舞伎座で歌舞伎を見る事をお勧めします。」
「それはどこにありますか?」
「銀座の近くです。歩いていけます。」
「切符は高いですか?」
「はい、高いです。」
「う~ん、、、。 では私は高い着物を買って、高い切符を買って歌舞伎を見ます。」

(一同笑)

「私は築地をお勧めします。」
「どうして?」
「お魚のマーケットがあるからです。そこでお寿司を食べて下さい。」
「それは何時ごろ行けばいいですか?」
「朝6時前に、、、。」
「私は朝6時から生魚は食べるんですね!!がんばります。」

(一同笑)

「東京では是非てんぷらを食べて下さい。」
「それは何ですが?」
「野菜や魚を揚げたものです。」
「お勧めのお店はありますか?」
「あります。友人が働いています。」
「彼は何かサービスしてくれますか?」
「判りませんが言って見ましょうか?山本くんと言います。良ければ今晩一緒に行きましょうか?」

終始笑い声の聞かれる楽しいレッスンでした。

最後に学校およびローマのビデオを見て修了しました。

留学というと敷居を高く感じる方も多いとは思いますが、滞在型の留学や1週間の短期といった比較的入りやすい留学もございます。詳細が決まっていなくても、どんなものなのかな?というご質問でも是非お気軽に日伊協会にご相談下さいませ。』

| カテゴリー : レポート | 投稿者 : adminaigtokyo