第5回 日伊文化交流「夏のフェスタ2016」のご報告

島田精一 日伊協会会長

島田精一 日伊協会会長

去る7月16日、日伊協会の主催により「夏のフェスタ2016」(共催:イタリア文化会館、後援:在日イタリア商工会議所、協賛:アリタリア・イタリア航空、リョービツアーズ トゥッタ・イタリアカンパニー)を、東京・九段のイタリア文化会館において開催いたしました。

当日は、日伊協会の会員のみならず、イタリアに興味を持つ多くの方に来場いただき、参加者300名に達する盛会となりました。

最初に島田精一新会長のご挨拶の後、6月22日に急逝された日伊協会評議員代表の岡野喜之助様に黙祷を捧げました。

第1部前半には、昨年のミラノ国際博覧会の公式記録映像(JETRO制作)を上映いたしました。日本館は、最も人気の高かったパビリオンの1つで、展示デザイン部門で金賞を受賞しました。「食」をテーマにした初めての万博で、わが国は和食の文化の紹介を館内、イベントステージ、さらには博覧会の会場を出てミラノの街で多彩な形で展開しました。その一部始終が映像により再現されて、博覧会に行けなかった人にもその雰囲気をお伝えすることができました。

2016-07-16-02第1部後半は、 「『アマーレ・マンジャーレ・カンターレ』ではない私のイタリア」と題して、漫画家ヤマザキマリさんに講演をしていただきました。ヤマザキマリさんといえば、漫画「テルマエ・ロマエ」と後に2回の映画化で有名ですし、最近はテレビでイタリア美術や歴史に関して出演されているのをよくお見かけします。

しかし、今日の講演は、ヤマザキさんとイタリアとのそもそもの出会いからお話が始まりました。中学生の時のヨーロッパ美術の一人旅の途中で出会ったマルコ爺さんの勧めで、再び高校生の時に渡欧、初めてイタリアに入りました。それからフィレンツェでの苦しい生活、助けてくれた教養人や職人たちのことなど、困難をユーモアで包んでのお話をお聴きしているうちに、1時間はあっという間に過ぎてしまいました。

ヤマザキさんからのメッセージに「長い歴史と経験を経てでしか得られない人々の中にある奥行と諦観と懐の広さ、そしてプライド。イタリアは単に人生を楽観する人々が暮らす、明るく太陽のような側面だけの国ではありません。」とありましたが、イタリアという国の「質感のある品位」と「抜きん出た感性と知性のクオリティ」が、ヤマザキさんの体験談から浮かび上がってくる、すばらしい講演でした。

2016-07-16-03 第2部はラッフル(くじ付き募金券)抽選会。アリタリア・イタリア航空、リョービツアーズ トゥッタ・イタリアカンパニーのご提供による日本・イタリア往復ペア航空券をはじめ、数多くの景品のご提供をいただき、抽選会はおおいに盛り上がりました。

この募金は、日本からイタリアへの文化発信事業に助成する「日本文化奨励基金」を拡充することを目的としています。今年の夏も、例年通り、イタリア人大学生に対する「日本語・日本文化夏期講座」に助成をする予定でおります。おかげさまで、今回もみなさまの暖かいご支援をいただきましたので、純益30万円を基金に繰り入れる予定です。

第2部の終わりには、蒲谷理事のピアノと歌唱指導により、全員でナポリ歌謡の『帰れソレントへ』を歌いました。

2016-07-16-04第3部は、イタリア料理とワインを楽しみながらの歓談の時間です。今回も、リストランテ文流さんが料理の部を担当、今年は特に日伊国交150年の年ですので、イタリア使節団団長のアルミニョンとゆかりのあるリグーリアの名物料理、ペスト・ジェノヴェーゼのラザーニャとリグーリア産オリーブの実入りジェノヴァ風フォカッチャが用意されました。アンチパスト3種類とセコンドはしらさわ豚のローストでした。

ご提供いただいたカンパリとワインがお料理を一層盛り上げました。またドルチェは、バール・デルソーレさんの担当で、チョコレート菓子を使ったオリジナルティラミスとエスプレッソが提供されました。

最後になりましたが、ご参加くださった方々に、改めて御礼を申し上げるとともに、今回の企画に協力をいただいた、以下の企業・個人に深く御礼を申し上げます(敬称略)

本イベントに多くの企業・個人からラッフル景品、食材、飲物のご提供など多大の協賛をいただきました。ここにお名前を掲載して御礼申し上げます。(敬称略)
2016-07-16-05イタリア文化会館、在日イタリア商工会議所、アリタリア・イタリア航空、株式会社リョービツアーズ トゥッタ・イタリアカンパニー、株式会社資生堂、ヴァンジ美術館、株式会社文芸社、小田原城カントリー倶楽部、カルロ モレッティ 東京、Caruso 遠藤美紀子、CAZETTA Olio・ハツヤレイコ、株式会社ジィエィインク、篠利幸、株式会社サンリオ、広島日伊協会、北海道日伊協会、株式会社三笠会館、株式会社ミキインターナショナル、リストランテ文流、株式会社フォルトゥーナ(バール・デルソーレ)、株式会社サントリー/CAMPARI JAPAN株式会社、有機栽培 吉田農園、企業組合かほくイタリア野菜研究会、Kふぁーむ(チルコロ共生事業事務局)、有限会社アビコ、株式会社モリス商会、株式会社ワインウェイヴ、株式会社ノルレイクインターナショナル、日本リカー株式会社、スリーボンド貿易株式会社、株式会社モトックス、株式会社クオーレ クール、株式会社スマイル、モンテ物産株式会社、エイコ―フードサービス株式会社、米金青果株式会社、株式会社佃熊、サンヨーエンタープライズ株式会社

| カテゴリー : レポート | 投稿者 : adminaigtokyo