イタリア留学&旅行セミナー 2018秋
映画の中のシチリア、シチリアの中の映画
~IL CINEMA IN SICILIA, LA SICILIA NEL CINEMA~のご案内

文化 伊語 通訳 無料
近年、シチリアを舞台として数多くの優れた映画が撮影されています。

一例を挙げますと、ピエトロ・ジェルミ監督による『イタリア式離婚狂想曲』(Divorzio all’italiana)、ルキノ・ヴィスコンティ監督による『揺れる大地』(La terra trema)、ジュゼッペ・トルナトーレ監督による『ニュー・シネマ・パラダイス』(Nuovo Cinema Paradiso)などがあります。

また、『イル・ポスティーノ』(Il Postino)のマイケル・ラドフォード監督、『グラン・ブルー』(Le Grand Bleu)のリュック・ベッソン監督、そして最も有名な映画としては『ゴッドファーザー』(Il Padrino)のフランシス フォード・コッポラ監督といった、イタリア人以外の監督によって撮られた映画も数多くあります。

このように、シチリアを舞台とした名画は数多くありますが、シチリアのカターニャで、パナリア映画(PanariaFilim)によって、Ugo Saitta監督が1939年にエオリア諸島の水中を撮影した映画が一番最初の映画だということは実はあまり知られていません。

そんな名画のワンシーンをご紹介しながら、シチリアやシチリア人の新たな一面を発見していただくセミナーです。

シチリアと映画の関係を通して見えてくる世界をお楽しみください。

<講師プロフィール>
Carlo Lombardo
(タオルミーナ バビロニア校)

【イタリアに留学してみたい、長期滞在してみたい。。。日伊協会留学冊子「Il Milione」無料配布しております。また留学相談も無料で行っております。

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
E1107 11/7(水) 18:30
~20:00
青山石川
記念ルーム
201
無料
要事前
予約
受付中


mousikomi