2019年連続文化セミナー 須賀敦子が遺したもの - 日本とイタリアのあいだで《全6回》
第2回 須賀さんの思い出 - その足跡をたどりながら

文化 日本語
身近な話題をも上質の文体に包み込む須賀敦子の魅力は、没後 20 年余りを経てなお、色あせることがありません。

存命なら今年 90 歳。ひょっこりこの世にもどってきたら、ミラノの街角で自分の足跡をたどる日本人旅行者の姿にえっ?とまん丸にした目を、やがて笑顔に包みこむことでしょう。

持ち前の知性でとらえた「別の目のイタリア」を、彼女の人となり、日本語⇔イタリア語双方の膨大な翻訳、晩年 10 年足らずで開花させた作家としての仕事を軸にさぐります。

第2回 須賀さんの思い出 - その足跡をたどりながら

著者と担当編集者として過ごした、須賀敦子さんとのかけがえのない日々 ― 須賀さんは希有な才能をおもちの作家だっただけでなく、人間としても、これまで出会ったことのない、素晴らしい魅力にあふれた方でした。その魅力の一端でもみなさまにお伝えできればと思います。

原稿のやりとりをしながら話してくださったミラノ時代やご家族の思い出、作家や編集者をご自宅によばれてのお食事会や『ユルスナールの靴』の取材旅行のようす、大学の教師としての須賀さん、そして亡くなられたあと、須賀敦子全集を編集するなかで思いがけず知ることになった、作家デビュー以前のイタリアや日本での素顔など、遠い記憶をできるかぎり辿ってお話しすることで、須賀作品の奥行きを少しでも感じていただければ幸いです。

<講師プロフィール>
 木村 由美子(きむら ゆみこ)

上智大学文学部英文学科卒業ののち出版社に勤務、書籍・雑誌の編集に携わる。訳書に、サラ・デビッドソン『遙かなるバークレイ』(共訳、河出書房新社)、パトリシア・スタインホフ『死へのイデオロギー』(岩波現代文庫)など。

大好評につき、より広い新会場を用意しました。日伊協会から徒歩1分のところです。

申込名 開催日 時間 会場 参加費 備考
SUGA
-2
5/18(土) 17:00

18:30
ゲーテインスティツゥート
東京2F207
セミナールーム
会員 2,000円
受講生
一般
3,000円

※こちらの連続文化セミナーは全 6 回、すべて同じ時間帯・受講料・会場で開催いたします。
日伊協会会員の方は、第1回から第6回までの全セミナー6回分を一括ご入金の場合、通常12,000円のところ10,000円とさせていただきます。申込名は「SUGA-ALL」でお申し込み下さい。

申込名 回数 開催日 テーマ 講師
SUGA-1 第1回
締切
4/20(土) 序論 - 日本の須賀敦子
・須賀敦子のイタリア
白崎 容子
(元慶応義塾
大学教授)
アンドレア
フィオレッティ
(東京外国語大学
特任准教授)
SUGA-2 第2回
5/18(土) 須賀さんの思い出
― その足跡をたどりながら
木村 由美子
(河出書房新社
編集者)
SUGA-3 第3回
6/22(土) 須賀敦子と翻訳
- 日本とイタリアを
往還する眼差し
アンドレア・
フィオレッティ
(東京外国語大学
特任准教授)
高田 和広
(日伊協会講師)
SUGA-4 第4回
8/3(土) 須賀敦子を魅了した
現代イタリアの作家(1)
アントニオ・タブッキ
~ 境界の喪失 ~
森口いずみ
(東京外国語大学
講師)
SUGA-5 第5回
9/14(土) 須賀敦子を魅了した
現代イタリアの作家(2)
エルサ・モランテ
~ 語りの魔術師 ~
北代 美和子
(翻訳家)
SUGA-6 第6回
キャンセル待ち
10/19(土) 須賀敦子を魅了した
現代イタリアの作家(3)
ナタリア・ギンズブルグ
~「作家」須賀敦子への道を
ひらいたもの~
白崎 容子
(元慶応義塾
大学教授)

mousikomi