2021年秋冬期オンライン・イタリア美術セミナー
16世紀後半のヴェネツィア絵画 - サン・ロッコ信徒会館の装飾を中心に

文化 日本語  

ティントレット《受胎告知》1583-87年

ヴェネツィアは16世紀に入るとフィレンツェやローマに代わってルネサンス絵画をリードしていくようになります。世紀の前半における中心的存在はジョルジョーネとティツィアーノでしたが、後半はティントレットが主役となります。
本講座では、ティントレットの代表作であるサン・ロッコ信徒会館の装飾を中心に、彼の作品の図像と様式の特徴をわかりやすく解説していきます。

1)1560年頃までのヴェネツィア絵画
2)サン・ロッコ信徒会館サーラ・デッラルベルゴの装飾
3)サン・ロッコ信徒会館サーラ・グランデの天井装飾
4)サン・ロッコ信徒会館サーラ・グランデの側壁装飾(1)
5)サン・ロッコ信徒会館サーラ・グランデの側壁装飾(2)
6)サン・ロッコ信徒会館サーラ・グランデの装飾プログラム
7)サン・ロッコ信徒会館サーラ・テレーナの装飾
8)サン・ロッコ信徒会館の装飾の様式
9)ティントレットの晩年の様式

講 師:松浦 弘明 (多摩美術大学教授)
日 程: 10/25, 11/8, 22, 12/6, 1/17, 31, 2/14, 28, 3/14(月)(全9回)
時 間: 19:00 – 20:30  オンライン配信
          ※ ご欠席の場合は、事前にご連絡いただければ、録画データを後日配信いたします。
受講料:会員 28,000円    受講生・一般 29,000円

<講師プロフィール>
松浦 弘明 (まつうら ひろあき)

松浦 弘明


東京芸術大学美術学部芸術学科卒業後、イタリア政府給費留学生としてフィレンツェ大学へ留学。帰国後、順天堂大学非常勤講師などを経て現在、多摩美術大学教授。主な著書に、『ラファエロ』(共著/河出書房新社・2017年)、『図説 イタリア美術史』(河出書房新社・2015年)、『システィーナ礼拝堂を読む』(共著/河出書房新社・2013年)、『イタリア・ルネサンス美術館』(東京堂出版・2011年)などがある。
《重要》申込前に必ずお読みください。

★お申込みは、上記表中の申込欄の    をクリックしてください。

★各講座・セミナーの【受講料】には、【会員】と【受講生/一般】の区別があります!
・【会員】とは、2021年度の年会費(例:普通会員6,000円)を納入済で、2021年度有効(~2022年3月31日)
の会員証(例:会員番号02-xxxx 04-xxxx 06-xxxx)をお持ちの方です。受講生番号ではありませんので、お間違えなく。

⇒会員ではない受講生の方は【受講生/一般】を選択してください。

現会員の方

★現会員の方が、本講座・セミナーの会員割引を利用するには、2021年度会費のご納入が必要となります。講座・セミナー受講料と併せて、お支払い下さい。

新規入会ご希望の方

★本講座・セミナーはどなたでも入会金なしに受講できますが、日伊協会の【会員】には春夏期、秋冬期のイタリア語講座受講料が1講座につき各1,000円割引の大変お得な会員価格を始め、文化セミナーの会員価格割引、等、様々な特典があります。(但し複数回に分割されている講座は1講座とみなします)。また、25歳以下の方はユース会員として、イタリア語講座(一部除外あり)が半額になります。本講座と同時に入会申込も可能です。この機会にぜひご入会をご検討下さい。

日伊協会の会員特典とお申し込み(継続を含む)
こちらをクリックして下さい。

申込名時間参加費申込備考
OS-A-21AU19:00~
20:30
会員28,000円

受講生/一般29,000円

途中からの受講も可能です。お気軽に事務局(scuola@aigtokyo.or.jp)までご相談ください。